高見沢です(^^

今回は

稼げない人に欠落しているキーワード選定の考え方とは?

というテーマでお話ししたいと思います。


検索サイトの表示順に大きく影響するSEO対策。

SEO対策について、

いくつか記事を書いてきました。

参考:SEO対策って何?初心者でも出来る効果的なSEO対策とは?

参考:2017年度版 SEO対策の傾向と対策

ここでは、

「記事をしっかりと書くこと」

ということが重要だと書きましたが、

もう一つ重要なことがあります。

それが

「キーワード選定」

です。


今回は、このキーワード選定について

書いていこうと思います。


準備はよろしいでしょうか(^^



キーワード選定とは?


1a14cb3c73eb36a91f3bb6d8798d9e95_s.jpg 

ブログの記事を書くために

最低限必要なスキルはなんですか?

とよく聞かれます。


いろいろあるんですが、

基本となるスキルは

「キーワード選定」


になるんじゃないかと思います。


どんなに優れた記事を書いても、

キーワード選定が適当だと、

誰にも読んでもらえないという、

悲しい事態になってしまいます。


もちろん、

ブログを始めて数か月は、

ブログパワーもないので、

なかなか上位表示されません。


ですが、ブログ記事を200記事とか書いているのに、

なかなかアクセスが集まらないのは、

ブログの入り口である

「キーワード選定」

が間違っている可能性があります。



文章を書く力と、

キーワード選定どちらが大切なのか?

と言う事もありますが、

キーワード選定がどんなに上手でも、

記事がダメダメなら読まれないし、

記事がどんなに優れていても、

キーワード選定が適当だと、

記事そのものを見つけてもらえません。


つまり、どちらが重要かという次元ではなく、

次のような式に当てはめられると思います。

「記事の内容xキーワード選定=アクセス」


記事の内容が100でも、

キーワード選定が0なら、

アクセスもゼロですよね。

逆に記事の内容が0なら、

キーワード選定が100でも、

やっぱりゼロなんです。


このように、記事の内容と、

キーワード選定は

切っても切れない関係であると言えます。




稼げていない人は、キーワード選定の概念を理解していない



このようなブログをやっていると、

いろんな人と話す機会があります。

全然稼げていない人もいれば、

がっつりと稼いでいる人もいます。


そういう人たちと話をしていると、

稼いでいる人は、

当たり前のようにキーワード選定を追求していますし、

稼げていない人は、

「そもそもキーワード選定を理解していないな」

と感じることが多いです。



キーワード選定が理解されない理由とは?



キーワード選定をあまり理解していない人と

話しをしていると、

そもそもなぜ自分のブログにアクセスが集まるのか、

知らないという方も多いです。


最初は知らなくても当然なんですけどね。

だからこうやって情報発信しているんです。

というか、私も最初はキーワード選定なんて

全く意識していませんでしたからね。


でも、稼げるようになってきたのは、

やっぱりキーワード選定を意識し始めてからなんですよ。



キーワード選定を考えたからと言って、

いきなりアクセスが100倍になると言うことではありません。

でも、ボディーブローのように

じわじわと効果が出てくるのがキーワード選定なんですよね。



初心者の方がキーワード選定を知らないのは、

しっかりとしたノウハウから入らなかったことが原因でもあります。


「3クリックで稼げます」

とか

「1日5分で100万円」

なんていう無料オファーじゃ

絶対に教えてもらえませんからね。

まずは、キーワード選定について、

しっかりと勉強することが必要です。



キーワード選定ってどうすればいいのか?


eb92bb95f4551f8436826a3ad5830b32_s.jpg 

そもそもキーワード選定ってなに?

という方もいると思いますので、

ちょっと説明しますね。


あなたのブログにはどうやってアクセスが集まるのでしょうか?

それは、検索サイトからアクセスされるのが一般的です。

例えば、あなたがAというサプリメントの記事を書いたとします。


多くの人は「A」という商品名で検索しますよね。

その「A」という商品名が、

「キーワード」


です。

もちろん、商品名だけでなく、

  • ダイエット
  • 副業
  • 健康


などもキーワードですね。

その時に、あなたのブログにAというキーワードがあれば、

検索結果に表示されると言う事です。


では、そのキーワードはどこに設定すればいいのでしょうか?

それは記事のタイトルになります。

記事のタイトルに商品名など検索してもらいたい文字を入れるのです。

もちろん、記事のタイトル以外にも必要ですが、

まずは、記事のタイトルを意識しておけば大丈夫です。

慣れてきたら、

記事自体にキーワードを入れたり、

ヘッダーにキーワードを入れたりしてみましょう。



複合キーワードを使いこなせ



ただ商品名の場合、ライバルが多くて、

なかなか上位表示されません。

例えば、サプリメーカーのDHCの中でも

人気のあるブルーベリーサプリ「ルテイン」。

「ルテイン」というキーワードで検索すると、

約 4,170,000 件の結果となります。

結果が多ければライバルが多いとも限りませんが、

これでは、上位表示させるのは非常に難しいです。


そこで、どうすればいいかというと、

「複合キーワード」


を使っていきます。


複合キーワードとは、

メインとなるキーワードにプラスするサブキーワードです。

今回の例では

「ルテイン+○○」

となり、○○の部分がサブキーワードとなります。

分かりやすいように「+」としていますが、

実際には「+」は不要ですよ。


例えば

「ルテイン 効果」
「ルテイン 口コミ」
「ルテイン 価格」


という感じですね

実際に検索してみます。

ルテイン 効果  : 約  902,000 件
ルテイン 口コミ : 約  424,000 件
ルテイン 価格  : 約 1,970,000 件

という結果ですね。

メインキーワードだけの時に比べ、

サブキーワードを入れることで、

検索結果が絞られてきたことがわかると思います。


サブキーワードは複数設定してもいいです。

「ルテイン 価格 効果」

などですね。

この場合は約 757,000 件になります。


検索結果が多いキーワードを

「ビックキーワード」

と呼び、

検索結果が少ないキーワードを

「スモールキーワード」

と言います。

さらに、

需要が多いのに、ライバルが少ないキーワードを

「ブルーオーシャンキーワード」

と言います。


ビックキーワードを狙っても、

なかなか上位表示されませんので、

あえてライバルの少ない

スモールキーワードを狙っていきます。



極端な例ですが、

「高見沢」

と検索すると、

THE ALFEEの高見沢さん関係のサイトがたくさん出てきます。

高見沢さんの知名度に比べると、

私なんかの知名度は足元にも及ばないと言う事です。

って、当たり前すね(^^;

ですが、

「高見沢 アフィリエイト」

で検索すると、私のサイトがトップに表示されます。


このように、キーワード一つだけで、

検索結果が大きく変わることがわかると思います。

これが複合キーワードの力ですね。




キーワードとタイトルの関係



ここまでで、キーワードの重要性は理解して頂けたと思います。

では、このキーワードをどうやってタイトルに反映させればいいのでしょうか?


キーワードが

「ルテイン 口コミ 価格」

ならタイトルも

「ルテイン、口コミ、価格」

でしょうか?

これなら確かに検索にはヒットしやすくなります。

でも、このタイトルを見て、

「読んでみようかな」


って思いますか?


思わないですよね(^^;


タイトルは

「読んでみようかな」

と思わせる必要があります。

その為には、キーワードをいかに文章に溶け込ませるかが

ポイントとなります。


例えば

「今大人気のルテイン、気になる口コミと最安値価格情報はこちら」

というタイトルなら

「あ、読んでみようかな」

と思いますよね。

それでいて、キーワードはきっちりと入っています。

「最安値」というキーワードもこっそりと入っていますね(^^


ただ、ここで気を付けてもらいたいのは、

タイトルと記事の内容は一致させるようにしてください。

価格というキーワードが入っているのに、

読んでみたら価格場などなくてがっかり

となってしまわないように気をつけましょう。



まとめ



キーワード選定を知らないと、

アフィリエイトではかなり苦戦を強いられると思います。

それだけキーワード選定は重要になってきます。

ぜひあなたもキーワード選定を意識してみてくださいね(^^

ちなみに、私のメルマガでは、

もう少し深く踏み込んでキーワード選定を紹介しています。

もうちょっと詳しく知りたいという方は、

メルマガ登録をしてみてください(^^



もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく高見沢まで問い合わせてください。

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^