高見沢です。

今回は相原良太さんの

スマホ物販システム

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介するさんのスマホ物販システムは自動化システムを使った無在庫転売で稼ぐというものです。

  • 圧倒的な再現性
  • 収益を自動化
  • スマホだけで300万かせぐ


という本当なら何とも魅力的なキャッチコピーのAI搭載 次世代物販ビジネス「スマホ物販システム」。

リサーチ、仕入れ、梱包、出品、出荷など意外と手間がかかる転売ビジネスをシステムを使って自動化し、どうしても人手が必要なところは作業を代行しますというものです。


転売ビジネスは、ネットやリアル店舗から安く仕入れて、アマゾンやメルカリなどで高く(適正価格)で売るというものですね。

仕入れはどこでもできる上に、出品はアマゾンなどの大手サイトで行いますので、ネットビジネスのようにブログを育てたり、コピーライティングのスキルを身に付けたりする必要がないため、非常に人気のある副業です。


ですが、こずかい程度を稼ぐならいいのですが、それでがっつりと稼ごうとなると、かなり作業が多くなり、副業で取り組むには非常に大変なのが現実です。


今回のスマホ物販システムでは、そんな大変な作業を自動化と作業代行をすることで、誰でもスマホをタップするだけで300万かせげるという点が特徴です。


自分はスマホをタップするだけで300万も稼げるなら非常に魅力的ですが、その裏にはいろいろと落とし穴が隠されていますので紹介します。



スマホ物販システムはお勧めできるか?



結論としては

お勧めできません。

その理由は

  • 毎月300万稼ぐのは意外と大変
  • 他力本願ではリスクが高い
  • 無在庫転売はもろ刃の剣


という点です。


スマホ物販システムの概要



sumahozidoutenbai01.png
引用元:https://www.east-japan-trade.jp/lcn/1aer.php

sumahozidoutenbai02.png
引用元:https://www.east-japan-trade.jp/lcn/1aer.php




スマホ物販システムをお勧めできない理由とは?



では、スマホ物販システムがお勧めできない理由を紹介します。

毎月300万稼ぐのは意外と大変



セールスページや動画を見ると「月に300万円かせぐ」ということがば頻繁に出てきます。

その言葉を何度も聞いていると、自分でもすぐに300万稼げるようになるのかと勘違いしてしまいます。

しかし、実際に月に300万稼ぐのは非常に大変です。


なぜなら、仮に300万が利益とすると、売り上げは2000万以上必要になります。

売上が2000万は不可能ではありません。

でも、個人でそれこそスマホをタップするだけで2000万の売り上げを上げるのはかなり至難の業でしょう。

仮に1つの商品の売り上げが5000円だとした場合、4000個の商品を売る必要があります。


どんなにシステム化や自動化をしたとしても、それだけの商品を管理するのは個人では到底できませんよ。

だって、すべて順調に売れるわけではないので、キャンセルや返品、クレーム対応もしなければいけません。

4000個の販売ともなれば、そういう例外作業の対応もかなりの数になります。

それを副業だけでさばききれるかというと、かなり難しいでしょう。

そうなると、副業ではできませんので、独立という選択肢が必要になります。

ですが、今回のスマホ物販システムで独立するのはかなりリスクが高いので絶対にお勧めしません。

その理由は次の項目で紹介します。


他力本願ではリスクが高い



今回の転売ビジネスはスマホ物販システムというシステムに完全依存します。

もし、そのシステムが本当に稼げるシステムであったとしても、その利益はシステムに依存したものになります。


今回のスマホ物販システムがいつまでサービスを提供してくれるでしょうか?

そのシステムがいつまで通用するでしょうか?

もし、急にサービスを停止するとなったら?

もし、アマゾンなどの仕組みが代わってシステムが通用しなくなったら?


もし、けいぞくして稼げると期待して仕事を辞めてしまったら、システムで稼げなくなった時点で収入はゼロになります。


そして、すべてシステムが稼いでいましたので、あなたの手ものとにはノウハウは一切残りません。

つまり、システムが使えなくなった時点で、もう転売ビジネスでは稼げないということです。

もし、その時点で仕事を辞めていたら?

路頭に迷うだけですよね。



また、システムが継続したとしても、使用料が突然値上がりすることもあります。

今まで利益の70%が自分の手ものとに入っていたのに、使用料が値上がりして30%しか手元に入らなくなることも十分にあり得ます。


システムに依存する、すなわち「他力本願」では絶対に稼げないということです。


システムに依存することなく、自分のノウハウ(スキル)で転売ビジネスで成功したのなら、例えアマゾンの仕組みが代わろうとも、いくらでも稼ぐことはできます。

ネットビジネスで稼ぐということは、他力本願ではなく、自分自身のスキルで稼げないとダメなんです。



無在庫転売はもろ刃の剣



また、今回のスマホ物販システムは「無在庫転売」を推奨しています。

無在庫転売とは、事前に商品を仕入れず、注文が入った時点で商品を注文し、それを発送するという手法です。


注文が入ってから仕入れますので、売れ残りのリスクがありません。

これを逆手にとって「リスクがない」と断言しています。

しかし、実際には無在庫転売は大きなリスクがあります。

それは、

  • 仕入れができない

  • 仕入れられても利益が出ない

  • 場合によっては赤字になる

  • アカウントがはく奪される


というものです。


無在庫転売では、注文が入ってから仕入れます。

でも、実際に仕入れようとしたら、その商品の在庫がなくなっていることは決して珍しくありません。

また、リサーチ時には相場より安く仕入れられるので利益が出せるはずが、実際に仕入れようとしたら大幅に値上がりしていて、利益が出ないか場合によっては赤字になることも十分にあり得ます。


相場より安い問い状況は多くの場合「セール」の時ですね。

でも、セール価格はいつまでも続くわけではなく、セールが終われば当然元の価格に戻ります。

そして面白いことに、セールが終わると、一時的に値上がりすることもあります。

こうなると、当然赤字にしかなりません。


また、無在庫転売は基本的に嫌われています。

メルカリなどでは無在庫転売は禁止されています。

アマゾンでは今のところ無在庫転売は禁止されていませんが、無在庫転売は納品に時間がかかります。

アマゾンでは注文して早い時は翌日には配達されるのも珍しくない中で、1週間も待たされたらセラー(販売者)としての評価は低くなってしまいます。

評価が悪いセラーは当然避けられますし、最終的にはアカウントはく奪されることもあります。

まあ、無在庫転売であれば、仕入れた商品が売れ残ることはありませんので、アカウントはく奪されても損失は出ませんけどね。


このように、無在庫転売には大きなリスクがありますので、はっきり言ってお勧めしません。

リスクが高すぎますね。



まとめ



今回のスマホ物販システムに限りませんが、セールスレターの中で「無在庫転売」ということがば出てきた時点でそのオファーは怪しいと思ってください。

もちろん、先ほど挙げたリスクをしっかりと紹介した上であればいいのですが、「リスクゼロ」なんて言ってしまっているモノは間違いなく「非推奨」です。


先ほども紹介しましたが、転売ビジネスだけでなくネットビジネス全般に言えることですが、他力本願ではなく自分自身のスキルを稼ぐことが重要です。

他力本願でも一時的に稼ぐことはできるかもしれません。

でも、継続して稼いでいく為には他力本願ではだめなんです。


スキルと言っても今は持っていなくても大丈夫です。

そのスキルはその気になればこれから十分に身に着けることはできます。

また、そのスキル自体も決して難しいことではありません。

知れば「そんなことか」と思うことばかりです。

でも、それを知らずに皆さんネットビジネスに取り組もうとするから失敗するんです。


詳しいことは私のメルマガで紹介しています。

完全無料ですので、良かったら登録してみてください。

その辺の有料のサービスよりずっと役に立つと思いますよ。


よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる

余談ですが、今回のスマホ物販システムを提供している会社「株式会社イーストジャパントレード」ですが、求人が出ていました。

初任給?が18万です。

いやいや、その会社に就職するより、スマホ物販システムで稼いだ方が全然いいじゃないですかw

初任給が18万。

参加者は月に300万円稼がせるために、18万で働くって…w

それが現実ですよ。


高見沢でした(^^