• ホーム
  • »
  • スマホ1台せどりマニュアル

タグ:スマホ1台せどりマニュアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

金城睦人(金城ぼくと) スマホ1台せどりマニュアル2019の落とし穴とは?

高見沢です。

今回は金城ぼくと(金城睦人)さんの

スマホ1台せどりマニュアル2019

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介するさんのスマホ1台せどりマニュアル2019はその名の通り「せどり」で稼ぐというものです。


せどりというのは、安く仕入れて高く売り、その差額で利益を得るという副業です。

仕入れはヤフオクやメルカリなどのフリマアプリから仕入れて、アマゾンで売るというのが一般的ですね。

今回のスマホ1台せどりマニュアル2019の動画の中でも紹介されていますが、販売するのはアマゾンですので、物販アフィリエイトのように自分のブログを育てたり、高度な文章を書いたりすることなく販売できます。

その為、副業として非常に人気がありますね。


今回のスマホ1台せどりマニュアル2019では、そんな人気のせどりのやり方をまとめた教科書をプレゼントするというものです。



スマホ1台せどりマニュアル2019はお勧めできるか?



結論としては

マニュアルは参考になります。

でも、積極的にはお勧めできません。

その理由は

  • せどりは簡単には稼げない
  • 最終的には高額なコンサル契約が必要になる


という点です。


スマホ1台せどりマニュアル2019の概要



sumahosedorimanyuaru01.png 引用元:https://basekk.com/kinjo/01opt/

sumahosedorimanyuaru02.png 
引用元:https://basekk.com/kinjo/01opt/




スマホ1台せどりマニュアル2019をお勧めできない理由とは?



では、スマホ1台せどりマニュアル2019がお勧めできない理由を紹介します。


せどりは簡単には稼げない



スマホ1台せどりマニュアル2019でもらえるせどりのマニュアルを見ましたが、内容的には参考になるものでした。

要点は動画で説明されていますので、非常にわかりやすいと思います。

正直言って、このレベルのものは有料で販売されているマニュアルに近いですね。

セールスレターにも月商と利益を分けて書かれていますので、非常に良心的ですね。


ですが、なぜ積極的にお勧めできないのでしょうか?

それは、せどり自体が思ったように稼げないからです。



今回のマニュアルを参考にしながら取り組めばある程度は稼げるようになると思います。
でも、セールスレターに書かれているように月商660万を目指せるかというと、かなり難しいと思います。

その理由は、月商660万円で260万円の利益ということは、440万円の仕入れが必要だということです。


最初からそれだけの資金があるならいいですが、440万円もの仕入れなんて普通の人は簡単にはできませんよね。

でも、世の中には実際にそれだけの仕入れをしている人は確かに存在します。

それだけの金額を仕入れられるだけの資金力が必要だということですね。


そして、440万円でしいれて、すべて売れれば260万円の利益も出るでしょう。

ただ、660万の売り上げで260万の利益ということは、利益率は40%ですのでコンスタントにそれだけの利益率を出せるのかは非常に疑問です。


話はそれましたが、440万円で仕入れたものがすべて売れれば利益になりますよね。

でも、それが売れなかったとしたらどうなるでしょうか?


例えば、1個1万円で仕入れて、1万4千円で販売したとします。

仕入れが1万円で販売が1万4千円ですので、単純計算で4000円の利益になりますよね。

では、もしそれが売れなかったとしたらどうなるでしょうか?


それは1万円の赤字になるということです。

もし、その商品だけで1万円の赤字をカバーしようとするなら、3つ売れば4000円×3個で12000円ですよね。

つまり3つ売らないと赤字をカバーできないということになります。


1個の赤字をカバーするために、3つ売らなければいけない。

売れ残りのリスクがいかに高いかということがわかると思います。




これはリアルでも非常に問題になっており、例えば書店が万引き被害で閉店に追い込まれたという話を聞いたことがあると思います。

1冊数百円の本を万引きされただけでなぜ本屋さんがつぶれてしまうのか?

本の利益は1冊数十円程度です。

もし、800円の本を万引きされてしまうと、その800円をカバーするためには十冊以上販売しなければいけません。

それが頻繁に万引き被害を受けてしまうと、万引きされた本の赤字をカバーすることができなくなってしまい、最終的に閉店へと追い込まれてしまう訳です。


せどりでも同じようなことが言えます。

一番怖いのがアカウントの凍結です。

購入者からたくさんのクレームを受けたり、アマゾンから悪い評価を受けてしまうと、容赦なくアカウントが凍結されてしまいます。


アカウントが凍結されるということは、アマゾンではもう販売できなくなるということです。

例えば、440万円ぶん仕入れた後にアカウントを凍結されてしまった場合、440万円赤字になってしまうということです。


ギリギリの生活のなかで仕入れをしている場合、これは死活問題になります。


また、ノウハウによっては仕入れはカードで支払うことで、支払いが1ヶ月遅らせられるので、その間に売り上げられれば仕入れは0円で仕入れられるなんて紹介していモノもあります。


今回のスマホ1台せどりマニュアル2019でも0円で仕入れるノウハウなんてものも含まれていますので、そのノウハウが紹介されている可能性もあります。


でも、これも非常にリスクが高いので私は絶対におすすめしません。

これも売れ残りリスクと同じですが、カードで支払うということは「借金をする」ということと同じことです。

つまり、カードの支払い期限までに支払いができない場合は、金利が加算されて返済していかなければなりません。

そして、カードで引き落としができないことでブラックリストに載りますので、今後はカードも発行できなくなりますし、車や住宅ローンも当面借りれなくなります。

スマホも分割で購入できなくなります。


カードで事故を起こすということは、それだけリスクが高いということですね。



最終的には高額なコンサル契約が必要になる



今回のスマホ1台せどりマニュアル2019にメアドを登録すると、すぐに「カフェコンサルティング」という名前でコンサルの案内が表示されます。

sumahosedorimanyuaru03.png 

最初はコンサルの説明会ということで参加費3000円でセミナーを受けることができます。

これだけの内容のマニュアルを公開している人ですので、悪質な勧誘まではないと思いますが、コンサルを受けたからと言って必ず稼げるわけではありません。


せどりの場合、せどり自体が人気ですので、ライバルはたくさんいます。

副業でせどりに取り組む場合、どうしても商品を探す時間が限られてしまいます。

でも、ライバルは場合によってはバイトを使って商品を常に探しています。


そういう強力なライバルがいるということは、おいしい商品はすぐに取られてしまうということですね。

動画の中でも利益の高い商品を当たり前のように見つけていますが、正直言ってそんなに簡単に利益の高い商品なんて見つかりません。


そのほとんどがライバルが先手を取ってしまいますからね。


もし、せどりを行うなら、片手間ではなく本気で取り組まないと利益は出ないと思ったほうがいいと思います。

また、アマゾン自体も規制が厳しくなってきており、だれでもどんな商品でも出品できるわけではありません。

なんだかんだ言って業者でないと稼ぐことは難しいということです。



まとめ



今回のスマホ1台せどりマニュアル2019は決して詐欺的なものではないと思います。

せどりの教科書自体、とても無料とは思えないほどのボリュームです。

ですので、ちょっと試してみたいという人にはお勧めしたいものです。


でも、だからと言って月に何十万も片手間で稼げるかというと非常に難しいと思います。


せどりはスピードが命です。

利益率の高い商品を見つけたらすぐに仕入れる。

これをいかにライバルよりも早く行えるかがポイントです。


セールスレターに書かれているように、何かの隙間時間でとかではとても稼ぐことはできません。



それよりも私がお勧めしている方法であれば、自分のペースで稼ぐことができます。

なりより、せどりのように高額な仕入れも必要ありませんので、それこそ小遣い程度の金額で始めることができます。

メルマガで紹介していますので、よかったらメルマガに登録してみてください。


参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^
スポンサーサイト
Copyright © 元保育士によるアフィリエイト商材レビューと情報発信ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。