高見沢です(^^

ソーシャルメディアアフィリエイトについて解説していきたいと思います。

まず、基本となる「アフィリエイトとはなにか?」については、

アフィリエイトとは?

で詳しく解説していますので、そちらを参照してみてください。


では、ソーシャルメディアアフィリエイトについて解説していきたいと思います。

準備はよろしいでしょうか(^^



ソーシャルメディアアフィリエイトとは?



FaceBookやツイッター、Youtubeのことをソーシャルメディアと呼ばれています。

今では非常に有名となっており、登録してないよという人はいても、名前も聞いたことはないという人は少ないのではないでしょうか?


有名ということはそれだけ人が集まってくるということですね。

人が集まるということは、そこでアフィリエイトすればより成果が出るのでは?

と始まったのがソーシャルメディアアフィリエイトです。


簡単に言うと、ブログの代わりにFaceBookやツイッター、YouTubeを使ってアフィリエイトしていくというものです。


Facebookアフィリエイト


フェイスブックのページを作成し、役に立つ情報を日々アップしていきます。

ある程度友達が増えてきたところで広告を掲載してアフィリエイトしていくという流れですね。

現在は、詐欺まがいな広告が多く出回っており、あからさまなセールスをすると、同類と思われる可能性が高いです。

Facebookでは、あからさまなセールスはせず、さりげなくセールスページに誘導することが必要となっています。



ツイッターアフィリエイト


ツイッターアカウントを作成し、役に立つつぶやきや面白いつぶやきをしてフォロワーを増やしていきます。

この時にツールを使うのが一般的ですね。

フォロワーがある程度集まったところで、アフィリエイトリンクやブログへのリンクを張ったつぶやきをするという流れですね。

最近は、自動ツールを使用したアカウントを規制する動きもあるので、自動ツールによる過度なフォロワー集めは避けるなどの対応が必要となっています。



YouTubeアフィリエイト


チャンネルを作成し、面白い動画を投稿したりして、動画へのアクセスを増やしていきます。

動画にアドセンスを設置して、クリック保証型で稼ぐのが一般的です。

アドセンスだけでなく、情報商材アフィリエイトを組み合わせていく方法も出てきました。


YouTubeでは、チャンネルの累計再生回数が1万回を超えないとアドセンス広告が表示されなくなりました。

その為、YouTubeではもう稼げないという空気が流れていますが、そんなことはありません。

なぜまだ稼げるのかは下記の記事を参考にしてみてください。



ソーシャルメディアアフィリエイトのメリットとデメリットとは?



それではソーシャルメディアアフィリエイトのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。


メリット

  • だれでも参入しやすい
  • 費用が少ない
  • 拡散されやすい



デメリット

  • アカウント停止のリスクがある
  • 記事を書くスキルが必要となる



ソーシャルメディアアフィリエイトのメリットとは?


では、メリットから見ていきたいと思います。


誰でも参入しやすい


ブログを作成するとか、メーリングリストを始めるとなると、いろいろと覚える必要が出てきます。

それに対し、FaceBookなどは普段から使っている人も多く、そんなに新しく覚えることがありません。

その為、初めてアフィリエイトに取り組む人でも、比較的簡単に取り組むことができます。



費用が少ない


FaceBookでも、ツイッターでもYouTubeでも、アカウントを作成するのに費用は掛かりません。

より高機能な部分を使用するとなると、有料版を使用する必要がありますが、基本的には無料の範囲で十分です。

ツイッターではフォロワーを集めるのにツールを使ったりしますので、多少費用は掛かる部分はあります。

ですが、レンタルサーバーを借りたりすると、月々の費用が掛かってきますが、そのような費用が掛からないのが特徴ですね。



拡散されやすい


ソーシャルメディアの最大の魅力は拡散されやすいということです。

自分の気になる記事を見つけたら「いいね」をすると、その人の友達にもその記事が表示されます。

そして、またその記事を読んだ人が「いいね」をすると、さらにその友達にも記事が表示されるというように、ねずみ講式に記事が拡散されていくという特徴があります。

ブログにもソーシャルメディアで拡散させる仕組みがあります。

でも、ブログよりはソーシャルメディアの方が気軽に「いいね」をする文化がソーシャルメディアにはありますので、拡散されやすいと言えますね。



ソーシャルメディアアフィリエイトのデメリットとは?


では、デメリットはどんなものがあるのでしょうか?


アカウント停止のリスクがある


あからさまなセールスを行っていると、それを見た人にソーシャルメディアの運営に通報されます。

そうなると、場合によってはアカウントの停止ということになってしまいます。

無料ブログも同様の傾向があるのですが、無料の媒体はアカウント停止のリスクがあるということを知っておく必要があります。


記事を書くスキルが必要となる


ソーシャルメディアでは、まずはファンを増やしていくことがポイントになります。

この人の書く記事は面白い

とか

この人の書く記事は役に立つ


というように思ってもらうには、ある程度、文章を書くスキルが必要となってきます。

これはソーシャルメディアアフィリエイトだけでなく、ブログやメルマガを作成するアフィリエイト全体的に同じことが言えますね。


特に、ツイッターでは、文字数が限られていることもあり、短い文字の中でいかにインパクトのある言葉を並べるかがポイントとなってきます。



まとめ


ソーシャルメディアでは、あからさまなセールスが嫌われる傾向があります。

ブログなどでは、そのようなブログはスルーされるだけですが、ソーシャルメディアではコメントに「これは詐欺です」とか書き込まれる可能性が高くなります。

コメントの影響力は意外と大きく、そのようなコメントが多く書き込まれると、広告をクリックしてもらえないというリスクが高くなります。


その為、ソーシャルメディアはあくまで誘導用とし、本格的なセールスはブログなどで行うというアフィリエイターも多くなってきています。


もちろん、やり方次第ではソーシャルメディアだけでも十分稼ぐことができます。

特にYouTubeなんかは十分稼げる媒体ですね。


ソーシャルメディアの特性を理解して、上手に活用していきましょう。


ソーシャルメディアアフィリエイトでわからないことがありましたら、遠慮なく高見沢に聞いてください。

もちろん、無料ですし、強引な売り込みはしませんのでご安心を。

高見沢に問い合わせる


高見沢でした(^^ 



アフィリエイト超入門講座へ戻る場合はこちらをクリック

アフィリエイトの種類に戻る場合はこちらをクリック