高見沢です(^^

今回は熊崎雅章さんの

ビットコイン再分配プロジェクト 経済大革命2018

をレビューして、お勧めできるか検証したいと思います。

熊崎雅章は城陽市議会議員を務めていた方です。

そういう実績がある方のオファーは

どんなものでしょうか?


今回のオファーはビットコインのマイニングという

手法を使ったものになります。


ビットコインは仮想通貨の一つですが、

もともと数十円だったものが

今は200万円を超える価値に上がっており、

仮想通貨の中でも非常に注目を浴びています。


元政治家+ビットコイン

非常に気になる組み合わせですが、

果たしてお勧めできる内容なのでしょうか?



ビットコイン再分配プロジェクト 経済大革命2018はお勧めできるか?



結論としては

積極的にはお勧めしません。


その理由は

  • マイニングはそれほど稼げない
  • ビジネスモデルが不明確
  • 元政治家という肩書はあてにならない


という点です。

では詳細を見ていきたいと思います。



ビットコイン再分配プロジェクト 経済大革命2018の特徴



キャッチコピーは

20年以上も政治家として該当で訴え続けてきた熊崎雅章が
真の豊かな暮らしを国民へお届けする
全体未聞プロジェクト始動

話題のビットコインをすべての人に毎日配布します。


というものです。


ビジネスモデルは「マイニング」です。


マイニングとっても

あまり聞きなれない言葉ですよね。

ビットコインは世界中の取引を記録する必要があります。

しかし、取引量は非常に膨大なため、

1つのコンピュータでは到底記録しきれません。


そこで、私たちのPCなどの能力を貸して、

マイニング処理を協力し、

その見返りとしてビットコインをもらうというものです。


一見怪しそうな話ですが、

このマイニング自体は決して怪しいものではなく、

実際に行われていることですね。



特徴としては熊崎雅章さんが政府から特別な許可を経て

確かな環境でマイニングをするというものです。


ただ、どのような許可なのか、

確かな環境とはどのようなものなのかは不明です。

そもそもビットコイン自体は

政府はまったく関与していませんので、

マイニングに関して何か許可が必要というものではありません。


なにやら工場を立てているそうですので、

そこで専用のコンピュータを設置してマイニングを

行うものかもしれません。


では、お勧めしない理由を紹介していきたいと思います。



マイニングはそれほど稼げない



マイニングは

ビットコインの取引を記録する処理を負担することで、

その謝礼としてビットコインがもらえるというものです。

ただ、ビットコインがもらえると言っても、

1日マイニングをしても

日本円にして数十円程度です。


専用のコンピュータを使うことで

もっとたくさんのビットコインを手に入れることもできますが、

マイニングで配布できるビットコインの量はすでに決まっています。


その為、マイニングする人が多くなってきたら、

配布量を調整するために

マイニングの難易度調整と言って、

マイニングで配布されるビットコインの量が

調整される仕組みとなっています。

大体2週間ごとに難易度調整されると言われていますが、

最近では約18%ほど難易度が上がってきています。


その為、今まで稼げていた人も

より稼ぎにくくなっているのが現実です。


また、専用のコンピュータを使うこともできますが、

非常に電気を使うことで有名です。


ビットコインのマイニングで使われる電力が

世界159か国の電力より多いという話は有名ですね。


それだけ電力を使いますので、

電気代もバカになりません。


あくまで個人レベルでの話ですが、

仮にマイニングで稼いだとしても

その半分近くは電気代で消えていくことになります。


それだけマイニングでは稼ぎにくいということです。



ビジネスモデルが不明確



今回のオファーはマイニングで稼ぐものですが、

具体的なビジネスモデルが不明です。


これは今後明かされると思いますが、

ビジネスモデルを明かさずに

稼げますとアピールする手法は

そのほとんどが詐欺的なモノばかりです。


今回のオファーが詐欺的なモノとは限りませんが、

詐欺的なものと同じ手法と取るということは、

なにかしら裏がある可能性があります。


もし、本当にビットコインを配布するシステムであれば、

動画を小出しにする必要もありませんし、

ビジネスモデルを隠す必要もありません。


少なくとも

このように期待させる手法を取るということは、

最終的には高額が参加費が必要になるので、

その為の教育をしているということになります。


それで本当にビットコインがもらえるならいいですが、

本当にもらえるかどうかも怪しいですし、

仮にもらえたとしても、

問題なのがどの程度もらえるかが問題となります。


例えばビットコイン10円分を配布したとしても、

配布したということになりますよね。


セールスページを見ても、

具体的にどのくらいもらえるのかは書かれていませんので、

しっかりとチェックをしておく必要があります。



また、セールスページには

「今はお金持ちじゃないとビットコインは買えない」

というニュアンスのことが書かれていますが、

お金持ちではなくてもビットコインは買えます。


「ビットコインはもう買えないので、

マイニングで増やすしかない」


という印象操作をしていますので、

そこも気を付けましょう。



元政治家という肩書はあてにならない



元政治家という肩書をアピールしていますが、

だからと言って信用できることにはなりません。


20年以上政治家として活動していると言っていますが、

市議選に初当選したのは1999年です。

今は2017年ですので、20年以上というのは計算が合いませんよね。


現役の議員さんであっても悪いことはしていますので、

元政治家という肩書だけで信用するのはちょっと危険だと思います。


なぜここまで疑いの目で見ているのかというと、

少し気になることがあるからです。


特定商取引法の表示には

運営が「合同会社副業支援センター」となっています。


この合同会社副業支援センターですが、

鶴留誠さんが打ち出している「副業達成アカデミー」も

運営が合同会社副業支援センターとなっています。

こちらもあまり評判の良くないオファーですね。


このようなものと同じ運営ということは、

バックに大物が潜んでいる可能性があり、

熊崎雅章さんもそのフロントエンドとして

使われている可能性もあります。


まとめ



今回のオファーははっきり言ってしまえば

怪しいの一言に尽きますね。


元政治家という肩書と、

実績のあるビットコインを組み合わせることで

信用させて、

最終的に高額なバックエンドで稼ぐというのが

本当のビジネスモデルではないでしょうか?


結局稼げるのは

バックにいる人物だけで、

オファーに参加した人は

ほとんど稼げない可能性が高いです。


幸せを手に入れたくて高額なお金を払ったのに、

幸せになれるどころか、

大切なお金を失っただけだったというのは

本当にシャレになりません。


そういう稼げるかどうかもわからないものに

高額なお金を投資するよりは、

はるかに少ない投資で取り組める

アフィリエイトに取り組んだ方が

確実に稼げます。


アフィリエイトは今回のオファーのように、

何もしないで稼げるようなものではありません。


それなりの労力も必要になります。


でも、何もしないで稼げるなんて

おいしい話があるわけないんです。



それよりもコツコツと取り組んで、

労力以上の成果を上げることができる

アフィリエイトの方がはるかに魅力的ですし、

やり方によっては

半自動で収入を得ることもできるようになります。


私のメルマガでは、

どのようにすれば稼げるようになるのか

完全無料で紹介しています。


よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。

参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^