中国輸入ビジネスのタグ記事一覧

ネットビジネスで独立に成功した元保育士の高見沢が、アフィリエイト商材を本音でレビューします。

タグ:中国輸入ビジネス

2018年度版 在宅中国貿易ビジネス(在宅中国貿易セミナー) 鈴木正行は本当に稼げるのか?



高見沢です(^^

今回は鈴木正行さんの

在宅中国貿易セミナー

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


今回のオファーは、

中国輸入ビジネスになります。


中国輸入ビジネスというのは、

中国で商品を仕入れて、

日本のAmazonやメルカリなどで転売し、

その差額で利益を得るというものになります。



日本で売られているモノの多くは中国製だということは

もうご存知かと思います。


なぜ中国製かというと、

とにかく安く作ることができるからです。


中国はとにかく人口が多く、

経済格差が非常に激しいです。


金持ちは高級車(日本車やベンツなど)を乗り回し、

高級なレストランで食事をする。

それに対して貧困層は

日の当たらないような汚くて狭い小屋に大勢で住み、

僅かな賃金でギリギリの生活を送る。


中国に行って見るとわかりますが、

本当にその格差が激しいですね。


その貧困層の人たちを雇って、

商品を作るので人件費が非常に安いです。


ですので、中国製の商品はかなり安く手に入れることができます。



そういう中国製の商品を購入し、

日本に輸入してそこそこの値段で販売する。

それが中国輸入ビジネスなのです。



今回紹介する在宅中国貿易セミナーは

そんな中国輸入ビジネスのノウハウをスクール形式で

身に着けることができるというものです。


では、お勧めできるのでしょうか?



在宅中国貿易セミナーはお勧めできるか?



結論としては

本気で取り組みたい人にはお勧めしますが、

ちょっと試してみたい人にはお勧めしません。




その理由は

  • 中途半端では稼げない
  • 参加費の価値


という点です。


では、詳細を見ていきたいと思います。



在宅中国貿易セミナーの概要



tyugokuboueki01.png
引用元:http://zaichu-p.jp/2018/lp/smp/

tyugokuboueki02.png
引用元:http://zaichu-p.jp/2018/lp/smp/



在宅中国貿易セミナーの特徴



2013年から行われているセミナーで、

すでに2000名以上の受講生が参加して、

NHKにも2回特集されたという在宅中国貿易セミナー。



中国輸入ビジネスのセミナーでは、

もっともメジャーなものではないでしょうか?


中国輸入ビジネスは、

はっきり言ってしまえば、

独学で稼ぐことは非常に難しいでしょう。


  • ライバルが少ない売れる商品を見つけ出すスキル
  • 安く手に入れるルート
  • 安く輸入するルート
  • 高く売るためのノウハウ
  • 労力を最小限にするノウハウ


このようなことを知らないと、

労力ばかりかかる割に、

ほとんど利益が出ないという状況に陥ってしまいます。


ですので、

このようなセミナーでスキルを身に着けることが

稼ぐためには必須だと思います。




中途半端では稼げない


まず、今回の在宅中国貿易セミナーは

決して詐欺的なセミナーではありません。

けっこう派手なキャッチコピーを使ってはいますが、

学ぶことができるノウハウはある意味王道的なモノであり、

参考になる部分も多いと思います。


私の知り合いもセミナーに参加して

中国輸入ビジネスで成果を出していますので、

真剣に取り組めば、

それなりの成果を出すことはできるでしょう。




中国輸入ビジネスでは、

安く仕入れて高く売る

というのが基本になります。


これは転売系では当たり前のことなのですが、

中国輸入ビジネスでは、

1個当たりの利益が非常に少ないです。


なぜなら、

ライバルが非常に多くて、

極端に利益を乗せた価格で販売できないからです。



輸入するためには送料がかかります。

商品を1つとか2つだけ輸入しようとすると、

送料だけでかなりかかってしまい、

間違いなく赤字となります。


そこで、輸入する量を増やすことで、

1個当たりの送料を抑えることが必要です。



輸入する量が多ければ多いほど1個当たりの送料も少なくなりますし、

大量に買うことで1個当たりの仕入れ値も下げることができます。


つまり、資金に余裕がある人で大量に仕入れることができる人が

有利になるということです。



そういう強いライバルがたくさんいますので、

月に2,3万円でもかせげればいいやという中途半端な取り組みでは、

稼ぐことは難しいかもしれません。


また、1つの商品だけで利益を出すことは難しいというか

リスクもありますので、

10万単位で稼ぐとなると、

100件近い商品を取り扱う必要があります。


そうなると、

商品管理や梱包、

検品など作業が膨大となります。


その為、今回の在宅中国貿易セミナーでは、

外注を使ったノウハウも紹介しています。


外注化することで、

自分自身の作業が一気に減りますので、

自分は商品選定だけに注力すればよくなり、

本当に半自動で稼げるようになってきます。


非常に理にかなった戦略ですよね。


このように、

中国輸入ビジネスで本格的に稼ぐなら、

中途半端ではなく、

本格的に取り組む必要がありますので、

自分は中国輸入ビジネスで絶対に稼ぐんだと

強い意志がなければお勧めできません。




参加費の価値



在宅中国貿易セミナーの参加費は非常に高額です。


期間5ヶ月

  • シルバーコース: 347,000円
  • ゴールドコース: 547,000円
  • プラチナコース: 1,000,000円

プラチナコースなんてけた違いですよね。


先ほども書きましたが、

今回の在宅中国貿易セミナーは詐欺的なものではありません。


ですが、この値段が高いかどうかを判断するのは、

参加しようとしている人の価値観次第なんです。


あなたがこの値段の価値があると感じれば決して高いものではありません。

しかし、価値がないと思えばかなり高額と感じるでしょう。


高い参加費を払ったからには絶対に稼いでやるという

強い気持ちがなければ、

ただ高いだけで終わってしまう可能性もあります。







30万や50万、場合によっては100万という参加費を払い、

教わったスキルをすべて自分のものにしてしまえば、

数か月で元は取れるでしょう。


ですが、

高い参加費を払ったのだから、

稼がせてくれるに違いないというような

意識を持っている人はやめておいた方退いです。



つまり、

この値段が高いと思うか思わないかはあなた次第ということになります。




ただ、

中国輸入ビジネスでこれからも稼げるかどうかといわれると、

私は少し疑問に感じます。


なぜなら、

中国の平均賃金が年々上がってきているという点です。

tyugokuboueki03.png 
引用元:http://tnc-cn.com/4549/


最近「Made in Japan」ということで、

日本メーカーが中国生産ではなく、

国内生産に切り替えていることはご存知でしょうか?


その理由は中国人の賃金が上がってきていることで、

中国で生産するメリットが少なくなってきているからです。


中国国内でも、

人件費の高騰と一人っ子政策による人口減少から、

日本と同じようにロボットによる自動化が進んできています。

参考:中国企業がロボット導入に走る理由
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/01/0118.html


このように、

中国で作れば安くできるという時代は終わりつつあります。

その為、中国国内でも物価が上がってきており、

日本との価格差がなくなってきています。



価格差が少なくなってきているということは、

先ほども書きましたが、

資金力にモノを言わせて大量に輸入できる業者が

非常に強くなり、

個人では到底太刀打ちできなくなるということでもあります。



このことから、

今後は中国輸入ビジネスはより難しくなっていくでしょう。

だからこそ今回のようなノウハウを学ぶことができる

セミナーの重要性も高くなってくると思います。



まとめ



以上の理由から、

本気で中国輸入ビジネスで稼ぐんだという強い気持ちがある人には

お勧めできるセミナーだと思いますが、

ちょっと試してみたいなという程度の人には

お勧めできません。


ですが、セミナーではなく、

マニュアルという形でもノウハウを学ぶことができるようになっています。

マニュアルであれば、

セミナーの価格の十分の一以下よりさらに安く、

1万円でおつりがくるような値段で手に入れることができます。


もし興味があるけど何十万も出せないという方は

こちらでスキルを身に着ける方法もありますね。

詳細は下記を参照してみてください。

在宅中国貿易ビジネススペシャルパック


以上ですが、参考になれば幸いです。

中国輸入ビジネスはもう稼げない?まだ稼げる本当の理由とは?

高見沢です(^^

今回は

中国輸入ビジネスはまた稼げるのか?


というテーマでお話したいと思います。

前回は、中国ビジネスについて紹介しました。

参考:中国ビジネスの正体とは?


しかし、現在は中国ビジネスは飽和した。

もう稼げない。

という人が多くなってきました。

本当にもう稼げないのでしょうか?


その辺を私の視点で検証してみたいと思います。


では、準備はよろしいでしょうか(^^



中国ビジネスはもう稼げないのか?



中国輸入ビジネスはもう稼げないと言っている人もいます。

なぜなら、参入者が多くなってきており

市場が飽和してきているからです。


アマゾンを見てみても、

中国輸入したであろう商品が

溢れかえっています。

chaina201.png
上記の「並行輸入品」と書かれているモノの多くは中国輸入品です。


また、資金にモノを言わせて、

大量に仕入れ、

原価ギリギリで売る業者も多く、

価格競争に巻き込まれたら、

個人では到底太刀打ちできなくなってきています。


そういう意味では、

中国輸入ビジネスは、

初心者にはハードルが高くなっていることは確かです。


でも、だからと言って、

もう稼げないというのは、ちょっと違うのでは?

と思います。

私はまだまだ稼げると思っています。


稼げないと騒いでいる人たちは

何の工夫もせずに、

従来のやり方を変えていない人ばかりです。

つまり、

「市場の変化についてこれない人」

だということです。


これはどんなビジネスでも言えることなのですが、

今はどんなに儲かっていても、

いつかは稼げなくなる時が来ます。

例えば、一時期絶大な人気を誇った「mixi」。

現在はFacebookなどのSNSに押されて、

かなり苦戦しています。


苦戦している理由は、

市場の変化に対応できなかったことにあります。


中国輸入ビジネスも同じです。

「中国輸入はもうかる」

ということで、

個人だけでなく

業者が多く参入してきました。


個人であっても、

かなり稼いだ人は、

自分の会社を作り、

桁違いの数の商品を取り扱うようになりました


もともとアドバンテージのあった上に、

さらに量とコストで勝負を掛けてきたため、

個人では到底太刀打ちできなくなってしまったのです。


ですが、従来のやり方ではなく、

新しいやり方で取り組む人は、

まだまだ稼いでいます。

そういう意味でも

ちょっと工夫すれば、

まだまだ稼げるビジネスだと思います。



これから稼ぐために必要なこととは?



これから稼ぐためには、

いろんな工夫をする必要があります。

  • ニッチジャンルを狙う
  • オリジナルブランドを作る
  • セット品で付加価値を付ける


まだまだ稼げるジャンルは残っています。

例えば季節ものの商品。

夏ならプールとか浮き輪とかですね。

 

冬ならソリや子供用のウェアなどです。

タオバオでは、年に2回ほど大きなセールをしますので、

そういうセールを狙って大量に仕入れておきます。

それをシーズンに入ったところで、

一気に売りに出すという手法です。


大量に仕入れて在庫が残ったらどうしようと、

心配しますが、全く問題ありません。

もし在庫として残っても、

次の年のシーズンになればまた売れるからです。


シーズン物というのは、多少流行り廃りはあるものの、

今年売れたものが、

来年は売れないということは

あまりありません。


もちろん、劣化しないように、

きちんと保管するのは当然ですね。



あと、オリジナルブランド商品にしてしまう

という方法もあります。


利益率の良い商品を見つけて、

アマゾンで売ることで、

一時的に大きく稼ぐことができます。

しかし、そういう商品はほかの人にすぐに見つかり、

大勢の人や業者が参入してきますので、

価格競争が激化してしまい、

売れても利益が出ないという状況になってしまいます。


そこで、他の人が参入できないようにしてしまうのです。

それが、オリジナルブランド化です。

中国なんかでは、

少量でもOEM生産してくれる工場が多くあります。

そういうメーカーの商品で

オリジナルブランドとして輸入してしまうのです。

中国輸入ビジネスで稼いでいる人は、

この手法を用いている人が多いですね。


オリジナルブランドというと、

ちょっと難しいイメージがありますが、

ロゴだけをオリジナルに変えるというレベルから、

オリジナルのパッケージにするレベルもありますが、

余計なコストを掛けても意味がありませんので、

コスト次第ということですね。



差別化という視点で見ると、

  • オリジナルの説明書を作る
  • セット品にする


というものもあります。


中国の製品は、説明書も中国語であることが多いので、

日本語の説明書を独自に作り、

製品に入れるだけでも、かなりの差別化になります。

特に、説明書を見ないと操作できない製品や、

組立が必要な製品などでは、

日本語マニュアルがあることで、

売れ行きがかなり変わってきます。

日本語マニュアルを商品の特徴にすることで、

日本語マニュアルを持っていない人の

参入を防ぐこともできます。



セットで売り出すという手法もあります。

通常は1個単位で売るものを、

2個セットとか5個セットとかにして、

多少値引きをすることで、

お得感が出てきます。


また、フリマなんかで同じ商品が大量に

安く売られているものがありますが、

それらを安く仕入れて、

メインの商品のおまけとして、

組み合わせるのです。


これも、オリジナルブランドと同様に、

参入による価格競争を防ぐことができます。



中国輸入ビジネスのポイント



中国輸入ビジネスでポイントとなるのが

「諸費用計算をきちんと行う」


ということです。


中国輸入では、

輸入から販売までいろんな業者を通します。

それだけ費用が掛かるということですが、

その費用を厳密に計算して、

どのくらい利益が出るのかをしっかりと

計算するのです。


いわゆる「どんぶり勘定」でやってしまうと、

一見利益が出ているように見えて

でも実は赤字だったということもあり得ます。


しっかりと利益計算をして、

これなら利益が出るという状態にしましょう。



初心者の方にはちょっと難しいですが、

より一層利益を出そうとする場合は、

輸入ルートを独自に開拓する方法もあります。


タオバオもネットショップですので、

中間マージンを取ります。

そこで、タオバオ経由ではなく、

直接卸業者やメーカーから仕入れるルートを開拓するのです。


最近はそういうルートを開拓するための

ツアーなんてのもやっています。


その辺の業者に詳しい添乗員とともに

いろんな業者を回って交渉するというものです。


例えば、中国には電子部品を扱う業者が集まる地区があります。

その広さはとにかく広大で、

地方の町がすっぽり収まってしまうような規模です。


その地区を回れば、パソコンはもちろん、

スマホでさえ作れてしまうと言われています。


中国で多く出回っているニセモノ?のスマホなどは、

そうやって作られているんですよ。


そういう地区の業者と交渉して、

とにかく安く商品を仕入れるということです。


このルートが開拓できると、

タオバオなどを利用しているライバルとは

桁違いの利益を出すことができます。


ただし、メーカー直接仕入れが

一番安いかというと、

そうでもないものもあります。


タオバオは大量仕入れすることで、

低価格化していますので、

個人で少ない数を仕入れる場合は、

逆に割高になる可能性もあります。


いずれにしても、

きちんとしたリサーチが必要ですね。


もし、本格的に中国輸入ビジネスを

目指すのであれば、

そういう視点で見てみるのもいいと思います。



まとめ



いかがだったでしょうか?

中国輸入ビジネスはまだまだ稼げるジャンルだと思います。

本文でも書きましたが、

今までの方法では通用しなくなってきているのは

事実だと思います。


その為には、いろんな工夫をする必要もありますし、

それなりに投資も必要になってきます。


商品がヒットすれば、

爆発的に稼げるのが中国輸入ビジネスですが、

逆に全く売れなければ、

赤字と在庫の山に悩まされることになります。


そういうリスクをしっかりと認識して、

戦略やリサーチなどを確実にしていく必要があります。


そういう意味では、ノウハウを持っていない、

初心者の方が取り組むには

少しハードルが高いのは確かです。



しっかりとしたノウハウの元、

リスクヘッジをしながら取り組むのもいいですが、

リスクの少ないアフィリエイトで稼ぐのも

一つの手段だと思います。


もしよかったらこちらの記事も参考にしてみてください(^^

参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法



高見沢でした(^^
Copyright © 元保育士によるアフィリエイト商材レビューと情報発信ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます