高見沢です(^^

今回は清水健司さんの

叶 SR(セカンドリバース)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


現時点ではまだ正確な

稼ぐ手法は明かされて言いませんが、

ICOとアービトラージを組み合わせた

セカンドリバースというシステムで

稼ぐというものです。



では、詳細を見ていきたいと思います。



叶 SR(セカンドリバース)はお勧めできるか?



結論としては、

お勧めできません。

その理由は

  • 確実に値上がりする仮想通貨など存在しない
  • システムの方向性が不明瞭


という点です。

ICOとアービトラージを組み合わせるという

今までにないものですが、

本当に稼げる可能性があるのでしょうか?



叶 SR(セカンドリバース)の特徴

sekandori01.jpg 

sekandore02.png

詳細なビジネスモデルは明かされていませんが、

仮想通貨のICOとアービトラージを組み合わせた

セカンドリバースというシステムで、

自分の資産を10倍、100倍、1000倍と


増やしていくというものです。


ICOは聞きなれないという方も多いと思います。


ICOとはInitial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリングの略で、

簡単に言うと、

新しい仮想通貨を開発するための資金を一般から広く調達するものです。


例えば、Aという仮想通貨を開発しようとします。

開発には莫大な費用が掛かります。

通常は資金援助してくれるスポンサーを見つけたり、

銀行からお金を借りて資金を集めますが、

ICOでは一般の人からお金を集めて開発費用にします。


クラウドファンディングも同じ考え方ですね。


クラウドファンディングは、

投資のお礼として、

完成した商品を送るのが一般的ですが、

ICOでは、

開発中の仮想通貨を投資の代わりに配布します。


ビットコインなんかは

高い時には1ビットコイン当たり240万円位の価値がありましたが、

ICOでは1コイン当たり数円から数十円で販売するのが一般的です。


その後開発が終了して、

仮想通貨として認められると、

販売所で販売できるようになる

「上場」

を果たします。


そうすると、

その仮想通貨の価値が上がり、

例えばICOで10円だったものが、

1000円になれば、

価値が100倍になるので、

100万円投資していれば、

1億円の資産となるということです。




ビットコインなどの既存の仮想通貨は

倍とかにはなっても

100倍とか1000倍の価値になることは稀でしょう。


しかしICOであれば、

100倍とか1000倍になることも全く不可能ではありません。


ですので、

少ない投資で大きなリターンを得るためには

ICOは非常に魅力的なものです。



今回のオファーは

そんなICOとアービトラージを組み合わせたものです。



確実に値上がりする仮想通貨など存在しない



では、個々からは

お勧めしない理由を紹介していきます。


まずセールスレターを読むと、

これから確実に値上がりする仮想通貨を狙っていく

と解説されています。


確かにICOであれば、

大きく値上がりする可能性はあります。


しかし、

確実に値上がりするかというと

決して確実とは言い切れません。



なぜなら、

ICOの多くは詐欺的なものが多いからです。


ICOで多額の資金を集めておき、

最終的に上場せずに逃げてしまうという事例が

多く見受けられます。


開発に失敗したため上場できなかった

というものもありますが、

明らかに上場する気がなかったというものも

決して珍しくはありません。



しかし、

詐欺的なものなのかどうかを

見分けるのは非常に難しいと言われています。


例えば、

詐欺だと散々たたかれてきた

ノアコインですが、

結局2018年の4月に上場することが決まりました。


詐欺だと言われ続けたものが詐欺ではなかったということですし、

すごい人気のICOが実は詐欺だったというものもあります。


また

詐欺ではなく本当に上場した仮想通貨もあります。

しかしそれも必ずICOの時の価格から上昇するとは

限りません。

例えばSTOXというちょっとマイナーなものですが、

これは上場した8月26日は1コイン当たり2.57USDでしたが、

現在は0.47USDとかなり下落していますね。

sekandore04.png
https://coinmarketcap.com/currencies/stox/

このようにICOだからと言って、

必ずしも価値が上がるとは限りません。


今回のセカンドリバースでは、

どのような判断基準で確実に上がると言っているのかは

まったく明かされていません。


その根拠が納得できる者でない限り、

信用するのはちょっと不安があります。



システムの方向性が不明瞭



セカンドリバースは凄いとかなりアピールしていますが、

いろいろと方向性がわからないんですよね。


例えば、

セカンドリバースでは

3分から5分という短いサイクルで

売買を行うそうです。


しかし、

ICOの価格は

そんな短い時間で上昇するものではありません。

その為、

短期的な保有で利益を得るものではなく、

長期的に保有することで

大きな利益を得るのが基本になります。



アービトラージであれば、

数分で取引できるという考えもありますが、

保有している仮想通貨を売却するときは、

タイムラグが発生します。

数時間から長くて半日程度のタイムラグがありますので、

アービトラージであったとしても、

数分で利益が確定するというのは

あり得ない話です。



変な風に勘繰るなら、

「簡単に短時間で稼げますよ」


とアピールして、

仮想通貨に対してあまり知識のない人を

ターゲットにしているのではないでしょうか?



そもそも、ICOの段階では

上場していませんので、

当然リアル通貨に換金はできません。

つまりアービトラージはできないということです。


そうなると、

ICOとアービトラージを組み合わせるというのも、

非常に理解に苦しみます。


ICO案件もそんなに多くあるわけでもないので、

毎日のように利益を出すということも

できないでしょう。



また、ICOとアービトラージを組み合わせるとアピールしているのに、

セールスレターを見ると、

ビットコインやリップルなど

好きな仮想通貨で毎月30万円を

安定して稼ぎませんか?

と書かれており、

ICOはどこに行ったの?

と非常に疑問になります。


まとめ


仮想通貨に詳しくない人にとって見れば、

なんかすごそうだというイメージを持ち、

挑戦してみたくなるかもしれません。


しかし、

冷静になって考えてみれば、

あれ?

なんかおかしいな?


とすぐに気が付きます。



セールスレターや動画の中では

知識や経験はいらないと言い切っていますが、

仮想通貨を投資として買うのであれば、

最低限の知識や経験は必要です。


特にICOに手をだすなら、

最低限どころではなく、

英語のホワイトペーパーを読み込めるだけの

英語力や知識も必要です。


ここで、ホワイトペーパーって何?

という人は

少なくともそれがわかるようになるまでは

ICOには手を出すべきではありません。



またICO自体も

多くのサイトが絶賛しているからと言って、

必ずしも安心できるとは限りません。

気持ち悪いほど絶賛しているサイトは、

アフィリエイト報酬目的か、

MLMの報酬目的の可能性が高いです。

もちろん、すべてのサイトがそうだとは言えませんので、

本当に良いものをよいといっているサイトを

見分ける眼力も必要になります。


とにかく自分の力で調べることが重要になります。


自分の力で調べて、

自分が納得できたなら投資をする。



これがICOに必要なことです。


そして投資するのも、

決して生活費などから投資してはいけません。


必ず余剰資金から投資しましょう。


どこから投資しようが勝手でしょと

言われてしまえばそれまでですが、

少なくとも

私のブログを見てくれている方には、

生活費から投資をして、

しっぱいして窮地に陥ってほしくないので、

クレーム覚悟で強く主張しています。



私はICO自体には反対していません。

むしろ、今はあるICOに投資している最中です。

私が投資しているからと言って、

確実に上場して価値が上がる保証もありません。

それだけICOは難しいということです。


ICOはかなりリスクが高いので、

特に気を付けましょう。