高見沢です(^^

今回は

ビットコインの大暴落から学ぶべきこととは?

というテーマでお話ししたいと思います。


ある日を境に、

ビットコインが大暴落していることは

ご存知でしょうか?

bit01_20170921221528694.png

上のチャートを見ていただくとわかりますが、

9月1日は54万だったものが

14後には34万まで急落しています。

その後は多少持ち直してきましたが、

現在も余談を許さない状況です。


詐欺的な無料オファーなどは、

「ビットコインはこれからも上昇し続け、

 あなたに巨万の富をもたらすでしょう」

などと、リスクなど存在しないかのように

煽り立てて商材を売りつけていました。


しかし、ここへきての大暴落。

いったいなぜ大暴落が起こったのか?

そして、そこから学ぶべきことは?



では、準備はよろしいでしょうか(^^



ビットコインとは何者?


726301aaf112d8d8d4b60d877e370103_s.jpg 

ビットコインとは、

「仮想通貨」


のことで、

ネット上で扱うことができる通貨です。


日本では2017年4月に正式に通貨として認められると、

ビットコイン含め多くの仮想通貨は

一気にその価値を高めてきました。


ビットコインの価値は、

ビットコインを通貨として使った時に

恩恵をあずかることができます。


  • 世界共通の通貨
  • 国際送金が早く手数料が安い
  • インフレに強い



このようなメリットから、

投資家には絶大な人気があります。


私たちにとってのメリットは、

ビットコインの価値が上がることで、

購入時と売却時との差額で

稼ぐことができるということです。




ビットコインにはリスクがある



私は過去にビットコインに関する商材では、

「ビットコインにはリスクがある」

とずっと訴え続けてきました。


ビットコインの可能性は認めつつも、

投資であることには変わりなく、

投資としてのリスクは存在するということです。


でも、詐欺的商材では、

そんなリスクなどないかのように振る舞い、

たくさんの商材を売って利益を得ています。


私のところにも、そんな商材屋さんから

「ビットコインにはリスクは存在しない

 なぜなら過去も現在もその価値を高めているから。

 だから不安をあおるようなことは書くな」


と意味不明なクレームを受けたこともあります。


ですが、結果はどうでしょうか?

今回の大暴落で大きな損失を受けた人は

かなりいます。


つまり、商材屋の主張より、

私の主張の方が正しかったということです。




なぜビットコインは暴落したのか?



暴落のXデーは2017年9月8日のニュースから始まりました。

それは中国と韓国で仮想通貨を規制するということを

政府が発表したのです。

特に中国では、取引そのものを禁止するという、

非常に厳しい規制となっています。



その政府の発表を受け、

ビットコインの価格は大暴落しました。


「そのニュースはフェイクだ」

とかいろんな情報が飛び回り、

ビットコインの価格は上昇と下降を繰り返しています。


しかし、全体的に見れば下降傾向であることは確かです。



日本でも衝撃的なニュースが流れる



また日本でも時期を同じくして

重大な発表がありました。


それは、ビットコインの取引で得た利益は

「雑所得」とする、というものです。


ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、

このビットコインを使用することで生じた利益は、

所得税の課税対象となります。


このビットコインを使用することにより生じる損益
(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、

事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、

原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)ー国税庁



いまいちピンとこない方もいると思いますが、

ビットコイン自体は非課税ですので、

所有しているだけでは税金はかかりません。


従来はビットコインを日本円にするときだけ税金が掛かってしました。

しかし、ビットコインの収入が雑所得となったことで、

ビットコインでの取引すべてで税金がかかるようになるということです。


このように、各国でビットコイン含め仮想通貨に対する

対応が明確になり始めています。


これはデメリットのように思われますが、

逆に考えると仮想通貨の価値が政府にも認められてきている

ということでもあります。


つまり、ビットコインとしての

本来の機能は安定するということです。


ただ、ビットコインを投資として考えていた人にとっては、

旨みのない投資先という事になってしまいます。


リスクヘッジできるかがポイント



何度も繰り返しますが、

ビットコインの投資は、

リスクが必ず存在します。


そのリスクをいかに最小に抑えるかという

「リスクヘッジ」

が重要になってきます。


詐欺的な無料オファーでは、

そこまで教えてくれません。


ですので、最初は稼げていたけど、

今回のような大暴落を起こしたときは、

その暴落についていけず、

大きな損失を出してしまう可能性が高いです。


ちなみに、ブロガーとして有名な

川島さんは、

中国の発表直後にビットコインの下落を確認し、

すぐにほとんどのビットコインをドルに換えています。


非常に賢明で素早い判断だと感心しましたが、

それでも、その損害は大きく、

今までの利益はほとんどなくなってしまったようです。


ただ、この判断をしていなければ、

利益がなくなったというレベルでは到底収まらなかったと思います。


なんせ億近い投資をビットコインにしていましたからね。


このように、しっかりと情報を集めて、

リスクヘッジしている人でさえ、大きな損害を受けています。



もし情報収集なんてしていなくて、

リスクヘッジも何も考えていない人であったら…


もう説明するまでもないですよね。


このように、ビットコインであっても

リスクは必ず存在するということです。



ビットコインの大暴落で学ぶこと



ここまで読んでいただければ、

もう答えは出ていると思います。


ビットコインは夢の投資ではありません。

株式やバイナリーオプションとおなじ、

リスクある投資であるということです。



投資を行う場合は、

常に情報収集を怠らず、

どのくらい下落したら損切をするかという

ボーダーラインを決めておく必要があります。


そういうリスク管理をしなければ、

最悪自己破産もあり得るということです。


今まではビットコインで

恐ろしいまでの利益を得ることができました。

しかし、逆に考えると、

恐ろしいまでの損失を出すこともあるということです。



まとめ



この先ビットコインはどうなるかは

全く不透明です。

にもかかわらず、

まだビットコインは稼げると

何の根拠もなく言っている人もいます。


例えば、花咲さんの

仮想通貨ロケットスタートプロジェクト

ですね。

私もメアドとうろくして情報収集していますが、

今朝のメールで

「こんな状況ですが、

 私は昨日1日でかなり仮想通貨は増えました」

「やっぱりこの仕組みは凄いです」


という能天気なメールが来ました。


仮想通貨を増やすことなんて誰でもできますよね。

問題はそこで利益を得られるかどうかなんです。


この期に及んでも、

読者に誤解を招くようなメールを送りつけ、

なぜリスクが少ないのか説明することもなく、

商材を買わせようとしています。


そこは冷静になって、

ご自身の判断で現実を見て判断しましょう。


以上ですが、参考になれば幸いです。



追伸

投資のリスクは依然から何度も説明してきました。

今回はそのリスクが現実のものとなったということです。


でも、アフィリエイトではそんなリスクに影響されることは

あまりありません。


もし本気で稼ぎたいのであれば、

リスクは少なく、リターンの大きいアフィリエイトがお勧めです。

下記の記事などが参考になると思いますので、

良かったら見てくださいね(^^

参考:アフィリエイト初心者が月に10万稼ぐ方法


参考:高見沢お勧めの商材

また、メルマガでも、

アフィリエイトで稼ぐために必要なノウハウを

完全無料で惜しみなく公開しています。

情報商材級の情報も発信しています。

高額なバックエンドもありませんので、

良かったら登録してくださいね(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



高見沢でした(^^