高見沢です(^^

今回は小野里はじめさんの

Everyday(エブリデイ)ビットコインの教科書


についてレビューして、

お勧めできるか検証したいと思います。


今非常に人気のビットコイン。

何度も分裂という窮地に追い込まれていますが、

その後は恐ろしい勢いで価値が上昇し、

先日ついに1ビットコインが200万円を突破しました。

bit1day02.png

現在(12月18日)も200万を大きく超える値段となっています。


これだけ注目されているビットコインですので、

ビットコインを扱った無料オファーも非常に

多くなってきています。



今回の小野里はじめさんの「Everyday」も

そんなビットコインを扱った無料オファーとなっています。



ビットコインは詐欺だというイメージが強かった昔に比べ、

その存在がようやく認められつつありますが、

その認知度に便乗して

詐欺的な無料オファーも増えてきています。


今回のEverydayは安心して取り組めるものでしょうか?


では、詳細を見ていきたいと思います。



Everyday(エブリデイ)ビットコインの教科書はお勧めできるか?



結論としては、

お勧めできません。

その理由は

  • アービトラージはリスクが高い
  • 自動売買ソフトは稼げない
  • 資産1億円を目指すという言葉の落とし穴


という2点です。


前回紹介したビットコイン100%プロジェクトと同じ

アービトラージと自動取引ツールを使って稼ぐものです。

参考:ビットコイン100%プロジェクト

こちらも、

取り組み方によっては稼げないこともありませんが、

セールスページに書かれているような利益を得られるのかは

非常に微妙です。




Everyday(エブリデイ)ビットコインの教科書の特徴



キャッチコピーは

小資金でもビットコインバブルに乗り
だれもが「安心」「安定」「何もせず」に
億万長者になれる

資産1億円を目指すことができる


というものです。


ビジネスモデルは

ビットコインのアービトラージで稼ぐもので、

特徴は自動システムを使って稼ぐという点です。



では、お勧めできない理由を紹介していきます。


アービトラージはリスクが高い



アービトラージはリスクがあり、

大きく稼ぐのは難しい手法でもあります。


アービトラージとは、

ビットコインの取引所間での差額を利用して

稼ぐというものです。


例えばAという取引所では200万円、

Bという取引所では201万円という値段がついていたとします。


価格差は1万円ですね。

そこで、Aの取引所で1ビットコイン購入し、

Bの取引所で1ビットコイン売却します。


すると、価格差の1万円が利益になるというものです。


これはビットコインのような仮想通貨だけでなく、

通常のドルや円などの取引でも行われている手法です。


まずこのアービトラージは取引所にとっては

非常に嫌われている手法です。


明確的に「禁止」とうたっているところもあります。


ビットコインについては

まだ禁止されているところはありませんが、

同様の流れで禁止となる可能性もあります。


また、常に価格差があるという訳ではありませんので、

セールスページに書かれているように

「安定的に稼ぐ」

という点については非常に難しいでしょう。



また、価格差も1万円とか2万円というものが

頻繁に発生するわけではありませんので、

こちらもセールスページに書かれているような

年収1000万とか1億円というのは

かなり厳しい数値ですね。


アービトラージはビットコインを

売却することで利益を得ますので、

例えば200万円で1ビットコイン購入し、

1年後に400万円に値上がりすれば

200万円の利益となりますが、

アービトラージでは、

ビットコインの値上がりによる

恩恵は受けられません。


つまり、ビットコインのメリットを

十分に受けることができないのです。



価格差が逆転する可能性もあります。

調査したときは1万円の利益が得られるはずだったのに、

ビットコインを購入し、

別の取引所で売却手続きをしている間に、

価格差が逆転し、

逆に1万円の損失になることも十分にあり得ます。


特にビットコインは短期で見ると

急激な上下動を繰り返しており、

価格差が逆転することも十分に考えられます。

bit1day01.png

上のグラフを見てもらうとわかりますが、

9時の時点では220万近くだったものが、

10時付近では205万近くまで下落しているのがわかると思います。

中期的には上昇しているビットコインですが、

短期で見てみるとこのように

大きく上下動を繰り返しているのです。

そういうリスクがありますので、

注意しましょう。



自動売買ソフトは稼げない



こちらが致命的なデメリットですが、

自動売買ソフトでは稼ぐことは難しいです。


なぜなら、

ビットコインの売買には大きなタイムラグがあるからです。



ビットコインの購入は結構早く処理されますが、

売却となると結構時間がかかります。

場合によっては数時間処理に時間がかかる場合もあります。


先ほども書きましたが、

ビットコインの価格は時間によって大きく変動していますので、

その数時間のうちに価格差が逆転する可能性があります。


どんなに優れた自動売買ツールであっても、

このタイムラグは対処できません。

なぜなら、タイムラグが発生しているのは、

取引所側のシステムの問題であり、

自動売買ツールでは一切関与できないからです。




逆に関与できてしまうのであれば、

不正操作として大きなペナルティーを受けてしまう可能性もあります。


自動売買ソフトを使うことで、

だれでも簡単に稼げることをアピールする

無料オファーは本当に多いです。


しかし、実際には全く使い物にならずに、

大きな損失が出たという相談が

毎日のように私に届いています。


でもどんなに稼げなくても

大きな損失が出たとしても

特定商取引法の表示に

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」

と書かれている限り、

絶対に稼げるという保証はされないのです。



資産1億円を目指すという言葉の落とし穴



セールスページには

「資産1億円を目指すことができる」

と書かれていますが、

普通のサラリーマンや主婦の方にとって、

資産1億円というのは

宝くじでもあたらない限り

実現は難しいものですので、

それを目指せると言われたら、

嫌でも期待してしまいますよね?


「このオファーに参加すれば

私でも1億円稼げるのかな?」


と期待してしまいます。


しかし、冷静に考えて見え下さい。


あくまで目指すというのは

「目標」


であって、

実際に1億円稼げるということではないのです。


資産1億円目指すという目標を立てるのは

誰でもいつでもできるということです。


あたかも「1億円稼げるんだ」

というミスリードを誘う言葉ですが、

冷静になって考える癖を付けましょう。



まとめ



今回のオファーはお勧めはしませんが、

ビットコイン自体を否定しているわけではありません。

しっかりとした知識をもって投資をすることで、

稼げる可能性はかなり高いです。


しかし、稼げる可能性があるからと言って、

気軽に投資するのはリスクが高くなります。


特に投資する資金は必ず

「余剰資金」

で行うようにしましょう。


時々、ビットコインは必ず稼げるからと、

生活費を投資に回したり、

借金をしてまで投資する場合があります。


しかし、多くの場合失敗してしまい、

生活に大きな影響を出してしまいます。


ビットコインに限らず

投資をする場合は

必ず余剰資金で投資しましょう。


このようなことを書くと

「余剰資金がない人は投資できないのか?」

と聞かれることがあります。

答えは

「YES」

です。


投資は掛け金がなくなる、

もしくは損失が出るというリスクを

理解しておく必要があります。


それを理解できれば、

生活費や借金までして投資することは

無謀だということが理解できるはずです。



では、そういう余剰資金がない人は

どうすればいいのでしょうか?


お金がない人は

お金を稼ぐという行動を起こすことすら

してはいけないのでしょうか?

その答えは

「NO」

です。


お金がなければないなりに稼ぐ方法があります。


もし、どうしてもビットコインでかせぎたいなら、

投資資金を作ればいいのです。

アフィリエイトならそれができます。


アフィリエイトで投資資金を稼ぎ、

その間にビットコイン投資について勉強をする。

もちろん、今回のような詐欺オファーに

手を出してはいけません。


しっかりとしたノウハウを身に着けて、

資金を作ったところで投資をする。


そうすることで、

貯めた資金を一気に何倍にもすることができます。


自分の生活を犠牲にすることなく、

自分の力で人生を変えることができる。



資金を増やす方法は

私のメルマガでも紹介していますので、

良かったらそちらも参考にしてみてください。


参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^