無在庫転売のタグ記事一覧

ネットビジネスで独立に成功した元保育士の高見沢が、アフィリエイト商材を本音でレビューします。

タグ:無在庫転売

  • 井川 その子

    高見沢です。 今回は井川その子さんの 井川マジック についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回紹介する井川その子さんの井川マジックは、転売ビジネスで稼ぐというものです。 転売は簡単に説明すると「安く仕入れて高く売る」というビジネスです。 これはモノを売るというビジネスにおいて、一番基本となるものです。 安く仕入れて高く売り、その差額が利益となるからです。 そのビジネスの基本を個人で行う...

    記事を読む

  • ネットビジネス全般

    高見沢です(^^ 今回は ドロップシッピングで稼ぐコツ を紹介します。 非常に好評なネットビジネス紹介シリーズです(^^ ・バイナリーオプション・せどり・中国輸入転売・輸出転売 ・ドロップシッピング と紹介してきました。 今回は、ドロップシッピングで稼ぐためのコツを 紹介したいと思います。 参考:ドロップシッピングとは? ドロップシッピングは、 ほかの人と同じことをしていては、 絶対に稼げません。...

    記事を読む

  • ネットビジネス全般

    高見沢です(^^ 今回は ドロップシッピング を紹介したいと思います。 非常に好評なネットビジネス紹介シリーズです(^^ ・バイナリーオプション ・せどり ・中国輸入転売 ・輸出転売 と紹介してきました。 今回は「ドロップシッピング」です。 合なり聞きなれない言葉ですね。 ドロップシッピングとはどんなネットビジネスなのか? 稼げるのか?稼げないのか? その辺を解説したいと思います。 では準備はよろしいで...

    記事を読む

井川その子 井川マジックがお勧めできない理由とは?

高見沢です。

今回は井川その子さんの

井川マジック

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介する井川その子さんの井川マジックは、転売ビジネスで稼ぐというものです。

転売は簡単に説明すると「安く仕入れて高く売る」というビジネスです。

これはモノを売るというビジネスにおいて、一番基本となるものです。

安く仕入れて高く売り、その差額が利益となるからです。

そのビジネスの基本を個人で行うのが転売ビジネスです。


例えば、ヤマダ電機などのセールで安く仕入れて、それをアマゾンなどに出品することで利益を得ることができます。


販売はすべてアマゾンやメルカリ、ヤフオクなどの大手企業のルートに乗せてしまうので、アフィリエイトのように商品を売り込むスキルが不要ですので、安く商品を仕入れることができれば成立するビジネスですので、非常に人気のビジネスですね。


今回紹介する井川その子さんの井川マジックは、そんな転売ビジネスですがお勧めできるモノでしょうか?



井川マジックはお勧めできるか?



結論としては、お勧めはできません。

その理由は

  • セールスレターの誇張表現が怪しい
  • ブランド品転売は難しい
  • 井川マジックにはリスクがある


という点です。

しかし、手法としてはスタンダードなものですので、高額な参加費に価値があるかどうかの問題ですね。

では、詳細を紹介したいと思います。



井川マジックの概要



igawamazikku01.png
引用元:http://s-rebra.com/lp/

特定商取引法の表示がありませんでした。

これは違法の可能性が高いので注意が必要です。



井川マジックの特徴



1日30分の作業で月100万円という何とも魅力的なキャッチコピーの井川マジック

井川その子さん自身が主婦というキャラ設定であることと、扱うメイン商品が「ブランド品」ということで、明らかに主婦をターゲットにした無料オファーですね。

この手のオファーは主にビジネスマンをターゲットにしたものが多いのですが、明確に主婦をターゲットにしているのは結構面白いですね。


ですが、主婦をターゲットにしているというのはあくまで表面的なモノであり、裏のターゲットはやはりビジネスマンでもあります。

主婦の方にもできるモノなら自分でもできるんじゃないかと期待させるのが狙いの可能性があります。

※主婦の方を見下す意図はありません




井川マジックをお勧めできない理由とは?



では、井川マジックがお勧めできない理由を紹介します。



セールスレターの誇張表現が怪しい



セールスレターには1日30分の作業で月100万円というように、なんとも魅力的な言葉が並んでいます。

しかし、かなり誇張表現ですので、安易に信用しないようにしましょう。

例えば「再現性100%」という言葉ですね。

igawamazikku01.png 
引用元:http://s-rebra.com/lp/

再現性100%とは何の再現性でしょうか?

この文章を見ると月利100万円を稼げることが再現率100%と勘違いしてしまうかもしれませんが、そんなことはどこにも書かれていません。

もしかしたら1円でも利益が出ることの再現率かもしれません。

つまり、読んだ人の勘違いを誘う表現をして期待させているだけです。

また、気になるのが「2018年3月時点」という一文です。

もしこの出川マジックで稼げなくて「再現率100%じゃなかったのか?」とクレームを出したとしても「あくまで2018年3月時点での話ですので、現在はそんな再現率ではありません」と言われてしまえばそれまでです。



次は下記の一文ですね。

「1日30分の作業で月100万円」

これを読むと「30分の作業で100万円も稼げるんだ」と思ってしまいますよね。

しかし、よく読むと100万円としか書かれていませんよね。

100万円の利益でしょうか?

100万円の売り上げでしょうか?

売上と利益では大きな違いがあります。

売上とは、その値段で商品が売れたということです。

しかし、仕入れや送料、手数料などが120万円かかっていたら20万円の赤字です。

利益はそういう費用をすべて差し引いた本当の利益です。

今回の文では明確に利益とは書かれていません。


次は井川その子さんの取り組み始めたときの実績です。

出川その子さんは1ヶ月目で16.8万円、2ヶ月目で33万円、6か月目で100万円の利益を順調に出しています。


まずなぜ初月からそんな利益が出せたのかがまったく書かれていませんね。

出川マジックは出川その子さんが考案したものですので、初月からいきなり出川マジックの手法が使えたわけではありません。

もし、誰かに教わった手法であるなら、その手法をあたかも自分が考案したもののように紹介するのは人としてどうかなと思いますよね。


そもそも1ヶ月めから約17万の利益が出ていますが、転売の利益率は20%ほどです。

つまり、それだけの利益を出すための商品を85万出して仕入れる必要があります。

もともとカツカツの生活を送っていた主婦がそんなお金を用意できたのでしょうか?

さらに2ヶ月目の利益は33万ですので、商品の仕入れは165万必要になります。

1ヶ月目の利益を元に商品を仕入れるとしても出せても17万なのに、いきなり165万も用意できたのでしょうか?

カツカツの生活を送っていた主婦ですよ。

はっきり言ってあり得ませんよね。


つまり、この実績はかなり怪しいということです。


そして、出川マジックなら自分もこれだけの実績を出せると思ってしまいますが、85万とか165万という初期投資が必要だということを忘れないようにしましょう。



ブランド品転売は難しい



今回の井川マジックではブランド品をメイン商品として扱っていきます。

ですが、ブランド品の転売は非常に難しいです。

なぜならブランド品は定価での販売が普通なので、安く仕入れるのが難しいという点です。

そしてブランド品の仕入れで最大の問題が「偽物」です。

凄く安く仕入れられたと喜んでいたら、実は偽物だったというパターンが非常に多いです。

偽物か本物かを見分けるのは、粗悪品の偽物なら簡単ですが、現在は本物とほとんど見分けがつかない精巧な偽物も出回っています。
ですので、ブランドの鑑定力がない素人が見分けるのはかなり難しいでしょう。


自分も騙されて偽物をつかまされたんだから、それを売っても罪はないと思ってしまいますが、世の中そんなに甘くはありません。

偽物だと知らずに販売したとしても、販売者は罪に問われる可能性があります。

つまり、ブランド品の転売はそういうトラブルに巻き込まれるリスクが高いということです。



井川マジックにはリスクがある



井川マジックは3つのステップになっています。

1.不用品販売
2.無在庫転売
3.有在庫転売


ステップを踏む目的は、転売をステップを踏むことで慣れていくというものです。

一見すると初心者に優しい考え方のように聞こえますが、このステップには大きなリスクが存在します。


まず1つの目の不用品販売は特にリスクもなく、LINEで提供させるノウハウも知っている人には当たり前のものですが、何も知らない初心者の方には目からうろこ的なモノばかりです。


問題はステップ2からですね。

ステップ2は無在庫転売となっています。

無在庫転売は、通常は販売する商品を先にしいれておき、それを出品する手順を、仕入れる前に出品して、売れた時点で仕入れるというものです。

つまり、在庫を持つ必要がないということですね。

在庫を持つ必要がないということは、仕入れた商品が売れなくて赤字になるリスクがないということです。


仕入れた商品が売れ残るというのは、考えている以上にリスクがあります。

例えば仕入れ値が1000円で、利益が100円の商品があったとします。

売れ残れば1000円の赤字ですよね。

その1000円の赤字を補てんするためにはその商品を10個売る必要があります。

1個の売れ残りを補てんするために10個の商品を売らなければいけないというのはかなり大変なことですよね。

このように売れ残るというのは想像以上に大変なことなのです。


ですので、在庫を持たない無在庫転売は非常に魅力的なものに見えてきます。


しかし、無在庫転売にはリスクも存在します。

  • リスク1:在庫がなくなる


商品の注文が入ってから仕入れますので、その時点で仕入れ先の在庫がなくなっている可能性があります。

その場合は、出品者都合でキャンセルとなりますので、評判が非常に悪くなり、それを繰り返しているとアカウントの停止につながります。


  • リスク2:価格変動


価格調査の段階では利益が出る価格で仕入れられるはずだったのに、いざ仕入れようとしたときに価格が上がっていて、場合によっては赤字にあるリスクがあります。


  • リスク3:納期がかかる


無在庫転売では仕入れ先から直接購入者に発送することができます。

しかし、販売伝票も一緒に送られていくので、購入価格がばれてしまいます。

その為一度自分のところに発送してもらい、それを購入者に送る必要があります。

そうなると送料も多くかかりますし、発送時間もかかります。

今は注文して早ければ翌日に商品が届くのが当たり前となっている中で、何日も納期がかかるようではやはり評判が悪くなってしまいます。

納期が掛かってクレームが多いと、やはりアカウント停止にされる可能性も高いです。


  • リスク4:無在庫転売禁止


メルカリでは無在庫転売は禁止されています。

アマゾンでは明確に禁止されていませんが、上記の理由から禁止はされていなくてもアカウント停止となるリスクがあります。


このように無在庫転売にはリスクがあります。

ですので、ステップ2で挫折してステップ3に進めない可能性があります。



まとめ



井川マジックの一番の問題は、なぜ出川その子さんが転売のノウハウを紹介するのかという点ですね。

アフィリエイトなら稼げるアフィリエイターを増やしていくことで、アフィリエイト市場が活性化するという理由があります。

広告を出す企業も多くのアフィリエイターに紹介してもらわないと広告料に見合った利益が得られませんので、アフィリエイターが増えることは大歓迎なんです。

つまり、アフィリエイターが減るということはアフィリエイトビジネスも衰退することになります。


ですが、転売は出品者が減っても市場には大きな影響はありません。

逆にライバルが増えるということは価格競争となるリスクが高くなりますので、通常はライバルを増やすようなことはしたくありません。


しかし、なぜ出川その子はそのリスクを負ってまでノウハウを提供するのでしょうか?

それは、出川その子自身は別に転売では稼げているわけではなく、このようにノウハウを高額な金額で販売することで利益を得ているからです。


出川その子さんという人物も架空の人物である可能性もあります。
つまり、この無料オファーのバックには裏で仕切る人物がいるということです。



結局はそうの裏で仕切る人を稼がせるだけですので、安易にこのようなオファーにお金を出すのはしっかりと考えたほうがいいでしょう。


もし転売で稼ぎたいなら、他力本願的にではなく自分の力で稼ぐことが重要になります。

自分の力で稼げる商品をリサーチし、自分の力で仕入れルートを開拓する。

これができてこそ転売で稼げるようになります。


転売もビジネスです。

転売で稼ぐということは「起業する」ということと同じことなのです。

ですので、少なくとも起業家としての知識は持っていた方がいいでしょう。

起業家としての知識は下記のような無料Webセミナーでも十分に身に着けることができます。

まずはこのようなセミナーでしっかりと知識を身に着けてから取り組んでみてはどうでしょうか?

お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

飽和状態のドロップシッピングでさらに稼ぐための4つのポイントとは?

高見沢です(^^

今回は

ドロップシッピングで稼ぐコツ


を紹介します。


非常に好評なネットビジネス紹介シリーズです(^^

・バイナリーオプション
・せどり
・中国輸入転売
・輸出転売
 ・ドロップシッピング

と紹介してきました。


今回は、ドロップシッピングで稼ぐためのコツを

紹介したいと思います。

参考:ドロップシッピングとは?


ドロップシッピングは、

ほかの人と同じことをしていては、

絶対に稼げません。



稼ぐためにはほかの人と違うこと、

つまり差別化が必要となってきます。

今回はその差別化も踏まえて

稼ぐコツを紹介します。



では準備はよろしいでしょうか(^^



○○を使ってお客さんを呼び込む方法



ドロップシッピングを使ったネットショップのサイトは、

価値のある情報を提供しているわけではないので、

検索エンジンに評価されにくいです。

その為、検索結果の上位に表示されにくいというデメリットがあります。


それなりに長く経営していれば、

ある程度は上位表示されるようになりますが、

特に立ち上げ初期は、

ほとんどアクセスが集まらないという

状況になってしまいます。


そこで、お金を使って上位表示させる

リスティング広告に頼る必要があります。


しかし、あるサイトを使うことで、

ネットショッピングにお客さんを呼び込むことができるのです。

それは

  • 楽天市場

です。


楽天市場では、

ドロップシッピングを利用したネットショップでも、

出品ができるようになっています。

もちろん、楽天市場に隠して出品するとかではなく、

楽天市場自体が

「ドロップシッピングサイトもOKですよ」

と宣言してくれていますので、

堂々と出品することができます。


楽天市場に出品しているサイトであれば、

信頼感も増しますので

その効果は大きいです。


ちなみに、アマゾンはNGとなっています。




○○を使ってお客さんを呼び込む方法



タイトルは編集ミスではありません(^^;


今度は

集客用のブログから集客する

という方法です。

ネットショップとは別に、

集客専用のブログを作成します。


例えばネットショップでアウトドア用品を扱う場合、

集客用のブログでは、アウトドアに関する記事を書いていきます。

例えば

  • テントの選び方
  • テントの設営のコツ
  • 撤収するときのコツ
  • 快適に寝る方法
  • キャンプにお勧めの料理
  • 虫対策


などなど、ユーザーにとって価値のある記事を書きます。


価値のある記事を書くことで

SEO的にも強くなりますので、

検索上位に表示されやすくなります。


そのブログの中で、

「お勧めのテントはこちら」

とか

「テントの人気ランキングはこちら」

という広告記事を掲載し、

そこからネットショップへと誘導するのです。


この方法は、リアルミックスムービーアフィリエイトという

物販アフィリエイトのノウハウと非常に相性がいいので、

良かったらそちらも参考にしてみてください(^^

参考:リアルミックスムービーアフィリエイトのレビュー



ネットショップに個性を持たせる



ドロップシッピングASPには、

ありとあらゆる商品が取り揃えています。


その為、ついついあれもこれもと

ラインナップしたくなりますよね。



でも、あれもこれものネットショップのライバルは

アマゾンや楽天です。

アマゾンや楽天なんかには到底かないませんよね。

つまり、アマゾンや楽天と同じことをしても

勝負にならないということです。

ですので、あれもこれもではなく、

特定のジャンルに特化したネットショップの方が

人気が出やすい傾向があります。



例えば

  • アウトドア用品
  • 自転車
  • トレーニング用品


などですね。

さらに言うと、

アウトドア用品でも、

  • テント専門
  • 川釣り具専門


というようにさらにジャンルを絞り込むこともできます。

ジャンルを絞り込めば絞り込むほど、

扱える商品するは少なくなりますが、

その分購買意識の高いお客さんを呼び込むことができますので、

結果的に購入率を高めることができます。



ジャンルを絞り込むメリットは、

「ユーザーに信頼されやすい」

ということです。


例えば、テントから洗剤まで取り揃えている

いわゆる「ホームセンタ的」なお店が

「このテントがお勧めですよ」

というより、

テントを専門に扱っているお店が

「このテントがお勧めですよ」


といった方が説得力がありますよね。

つまり、専門的なサイトの方が

「専門家がお勧めするな買ってみようかな」

という意識が強くなり、購入率が高くなります。


つまり、お店の専門性を強くすることで、

お店のブランド力を強めるということです。



先ほどのテントの場合、

まだまだ絞り込むことができます。

  • 登山用テント専門店
  • ファミリー向けテント専門店
  • ソロキャンプ向けテント専門店
  • ワンタッチテント専門店


などなど、まだまだ絞り込む要素はたくさん残っています。


個人でネットショップをするなら、

これくらいの差別化が必要だということです。



また、前項で集客用のブログを活用する方法を紹介しました。

ジャンルを絞り込むことにより

集客用のブログも作りやすくなりますので、

集客用のブログの活用もしやすくなります。


また、ジャンルを絞り込むことによって、

扱う商品も絞り込まれてくるので、

商品管理が楽になるというメリットもあります。


この戦略はドロップシッピングだけでなく、

物販アフィリエイトにも応用できますね。



利益の高い商品を狙う



例えば、テントを専門に扱う場合、

テントと言っても本当にたくさんの種類があります。

さらに利益の高いものから低いものなどもあります。


稼ぐためにはその中から利益の高いものを

積極的に売っていく必要があります。


ただ、積極的に売ると言っても、

あからさまにその商品をごり押ししてはいけません。

お客さんはそのようにごり押しされるのを非常に嫌います。

その為、あくまで自然に売りたい商品を注目させる必要があります。


その方法として

  • 一番最初に紹介する
  • 「おすすめ」の文字を入れる
  • ランキング形式で上位にする
  • レビューページを用意する


というものがあります。


特に、レビューページを用意するのがお勧めです。

レビューは実際に使わなくても、

検索すればたくさん出てきますので、

そういうレビューをまとめて自分のレビューとしてもいいですね。

ただ、文章をそのままコピペしたり、

他人の画像をそのまま使うのは著作権違反となりますので、

気を付けましょう。


実際に購入してレビューできれば、

それが一番説得力があります。

商品のことが詳しくない場合は、

レビューの記事はほかの人の記事を参考にして、

その内容に合わせて写真は自分で撮るといいと思います。



ドロップシッピングは本当に稼げるのか?



他人と同じことをしていたら、

まず稼げません。

それほど甘い世界ではないということです。


ただ、今回紹介したような差別化をすることで、

まだまだ稼げる要素は残っています。



差別化はビジネスの基本です。

もし挑戦したいなら、

その辺を考慮して取り組んでみてください。



もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

ドロップシッピングとはどんなビジネスなのか?

高見沢です(^^

今回は

ドロップシッピング

を紹介したいと思います。


非常に好評なネットビジネス紹介シリーズです(^^

・バイナリーオプション
・せどり
・中国輸入転売
・輸出転売

と紹介してきました。

今回は「ドロップシッピング」です。

合なり聞きなれない言葉ですね。

ドロップシッピングとはどんなネットビジネスなのか?

稼げるのか?稼げないのか?

その辺を解説したいと思います。


では準備はよろしいでしょうか(^^



ドロップシッピングってどんなビジネス?



簡単に説明すると

「在庫を持たずにネットショップを経営する」


というものです。


ネットショップで有名と言えばアマゾンですよね。

テレビなどでアマゾンの巨大な倉庫が特集されたりしますが、

ご覧になった方もいるのではないでしょうか?


巨大な倉庫の中を、ピッキングリスト(注文された商品のリスト)片手に、

商品をかき集める人を「ピッカー」と呼ばれています。


というように、ネットショップを経営するには、

規模に応じた在庫を持つ必要があります。


しかし、「在庫を持つ」という概念を変えたのが

ドロップシッピングなのです。


ドロップシッピングは無在庫転売なのか?



在庫を持たずにせどりなどの転売をすることを

「無在庫転売(せどり)」

と呼びます。


これは注文が入ってから、

その商品を購入して発送するというものです。

最近は無在庫転売は規制が厳しくなり、

メルカリなどでは、無在庫転売をしていると

アカウントの停止処分になる可能性もあります。


しかし、ドロップシッピングは

無在庫転売とは異なります。


販売するネットショップは、

メルカリなどではなく、

独自に作ったサイトとなりますので、

母体企業の規制を受けることはありません。


また、ドロップシッピング専用のサービスがあり、

そのサービスに登録することで、

そのサービスが扱う商品を自分のサイトで

販売することができるということです。


つまり、卸し業者と直接契約しますので、

いわゆる「転売」とは異なるということですね。



ドロップシッピングで商品が売れる流れ



通常の転売の場合は

1.注文が入る
2.別のサイトに注文する
3.商品が発送される

という流れになります。

ドロップシッピングでは

1.注文が入る
2.商品が発送される


という流れです。


つまりあなたのサイトに注文が入っても、

それを処理して発送するのは、

ドロップシッピングのサービス会社という事になります。



ドロップシッピングのメリットとは?



ドロップシッピングの最大のメリットは

  • 集客だけを行えばいい

ということです。


あなたのサイトにお客さんを集めてしまえば、

注文の受付から発送までは、

専門の業者がやってくれるということですね。


その為、

  • 顧客の管理
  • 注文の管理
  • 在庫管理
  • 発注管理
  • 問い合わせ対応
  • クレーム処理


というめんどくさい部分をやらなくてもいいということです。



ドロップシッピングのデメリット



いろいろメリットがあるドロップシッピングですが、

デメリットもあります。

  • 集客方法が難しいく、お金がかかる
  • 信頼されにくい
  • 利益が少ない


というものです。



集客方法が難しいく、お金がかかる



あなたが行うのは、

自分のネットショップへの集客になります。

集客は検索によるものが多いのですが、

ネットショップは価値のある情報を提供するものではないので、

SEO的には非常に弱いサイトとなってしまいます。


その為、特に最初のころは検索による集客はあまり望めません。

そこで、リスティング広告を使って、

自分のネットショップを宣伝する方法が主流となります。

リスティング広告とは

YahooやGoogleなどの検索サイトで、

検索結果に表示される広告のことですね。

これはお金を払って広告を掲載してもらうというものです。


また、最近はFacebookなどのSNSなどにも

広告を出すリスティング広告もあります。


つまり、リアルなお店と同様に、

お店の名前を知ってもらうためには、

広告を出してアピールする必要があるということです。




信頼されにくい



無名なネットショップゆえに、

「本当にこのお店で買っても大丈夫なの?」

という心配が出てきてしまい、

結局、大手のネットショップに行ってしまうこともあります。

その為、サイトをしっかりと作り込み、

安心・安全をアピールして、

安心して購入してもらうように誘導する必要があります。



利益が少ない



めんどくさい部分をすべて業者に任せるということは、

その手数料を業者に払う必要があります。

つまり、直接卸しから仕入れるよりも、

ドロップシッピングを利用したほうが利益が少ないということです。




まとめ



いかがでしょうか?

在庫を持たないネットショップというのは

なかなか面白いシステムだと思います。


次回は、ドロップシッピングで稼ぐためのコツを紹介したいと思います。


もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

Copyright © 元保育士によるアフィリエイト商材レビューと情報発信ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます