高見沢です(^^

今回は

無料オファーは本当に稼げるのか?

というテーマでお話ししたいと思います。


以前、Facebookに関する記事を書きました。

参考:Facebookに出てくる稼げる広告は本当に稼げるのか?


この記事はFacebookにスポットを当ててみました。

じゃあほかの無料オファーはどうなの?

というお問い合わせを多数いただいたので、

補足と、詐欺無料オファーを見破る方法を紹介しますね。



では、準備はよろしいでしょうか(^^



無料オファーは本当に稼げるのか?



Facebookに限らず、

「簡単に稼げます」

とか

「1日5分の作業で月収50万」

というような広告を目にする機会が多くなってきたと思います。

IMG_0879.png

非常に魅力的な言葉が並んでいますので、

「これって、本当に稼げるのかな?」

と気になってしまいますよね。


「本当に稼げるならやってみようかな?」


そのように悩んでいる人にとって、

今回の記事はかなり役に立つと思います。



まず、この手の無料オファーですが、

結論から言ってしまいますと、

「稼げません」


です。


私のブログでは、お勧めしない商材も紹介していますが、

そのほとんどが、無料オファーから始まる商材です。
※無料オファーだからと言って、
何も確認せずに商材を否定することはしていません。

私は、このような詐欺無料オファーは、ほぼお勧めしていませんし、

稼げたという話も聞いたことがありません。

アフィリエイトなんて狭い世界ですので、

仮に稼げるなら、すぐに評判が広まるのです。


そんな評判が出てこないということは、

ほぼ稼げない

ということが言えます。


中には、この手の無料オファーを

「お勧めします」


と言っているアフィリエイターさんもいます。

そういう人の多くは、主催者からお金をもらって

宣伝しているだけですね。


つまり、お金のために宣伝しているということです。

まあ、なりふり構わずという感じで、

私はたとえお金をもらっても、お勧めしない商材を

おすすめすることはしたくないですね(^^;



なぜ、詐欺無料オファーに参加しても稼げないのか、

その理由と、稼げない詐欺無料オファーを見抜くテクニックを

紹介したいと思います。



詐欺無料オファーのよくあるパターン



なにか教科書でもあるのか?

と思ってしまうくらい、詐欺無料オファーには

決まったパターンがあります。


1.稼げる情報を無料プレゼントしますので、
  メアドを登録してください
  登録は**までですので、急いでください
2.LINEやFacebookに登録させる
3.動画を見てください
4.動画を見た感想をコメントしてください。プレゼントあげます
5.2と3を繰り返す
6.高額塾などを募集開始
  ただし、申込期間は**日まで
7.申し込み締め切りまで、
  1日数通のメールやLINEメッセージが届く
8.締切日に、何かしらの理由をつけて
  締め切りを延長
9.本当に締め切る
10.少したってから、再募集がある




全体的には、こんな感じです。

この流れは、実は心理学的にも

理にかなった流れなんですよね。


1.稼げる情報を無料プレゼントしますので、
メアドを登録してください

→無料プレゼントで関心を引きだす。

2.LINEやFacebookに登録させる

→LINEやFacebookに登録させるのは、
 メールより読まれる可能性が高いから。

3.動画を見てください
→文章より動画の方が親近感が湧き、
 説得力が増す。


4.動画を見た感想をコメントしてください。プレゼントあげます
→コメントを入れるという「リアクション」をさせることで、
 自分も参加しているという気持ちにさせる。

5.2と3を繰り返す
→繰り返すことで、いわゆる「洗脳」状態にする。

6.高額塾などを募集開始
ただし、申込期間は**日までと期限をつける
→募集に締め切りを設けることで、限定感や危機感を煽る。

8.締切日に、何かしらの理由をつけて
締め切りを延長

→募集を延長させることで、
 やっぱり申し込めばよかったと思っている人の
 決断を引きだす。

10.少したってから、再募集がある
→募集を延長させることで、
 やっぱり申し込めばよかったと思っている人の
 決断を引きだす。

という感じです。


こんな流れ、見おぼえないですか(^^;



そして、この手の無料オファーの特徴として、


  • 具体的な手法やノウハウは明かさない
  • ひたすらだれでも稼げるアピールをする


ということがあります。


  • 世界初のノウハウ
  • ○○を利用して稼ぐ
  • 主婦でも子供でも稼げる


というように、具体的な手法を隠して、

ひたすら稼げることだけをアピールしているようなら、

まず怪しいと思ってください。


中には「せどりで稼ぐ」とか「ブックメーカーで稼ぐ」

というように、宣言するものもあれば、

簡単さをアピールすために、手法を明かすものもあります。

例えば

1.メールが届く
2.メールの指示に従ってボタンをクリックする
3.報酬が発生する

という感じです。



なぜ具体的な手法を隠す必要があるのか?



それは、単純に

「稼げる」という“期待”だけで

参加してもらいたいからなんです。


例えば、あなたが友達に何かをお勧めするとします。

その時に、お勧めする商品をひたすら隠してお勧めしますか?

そんなことしませんよね。


おすすめするなら、

  • どんな商品なのか
  • どこがどういいのか
  • どういうメリットがあるのか
  • なぜお勧めするのか


という魅力をアピールしますよね。


なぜ、このようなアピールをするのか分かりますか?

それは、あなたがその商品を本当に良いと思っているからです。



自分が良いと思っているからこそ、

その商品自体の魅力をアピールできるのです。



ではなぜ、多くの詐欺無料オファーでは、

具体的な手法を隠しておく必要があるのでしょうか?


それは、その商品そのものには全く価値がないからです。



具体的に言うと「福袋」がわかりやすいと思います。

年始になると、あちこちで売られる福袋。

あなたも福袋を買うために、

新年早々並んだりしませんか(^^


私は妻の指令で並ぶことがあります(^^;


そんな福袋ですが、

福袋の中身って、買わないとわかりませんよね。

もしかしたら、全く価値のないものが入っているかもしれません。

でも、福袋ってすごい人気ですよね。


それは、1000円の福袋の中には1000円以上の

「価値があるもの」

が入っているという“期待”があるからです。

期待があるからこそ、福袋は売れるのです。


もし、中身がわかっている福袋だったら、

これほどまでに売れないと思います。

それは期待ではなく、

中身の商品の価値で買うかどうかで

判断してしまうためだからです。


洋服の福袋なんて、半分は「え?これは…ちょっと」

というモノばかりですよね(^^;

もし、事前に中身がわかっているなら、

そんなものは買いませんよね。


中身がわからない回らこそ、

期待をして福袋を買うのです。


まあ、最近は中身を見せて売っている福袋もありますが、

中身もそれなりの価値があるので、かなり売れています。

中身がわかっていても、価値があれば当然売れるのです。



私から見たら、詐欺無料オファーは福袋と同じなんです。

中身に価値がないから、中身を隠して売る。

中身に価値がないから、それ以外のところで

期待させて福袋を買わせるのです。



これを「福袋効果」と言います。
※高見沢が勝手に命名(^^;



なぜ期間限定にするのか?



詐欺無料オファーは、ほぼ期間限定となっています。

なぜ期間限定にする必要があるのか分かりますか?



「期間限定」とういマーケティング手法は

無料オファーだけでなく、いろんなビジネスで利用されています。

例えば、お店の期間限定セールとかもいい例ですね。


期間限定となると、

その期間にしか手に入れることができない、

もしくは、

その期間でないとその値段で手に入れることができない

ということになります。


そうなると、心理的に

「手に入らなくなる前に手に入れたい」

という心理が働きます。

これは、この記事でも詳しく解説していますので、

よかったら見てくださいね(^^

参考:ひとはなぜ限定という言葉に弱いのか?



つまり、限定感を全面に出すことで、

「今買わなくちゃ」

とか

「今参加しなくちゃ」

という行動を起こさせるのです。



また、そもそもの話なのですが、

売り手側から見たときに、

期間限定で募集するメリットってあまりないと思うんですよね。



もし、あなたが素晴らしい商品を開発して、それを売ろうとしたとします。


売る理由って、結局は利益ですよね(^^


利益を出すなら、期間限定で売るより、

期間を限定せずに継続的に売った方が、

トータル的には利益が上がります。

本当に自信のある商品であれば、期間限定なんかにする必要はないはずです。



では、なぜ期間限定にするのか?

それは

手法そのものに価値がないので、

継続的に売ることができないから


です。


これも福袋理論と同じで、

年始の限られた期間だけ販売する福袋だからこそ売れる

ということでもあります。



詐欺オファーを見破る方法とは?



今までの話をまとめると

・決まったパターンのセールスである
・具体的な手法が隠されている
・異常に簡単に稼げることをアピールしている
・期間限定での募集がされている

という点に注目することで、

怪しいかどうか判断できると思います。



まとめ



無料オファーの手法は日々変わってきています。

ですので、ここで紹介したものは

いずれ別のパターンに変わってくることもあります。


例えば、最近では、投資系の無料オファーで、

投資資金をプレゼントするというものが出てきました。

しかも、当選者の発表はFacebookの生放送で行うという

念の入れようです。


「生放送なら不正は出来ないでしょ」

という主張なのですが、

生放送でも、さくらを使うことは普通にできますよね。



このように、あの手この手と人を騙そうとしているのです。



これだけは忘れないでください。

詐欺オファーの主催者は

あなたを稼がせようなんて思っていません。


自分が稼げればそれでいいのです。


もし、本当に稼げるノウハウなら、

まずはあなたに利益を出させることを優先します。

それがノウハウの評判となり、下手なセースルなんてしなくても、

長期的に売れるようになるからです。


私がお勧めしている商材は、ほとんどがこの考え方となっています。



無料オファーの話に乗る前にもう一度よく考えてみてくださいね(^^



もし、気になる無料オファーが詐欺かどうか判断できないという方は

高見沢まで連絡ください。

高見沢が人柱になって調査します。


高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^