高見沢です(^^

今回は中本明宣さんの

裕福層向け物販マスターセミナー

をレビューし、お勧めできるか検証したいと思います。


今回のオファーは、

裕福層向けに高額商品を転売してく

というビジネスになります。


理論的にはなかなか面白い内容ですが、

実際はどうなんでしょうか。

その辺を検証していきたいと思います。


では、準備はよろしいでしょうか(^^



裕福層向け物販マスターセミナーはお勧めできるか?



結論としては、

積極的にはお勧めしません。


その理由は

  • 無在庫転売にはリスクがある
  • 外人相手は経験が必要
  • セールスページの数字は参考にならない


という点です。


では、詳細を見ていきましょう。



裕福層向け物販マスターセミナーの概要



yufukusotembao01.png
引用元:http://en-bible.com/letter/kukuro/index.html

特定商取引法の表示
セミナー募集の為無し



裕福層向け物販マスターセミナーの特徴



キャッチコピーは

これで稼げなかったら何をやっても稼げない
ひとつの商品を売っただけで10万円以上の利益なんて当たり前
手持ちのお金は一切不要
ジャパンブランドは儲かります
だれでも荒稼ぎできます
引用元:http://en-bible.com/letter/kukuro/index.html


というものです。


多くのオファーはビジネスモデルを

ひたすら隠しておくのが一般的ですが、

今回のオファーは

ビジネスモデルを明かしているのが特徴です。


ビジネスモデルは

日本ブランドの高額商品を

海外に転売するというものです。

転売はebayというネットショップを利用します。


日本ブランドは海外では非常に人気があります。

昔は品質が良いという理由が大きかったのですが、

現在は「日本の文化」そのものに人気があり、

日本ブランドのモノが非常によく売れています。

しかも、日本の相場よりけっこう高い値段で

売れるのが特徴ですね。



その為、日本ブランドの商品を

海外のネットショップで売るというのは

ちょっと前から流行っています。


今回のオファーでは、

ただ日本ブランドの商品を売るのではなく、

高額商品を売って大きく利益を得ることがポイントになります。


ただ、普通の人に高額商品を紹介しても

当然売れないので、

裕福層に向けてセールスしていくのが特徴です。


しかも、売り切りではなく、

売った後のフォローもして、

お得意さんとして固定客化をしていきます。


高額商品を転売していくとなると、

心配になるのが仕入れ資金ですよね。


通常はあらかじめ商品を仕入れておき、

注文があったら発送する流れとなります。


しかし、今回のオファーは

注文があってから仕入れて、

発送する流れとなりますので、

入金が先となるので、

仕入れ資金の心配がいりません。



これは無在庫転売と呼ばれる手法となります。

この方法なら仕入れ資金を気にすることなく、

高額商品を扱うことができます。


と、ここまで書くと、

非常に魅力的なオファーですが、

落とし穴があるので気を付けましょう。

その落とし穴を紹介します。



無在庫転売にはリスクがある



仕入れ資金を気にしなくてもよい無在庫転売ですが、

無在庫転売にはリスクがあります。

それは

  • 仕入れるときに在庫切れの可能性がある
  • 仕入れるときに利益の出る価格で売られている保証がない
  • 画像転用の規制が厳しい
  • セールスページの数字は信用できない


というものです。


無在庫転売は注文が入ってから仕入れをします。

出品時には在庫があったのに、

注文が入って仕入れようとしたら

在庫切れだったということはよくあります。

特に高額商品にはその傾向が高いです。

なぜなら、それほど数が出ないので、

場合によっては売り切り(在庫限りの販売)の場合もよくあります。


ebayでは、在庫切れでのキャンセルは

評価が大きく下がってしまいますし、

お客さんとの信頼関係を大切にする仕組みにおいて、

在庫切れでキャンセルとなるのは非常に印象が悪くなります。





次に仕入れ価格の問題です。

仕入れをどこから行うかにもよりますが、

Amazonなどは、価格は一定ではなく、

常に変動していることは意外と知られていません。

たとえば下記のグラフをご覧ください。

yufukusotembao02.png

これはBOTANIST ボタニカルトリートメント スムースという

コンディショナーの詰め替えパックの値段推移です。

安い時は1200円ほどですが、高い時は2000円ほどになっています。


このように値段は常に変動しています。

もし、仕入れしようとしたときに、

想定より高い値段となっていたら、

予定していた利益を得られないばかりか、

赤字になるリスクもあるということです。


最後に画像転用の問題です。

無在庫転売は商品が手元にありません。

そうなると商品画像は自分で撮影することができないので、

どこからか転用してくることになります。


ebayはこの画像の転用に対して、

非常に厳しく対応してきます。

もし画像転用が発覚した場合は、

最悪アカウント停止となる場合もあります。


画像転用については

いろんなケースがありますので、

この辺をしっかりと理解しておかないと、

大きな代償を払うリスクがあるということです。



無在庫転売は、

このようにまったくリスクがないわけではありません。



セールスページの数字は信用できない



セールスページには稼げる証拠として

いくつかの金額が出ています。

しかし、その金額はあまり信用できなさそうです。


セールスページには月商1,160万円となっていますが、

確かに単月ではその金額となりますが、

4か月の合計で見てみると

1か月あたり970万円となります。

さらに1ドル120円で計算していますが、

現在は1ドル113円程度で推移しています。

113円で計算すると913万円となります。

その差は200万円近くですね。


それでも900万近い売り上げはすごいですけどね。


ただ、このセールスページで意味不明なのが、

グラフのところでは売上と表現しているのに、

突然「売り上げではありません。利益です」

と書かれています。

売上なのか、利益なのかハッキリしないですね。

グラフでははっきりと「月商」と書かれていますので、

単純な書き間違いか、

明らかにミスリードを誘うものである可能性があります。



まとめ



セールスレターを読む限り、

理論的には筋の通った内容となります。

無在庫転売のリスクをしっかりと管理して取り組めば、

稼げる可能性もあります。


セミナー自体も無料ですので、

参加してみる価値はあると思います。


もしセミナーに参加される場合は、

今回のリスクをどのように考えているかを

しっかりと聞いてください。


もし、そのようなリスクの説明がなければ、

気を付けたほうがいいです。


そして、セミナーの後に高額塾がある場合は、

さらに注意してください。

特に、その場で契約しないと申し込めないようなものは、

非常に危険です。

絶対にその場で判断しないようにしてください。

もし、その場の勢いで契約してしまった場合は、

クーリングオフの対象となります。

特定商取引法2条1項、4条5号、9条1項



今回のオファーのような転売も、

正しい知識を身に着けていけば、

しっかりつ稼ぐこともできます。


しかし、外人相手に商売するとなると、

英語での問い合わせは必須となります。

外国人ってけっこう問い合わせしてきます。

その問い合わせに誠意をもって対応することが、

信用を得るために必要なことですが、

英語が苦手な人にはハードルが高いことも事実です。


そういうハードルもなく、

堅実に稼ぐにはアフィリエイトもお勧めです。

参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法


また、メルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら




もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^