高見沢です(^^

今回は

ブログの記事が書けなくて悩んでいる方へ

というテーマで書いていきたいと思います。

アフィリエイトをする中で、「記事を書けない」という悩みは非常に多いと思います。

そこで、記事が書けないという悩みについて、ちょっと深いところまで踏み込んで書いていきたいと思います。



ちょっとその前に…

先日の日曜日、小学1年生の息子が

「外で焼き肉やりたい」

と提案してきました。

今はもう夕方の4時。

今から火を起こしてBBQをするのはさすがに大変。


ということで、ホットプレートを使って、なんちゃってBBQをやることにしました。

お肉は冷蔵庫にあったショウガ焼き用のお肉などで代用です。

庭にキャンプ用のテーブルと椅子をならべて、暗くはないですが一応LEDランタンも用意。

虫よけに「虫よけろうそく」もセット完了です。

息子はこれだけでも大興奮。

息子はおいしいお肉を食べたかったのではなく、外でみんなでご飯を食べたかったのです。

ですので、こんな手抜きBBQでも十分満足したようです。


こういう事例を話すと、

「そんな子供の言うことをいちいち聞いていたら、わがままになるんじゃないの?」

という人もいます。

でも、私はそうは思いません。

わがままになるというのは

「本来子供がやるべきことを、無条件で大人がやってしまう」

というところから生まれて来るのが原因の一つと言われています。


今回息子は、私が何も言わなくても率先して準備や片づけの手伝いをしてくれました。

時間がない時だからこそ、みんなで協力して準備や片づけをする。

今回の思いつきBBQでは、息子はそれを実践できるいい機会になったと思います。


テーマとは全く関連の無い、ちょっと余談でした(^^




では、テーマである

「ブログの記事が書けなくて悩んでいる方へ」

に話を戻したいと思います。

準備はよろしいでしょうか(^^



ブログの記事が書けない原因とは?


d5216d13e124761ed60344c51eedd23f_s.jpg 

ブログで記事を書こうと思っても、なかなか記事が書けない。

そんな悩みをあなたも抱えていませんか?

私のところにも

「記事が書けなくて困っています」

という相談が多く寄せられます。


私もなかなか記事を書けなくて悩んだ方なので、記事を書けない辛さはよくわかります。


パソコンの電源を入れ、エディターを起動する。
※私はブログの記事を書くときは、秀丸エディタで下書きしてからブログにコピペしています。

最初のあいさつ文を書き、本題に入る。

しかし、そこからピタッとキーボードを打つ手が止まってしまう。。。

情報収集という名の元に、記事とは関係ないネットやYoutubeを見始めて、気が付けばもう夕方…


こんなことはよくありました。


では、なぜ記事が書けないのでしょうか?

理由はいろいろあると思いますが、

  • 書こうとしている記事の知識がない
  • 記事を書く経験がない
  • 記事に自信が持てない


というのが原因のほとんどではないかと思います。

では、それぞれ原因を見ていきたいと思います。



書こうとしている記事の知識がない



記事が書けないのは、

「書こうとしているテーマについて知らない」

ということが大きな原因です。


当たり前と言えば当たり前のことなのですが、

テーマについて知識がなければ記事は書けません。


ある程度知っているテーマを書いていく場合は、最初はスラスラと記事も書けたと思います。

しかし、ある時期を境に、ピタッと記事が書けなくなってしまうこともあります。

自分では、テーマについてある程度知っていると思っていても、

いざ記事にしてみたら数記事でネタが尽きてしまう

なんていうこともよくあります。


自分が持っている知識ってそんなもんなんですよね。


これは

知識がないあなたが悪い

なんてことを言いたいのではなく、知識がないのは当たり前なんです。

では、知識がないなら記事を書けない、すなわちアフィリエイトはできないということでしょうか?


答えは

「そんなことはない」

です。


では、どうすれば記事が書けるようになるのか?

答えは簡単です。

知らなければ調べればいいのです。


今はインターネットで検索すればいろんな情報が出てきます。

また本屋に行けばいろんな書籍が並んでいます。

そういうインターネットの情報や書籍の情報を使って、知識を仕入れていけばいいのです。


だれでも、最初から豊富な知識を持っているわけではありません。

私もアフィリエイトについていろいろと情報発信していますが、最初から詳しかったわけではありません。

テーマについて詳しくなるということは、それなりに勉強をしていく必要があるのです。


勉強しろと言われて

ちょっと大変だな

って思いますか?



実は、「ちょっと大変だな」という気持ちが重要なポイントなのです。

だれでもあれこれ検索して、調べていくというのは大変だと思ってしまいます。


そんな時に、

知りたいことが1つのブログにまとめられている

となったら便利ですよね。

1つのブログにまとめられていたら、そのブログだけを見ればいいので楽ですよね。


そういう便利なブログを誰もが探しているんです。

そのブログを作るのは誰でしょうか?

そう、それはあなたです。



つまり、あなたが「だれもがちょっと大変だな」という作業を代行して行うことで、

あなたのブログにアクセスを集める、ということが可能になるのです。




記事を書く経験がない



どんなに知識を仕入れても、単純にそれをコピペしただけでは、ただのパクリ記事にしかなりません。

そこで、自分の知識を自分の言葉で書いていく必要があります。

自分の言葉で書いていくことで、オリジナルティーが生まれてくるということですね。


自分の言葉で記事を書いていく

これが最初は大変なんですよね。

こればっかりは、とにかくたくさん記事を書いて慣れていくしかありません。


慣れるしかないと言ってしまえば、この記事も終わってしまうので、少しテクニックを紹介します。


それは、

参考にした記事をリライトする

というテクニックです。

リライトというのは「書き直す」という意味ですが、元になった文章をアレンジすることもリライトと言われています。


では実際にリライトのテクニックをいくつか紹介したいと思います。

1つ目は

文章の意味が変わらない程度に言葉の順番を入れ替える

というテクニックです。

例えば

「今日はいい天気です」

という文章があります。

これをリライトすると

「今日は天気がいいです」

となります。

すごい単純ですよね(^^


2つ目は

別の言葉に置き換える

というテクニックです。

例えば

「彼の作成するツールは、他の開発者が作成するツールに対し、大きなアドバンテージがある」

これをリライトすると

「彼の作るツールは、他のメンバーが作るツールに対し、大きな優位性がある」

となります。


ここでは、下記の言葉を別の言葉に置き換えています。

「作成する」→「作る」

「設計者」→「メンバー」

「アドバンテージ」→「優位性」

置き換えるというのは、同義語の場合と、英語を日本語へ、日本語を英語にするというパターンがあります。

これも非常に単純なことですよね。


この2つのテクニックを組み合わせてもいいですね。

「彼の作成するツールは、他の開発者が作成するツールに対し、大きなアドバンテージがある」

これを2つのテクニックを組み合わせてリライトすると

「ほかのメンバーが作るツールに比べて、彼の作るツールには大きな優位性がある」

となります。

単純に文章を並び替えて、言葉を置き換えるだけで、同じ意味の文章でも全く違った文章となります。


リライトというと、ちょっと難しいと思われますが、実際には単純なテクニックを組み合わせているだけなのです。

まずは、リライトを使って文章を書き、ある程度慣れてきたら

自分の言葉として文章を書いていく

といいでしょう。


さらにこの文章に「コピーライティング」のテクニックを追加すると

「彼の作成するツールは、他の開発者が作成するツールに対し、大きなアドバンテージがある」

という文章が

「彼の手から生み出される数々のツールには、我々凡人的な開発者には到底真似のできない「大きな優位性」が存在する。」

となります。

どちらの文章も同じことを書いているのですが、後者の方が「彼は凄そう」というイメージが強く伝わってきませんか?


コピーライティングについてはまた別の記事で紹介しますね(^^


このように、リライトするテクニックを使うことで、元の文章とはまた違った文章にすることができます。

リライトのテクニックを使って、まずは記事のパクリから初めて、徐々に自分の言葉になるようにしていくというのが、記事を書いていくポイントになります。



記事に自信が持てない



これは、自分が書いた記事に納得できないということですね。

私は今でも自分の記事に自信が持てません(^^;

ですので、時々過去の記事を修正することもよくあります。

これは、私だけでなく、多くの有力アフィリエイターも同じですね。


人によっては

「過去の記事なんて気にするな」

ときっぱりという人もいますね(^^;

それもある意味正解だと思います。


ちなみに、熱血で有名な松岡修三さんの言葉で

「人は完璧を求める。

しかし、完璧だと思った時から全てがやり直しとなる。」


というものがあります。

これは

「私の書く記事は完璧だ」

と思った時点で、成長は止まるということですね。


つまり、記事に自信を持てないと思うことは当然のことですし、自信が持てないということは、自分にとって成長するチャンスだということなんです。


ですので、自信がない記事でもどんどん書いて、ブログにアップしていきましょう。

最初から100点の文章を書く必要なんてないんですよ(^^


文章を書く力というのは、どんなに頭で考えても向上しません。

文章を書く力というのは、文章を書くことでしか向上しないんです。



ブログのいいところは、いくらでも書き直しができるということです。

慣れない時に書いたブログって、あとから読み直すと思わず削除ボタンを押したくなることがよくあります(^^;


そんな時は、あとから気になる部分は修正してあげればいいのです。

私も、比較的頻繁に修正する方ですね。


とにかくたくさん書いて、慣れるということ。

これが文書を書く力をつけるためには絶対に必要なことです。



まとめ



文章(記事)を書くというのは、本当に大変なことです。

だからこそ、多くの方がブログで挫折してしまうんです。

挫折してしまう人が多いということは、文章を書くという壁を乗り越えれば、

アフィリエイトで十分に稼いで行くことができる

ということでもあります。


ちょっとしたことで文章を書く力というのは伸びていきます。

文章がある程度かけるようになってきたら、次のステップとして「コピーライティング」を意識していけばいいと思います。

コピーライティングを学ぶのであれば、

The Million Writhing(ミリオンライティング)が絶対にお勧めです。

The Million Writhing(ミリオンライティング)のレビューはこちら

そうはいっても、文章を書くのは苦手だな、という人向けに用意されたノウハウもあります。

リアルミックスムービーアフィリエイト(RMA)のレビューはこちら


また、そもそも高度な文章を書かなくてもよいのが「トレンドアフィリエイト」の魅力でもあります。

そんなトレンドアフィリエイトにもお勧めのノウハウがあります。

下剋上∞のレビューはこちら


このような文章を書く力が不足していても、それをカバーしてくれるノウハウを使ってアフィリエイトしていき、そのなかで文章を書く力をつけていく方法もあるということです。

私も決して文章を書くのが得意ではありません。

高見沢と一緒に文書力をつけていきましょう(^^



もし、わからないことなどありましたら、遠慮なく高見沢へ問い合わせてください(^^

高見沢へ問い合わせる



高見沢でした(^^