高見沢です(^^

暑かった夏が嘘のように

涼しくなってきました。

と言っても、

日中はまだまだ暑いですけどね(^^;

子供たちのプールも、

来週で終わりです。



さて、今回は

読者の興味を引く記事を書くには●●を絞り込む

というテーマでお話ししたいと思います。


問い合わせの中に

------------------------
自分の書いた記事が、

面白いと思ってくれているか

凄い不安になってきます。

------------------------

というものがありました。


その不安、よ~くわかります(^^;

私だって、

いまだに不安になりますよ。


では、今回は

どういう記事を書くときの

ポイントを紹介していきたいと思います。



準備はよろしいでしょうか(^^



読者が興味を引く記事とはどんなものか?


14db2c4f1535bd10a6a52704ac8d9736_s.jpg 

ブログの記事やメルマガを書いていくときに、

「価値のある情報を伝える」

ということが重要であることは、

このブログでも何度も取り上げています。

参考:SEOってなに?初心者でも出来る効果的なSEO対策とは?

参考:2017年度版 SEO対策の傾向と対策

価値のある記事を書くということは、

SEO的に効果があるだけでなく、

価値のある情報を伝えることで、

読者との信頼関係を築くことができるのです。


アフィリエイトのブログでは、

このことが大前提となるのです。




あなたの日記ですか?

みたいな記事を書いても、

読者には全く共感されません。


海老蔵さんとか、

有名人になれば

日記みたいなブログでも

十分アクセス集められるんですけどね。



ただ、価値のある記事だけを書いていくと、

読者は面白いと思ってくれてるのかな?


ということが、凄く気になってきてしまいます。


相談された方も

まさにそういう悩みを抱えていて、

「自分の記事が面白いと感じない」

と言っていました。



面白い記事を書けばアクセスが増えるのか?



その方は、

「面白い記事を書けば、アクセスが増えるのでは?」

と考えているようです。

だから、最近は冗談やユニークな話を織り交ぜて、

記事を書いていているそうです。



確かに、価値のある情報だけを

淡々を伝えているブログは、

ウィキペディアのような、

知識を並べただけの記事になってしまいます。


人によってはそういう記事でもいいのですが、

何度も自分のブログに足を運んでもらう

ということを考えると、

決していい状態とは言えません。



でも、だからと言って、

冗談などを散りばめて、

面白おかしく記事を書いているだけでは、

中身のないブログになってしまいます。


なぜなら、

あなたのブログを見る人は、

笑いたいためにアクセスしたわけではありません。

何かを学びたいためにアクセスしてきたわけです。




冗談は書いてはダメということではありません。

私も時々冗談を書きます。

その方が親近感が湧きますからね。


でも、冗談ばかりだと

逆効果になってしまうということです。



価値のある情報を提供するということは、

すべての基本になるということです。

その基本ができたうえで、

興味を持って記事を読んでもらう必要があるのです。


興味を持ってもらうということは、

読者にあなたのファンになってもらうということなのです。



どうすれば興味を持ってもらえるのか?



私は相談者の方に

2つのアドバイスをしました。


  • ターゲットを絞り込むこと
  • 自己ブランディングを作り込むこと


では、それぞれ説明したいと思います。



ターゲットを絞り込むこと



価値のある情報とはどんなものかわかりますか?

例えば物販アフィリエイトでは、

どんな情報を出せば価値がある情報となりますか?



はい正解は、

・読者によって違う

という答えになります。


「え?」

ですよね(^^;


例えば、

これから初めて物販アフィリエイトに取り組む人と

ある程度成果が出ていて、

さらに成果を上げようとしている人で、

求めている情報は同じでしょうか?


ある程度成果を上げている人に対して、

「物販アフィリエイトはこんなメリットがあります」

「物販アフィリエイトはこうやって始めますよ」

なんて情報を出したところで、

「そんなこと知ってる!!」

となります。


逆に初心者の方に

「SEO対策には

 構造化データが重要ですよ」

なんて情報を出しても、

「え?何の話ですか?」

となってしまうわけです。


つまり、

読者によって、価値のある情報は

違ってくるということです。




1つのブログで、

初心者から上級者まで満足させる情報を発信するのは

非常に難しいです。


もちろん、すべての人に満足してもらう

ということが本当は理想ではあります。

でも、初めてアフィリエイトを行う人が、

このようなブログを構築するのは、

非常に大変です。


その為、自分が情報を発信しようとする、

読者のレベルをある程度絞り込むのです。


絞り込んだ読者のことを

「ターゲット」

と呼んでいます。


ターゲットは

初心者・中級者・上級者

という大きなくくりだけでなく、

  • ネットビジネスを始めたい人
  • アフィリエイトを始めたい人
  • 副業を始めたい人


など細かく分けることもできます。

ちなみに、この3つの違いわかりますか?

ネットビジネスを始めたい人は、

インターネットを使ったビジネスに興味があるけど、

どのネットビジネスがいいのか迷っている人ですね。

ネットビジネスには、

せどりや投資、アフィリエイトなどあります。


アフィリエイトを始めたい人は、

ネットビジネスの中でもアフィリエイトに

絞り込んでビジネスを始めたい人です。


副業を始めたい人は、

ネットビジネスに限らず、

オリジナル作品をフリマで売るとか、

受託で作成するとか、

インターネットにこだわらずに、

副業をやりたいと考えている人です。


それぞれ「副業をしたい」という目的は同じですが、

入り口が全く違うので、

提供する情報も全く違ってくるのです。



ちなみに私は、

アフィリエイトに興味があるけど、

不安で始められない初心者の方を

ターゲットにしています。


ブログの記事一覧を見ていただければ

わかると思いますが、

アフィリエイトって何?というところから

記事を書いているのがわかると思います。



このように、

ターゲットによって、

価値のある情報は変わってきます。

まずはターゲットがどのような情報を

欲しがっているのかを考えてから

記事を書いていく必要があります。


たとえば、アフィリエイトに興味がある人を

ターゲットにするなら

  • アフィリエイトってどんなものがあるのか?
  • どんなメリット・デメリットがあるのか?
  • どんな知識を持てばいいのか?
  • どんなノウハウがあるのか?


こういった情報をしっかりつ伝えていくのです。



この辺は情報商材アフィリエイトの例ですので、

ターゲットは非常に広くなっています。


でも、物販アフィリエイトなら、

そこまでターゲットは広くないので、

ターゲットの絞り込むのは楽だと思います。


例えば、ウォーターサーバーを扱うなら

  • 水道水の味やカルキが気になる人
  • 赤ちゃんができた人
  • 美味しい水に興味がある人


などターゲットを絞り込むことができます。

「水」というキーワードでは、

アフィリエイトほどターゲットは広くないので、

考えやすいですよね(^^



自己ブランディングを作り込むこと



自己ブランディングというのは、

自分がどんな立場の人間なのか

ということをはっきりさせることです。


例えば、ダイエットに関する情報を

発信する場合、

20キロのダイエットに成功した人なのか、

ダイエットもしたことないおじさんなのかで、

その情報の信ぴょう性が大きく変わってきます。


ダイエットもしたことないおじさんに、

「このダイエットはいいよ~」

なんて言われても、

信用できませんよね(^^;


それよりも、実際に20キロのダイエットに成功した

人がお勧めするダイエットの方が

興味が出てくると思います。



ちょっと極端な例ですが、

おなじ

「ダイエットの情報発信」

でも、

だれが情報発信しているかによって、

受け取る側の印象は大きく変わってくるということです。




ただし、もしそのおじさんが、

多くの人のダイエットを成功させた

カリスマトレーナーだったらどうでしょうか?

話しはガラッと変わってきますよね。

ただのおじさんがお勧めするダイエット方法が、

「何人ものダイエットを成功させた人が

 お勧めするダイエット方法」

へと認識が変わるのです。


このように、

「誰が情報を発信しているのか」

ということが非常に重要になり、

情報を発信するには、

自分がどんな人物なのかということを

強くアピールする必要があります。



そうすることにより、

それがあなたの個性となり

ほかのサイトとの差別化もできるわけです。



では、ダイエットトレーナーや

ダイエット成功者でなければ、

アフィリエイトできないのでしょうか?

実はそんなことはないのです。

それについては、

私のメルマガの中で詳細を紹介したいと思いますので、

良かったらメルマガ登録してくださいね(^^

参考:メルマガ登録はこちら




まとめ



今回の記事をまとめると

読んで面白いと思われる記事を書くには、

「ターゲットを絞り込む」

「誰がどんな人に情報を発信するのか」

ということを明確にすることでしたね。



ちなみに、自己ブランディングですが、

方向性を間違えると滑稽になってしまうので、

注意してくださいね(^^;


以前、こんなブログがありました。

情報発信者は「武士」。

で、言葉の最後には

「ござる」


が必ずついています。

「だからアフィリエイトがお勧めなのでござる」

「試してみるでござる」


ござる?

ござるw

インパクトという点は

私の心を鷲掴みにしたので、

成功だったと思いますが、

正直言って、

あまりにもしつこいので、

軽く「イラッ」としたのが

正直な感想です。


自己ブランディングも

方向性を間違えると、

逆効果になりますので、

気を付けてくださいね(^^;



もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください。

高見沢に問い合わせるでござる



高見沢でした(^^