Cryptoのタグ記事一覧

ネットビジネスで独立に成功した元保育士の高見沢が、アフィリエイト商材を本音でレビューします。

タグ:Crypto

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回は Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービス についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、登録することで最新のICOの情報を提供してくれるというものです。 ICOとは、仮想通貨を使って資金を調達するクラウドファンディングの一種ですね。 これから新しく始める事業に対して投資をしてもらい、そのお礼として新しい仮想通貨...

    記事を読む

  • 五十嵐 龍平

    高見沢です。 今回は五十嵐 龍平さんの Crypto Masters(クリプトマスターズ) についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 募集ページによっては「ビットコイン無限増殖システム Infinity(インフィニティ)」という名前になっていますが、メアド登録をすると「Crypto Masters(クリプトマスターズ)」となります。 Crypto Masters(クリプトマスターズ)は、今までのオファーとは少し変わっており、自分たちでICO...

    記事を読む

Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるか?

高見沢です。

今回は

Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービス

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、登録することで最新のICOの情報を提供してくれるというものです。


ICOとは、仮想通貨を使って資金を調達するクラウドファンディングの一種ですね。

これから新しく始める事業に対して投資をしてもらい、そのお礼として新しい仮想通貨(トークン)がもらえます。

もらった仮想通貨はまだ取引所で現金にすることができませんので、まったく価値はありません。


しかし、事業の立ち上げに成功し、仮想通貨が取引所に上場することで現金化することができます。

その時に、ICOの時に投資した金額より価値が上がっていれば、その分利益になるということですね。


例えば、ICOの時の価格が3円だったものが、上場後に3000円になったとします。

1000倍の価値になったということですね。


もし、その仮想通貨を10万円分買ったとしたら、なんと1億円となります。

いわゆる億り人ですね。


その為、今ICOが非常に人気となってきています。


ただ、問題なのがほとんどのICOが詐欺だということです。

資金だけ調達して、上場することなく消えてしまう。

そんなICOが非常に多くなってきています。

一説ではICOのうち90%が詐欺的なICOともいわれています。


しかし、詐欺的なICOも非常に手口が巧妙化してきており、一見しただけでは詐欺だとはわからないものもあります。

その為、上場後に価値が上がるかどうかという以前に、詐欺ではないかどうかを見極める力が必要になります。


それが初心者には非常に難しいんですよね。

だって、ほとんどのICOが海外のものですので、サイトもホワイトペーパーと呼ばれる資料もすべて英語です。

さらに専門用語もたくさん出てきますので、初心者がホワイトペーパーを読み込むのは非常に難しいです。


そこで、最近はやってきているのが、今回のように稼げるであろうICO情報を提供してくれるサービスですね。


今回のそのサービスの一つです。


では、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるでしょうか?



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるか?



結論としては

お勧めしません。


その理由は

  • 情報の真意の根拠が不明
  • 爆上げ確定しているICOなど存在しない
  • 結局は〇〇目的


という点です。

では、詳細を見ていきたいと思います。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの概要



cryptoauick01.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

cryptoauick02.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

特定商取引法の表示に連絡先の記載がありません。

今回の案件は有料サービスへの勧誘ですので、連絡先の記載は必須です。

なにかあった時に連絡が取れなくなる可能性が高いです。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの特徴



ICO案件を紹介してくれるサービスはいくつかありますが、今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの特徴は

  • 日本最速で情報提供される
  • 爆上げがほぼ確定銘柄を厳選して公開してくれる


というものです。

ICOは通常いくつかのステージがあり、早い段階で参加したほうが安く参加できたり、ボーナスを多くもらえるメリットがあります。

しかし、海外のICOは日本に情報が入ってくるのが遅いため、情報を手に入れたときにはすでに最終ステージだったということもよくあります。


その為、有利な条件でICOに参加するためには、いかに早く情報を手に入れるかが重要になってきます。


今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、スピードを売りにしていますので、有利な条件で参加できるファーストステージで参加できるようになるというのが大きなメリットですね。



また、情報が少ない段階で英語のホワイトペーパーを読み込んだり、海外のチャットに参加して情報を収集していくのですが、英語やICOの専門用語を知っていないと、かなり難しいです。

当然検索しても日本語のサイトなどほとんどありませんので、やはり自力で調べるしかありません。



今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスでは、専門家のチームが爆上げするかどうかを検証し、爆上げがほぼ確定しているICOだけを厳選して紹介してくれるので、英語が苦手とか、情報収集ができないという人には非常にありがたいサービスですね。


一見すると、非常によいサービスのように聞こえますが、なぜお勧めできないのか紹介したいと思います。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスをお勧めしない理由



お勧めしない理由は、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスが詐欺だとかそういうことではありません。

最終的には有料のサービスへとなりますが、本当にお金を払うだけの価値があるのか疑問になる部分があります。


情報の真意の根拠が不明



まず、爆上げがほぼ確定のICOを紹介してくれるそうですが、なぜ爆上げするICOを紹介できるのか根拠が非常にあいまいです。


セールスレターには理由がいくつか書かれていますが、どれも具体性がありません。

例えば下記のものです。

cryptoauick03.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

大手ファンドってどこでしょうか?

アライアンスとは「同盟」とか「提携」という意味です。

もし、正式に提携しているのであれば、なぜ社名を隠す必要があるのでしょうか?

こういうのを問い合わせると、ほぼ「機密契約の為公開できない」と言ってきます。

となると、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスには名前も出せないようなものなのでしょうか?

Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスとしても、社名を出した方がメリットはあります。

でも、あえて名前を隠すということは…つまりそういうことですね。


もう一つ

cryptoauick04.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

国内外世界各国に多くのスポンサーがいるそうです。

では、そのスポンサーは?

なぜこれも隠すのでしょうか?

スポンサーってこのようなサイトで名前を出すことで宣伝効果が見込めます。

そういう宣伝効果を得るものがスポンサーなんですよね。


例えばプロスポーツ選手のユニフォームに会社の名前が書かれていますよね。

あれはお金を出す代わりに、TVに露出するように社名を掲載します。

それがスポンサーなんですよ。


でも、今回はそんなスポンサーの紹介が全くありません。

なぜ紹介をしないのでしょうか?



爆上げ確定しているICOなど存在しない



そもそもですが、爆上げが確定しているICOなど存在しません。

ですので、今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスでも、「ほぼ確定」と言葉を濁しています。

ほぼ確定ですので、完璧に確定しているわけではありません。


仮に爆上げしなかったとしても、「ほぼ」ですから確定するとは断言していませんよ。と言い逃げられる可能性が高いです。



結局は〇〇目的



今回のような情報提供サービスは、多くが稼がせることが目的ではなく、自分たちが稼ぐことが目的です。

そして、紹介するICOは、爆上げするICOではなく、紹介することでもらえる報酬が高いものがほとんどです。


つまり、ICOを紹介して紹介された人がICOに参加すれば、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは紹介者として報酬がもらえるということです。


そして、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは最終的には有料のサービスとなります。


これはセールスレターでもはっきりと書かれていますので、まだいい方ですね。

ちなみに、1か月間は無料ですが、それ以降は月額9800円となります。

1年間で約12万ですね。


12万もらって、さらに紹介者報酬までもらえるので、けっこうおいしいビジネスです。


ちなみに、9800円という会費ですが、多くの場合、より稼げる情報を提供するVIPプランに入りませんか?

VIPプランの会費は月3万円です。

というように、より高額なコースに勧誘されることが多いので気を付けましょう。



まとめ



稼げるICO情報を提供するので参加してください。

一見すると非常にありがたいサービスのように聞こえますが、本当にいいICO情報を提供してくれるのかは疑問です。

ただ、最新のICO情報を提供してくれるという点ではメリットもあると思います。


もし、ICOや仮想通貨で稼ぎたいと思うのであれば、そのICOに参加すべきかどうか?そして仮想通貨に投資すべきかどうかを判断するのは、自分自身でしましょう。

「誰かに稼げるから投資した」

こういうパターンが非常に多いですね。


でも、重要なことは、誰かに言われたからという他力本願的なものではなく、最終的に自分で「なぜいいのか?」ということを判断すべきです。

自分自身が知識を見つけていけば、このような有料サービスなど頼ることなく、自分自身で最新の情報を手に入れることができるようになります。


知識を身に着けると言っても、有料のセミナーや教材なんて買う必要はありません。

無料でも十分に知識を見つけられるサービスもあります。


例えば次に紹介する無料セミナーなんかはお勧めですね。

今なら1万円のリップルがもらえるキャンペーンなんかもやっています。


お勧めの無料セミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、メルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^



五十嵐 龍平 Crypto Masters(クリプトマスターズ)は問題あり!!

高見沢です。

今回は五十嵐 龍平さんの

Crypto Masters(クリプトマスターズ)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

募集ページによっては「ビットコイン無限増殖システム Infinity(インフィニティ)」という名前になっていますが、メアド登録をすると「Crypto Masters(クリプトマスターズ)」となります。


Crypto Masters(クリプトマスターズ)は、今までのオファーとは少し変わっており、自分たちでICOを立ち上げて稼ぐというものです。

ICOというのは、仮想通貨を使って新しい事業の資金調達をするものになります。

資金を提供してもらったお礼として、その事業で使用する仮想通貨がもらえるというものです。


そのICOを使った新しいオファーであるCrypto Masters(クリプトマスターズ)は、お勧めできるでしょうか?



Crypto Masters(クリプトマスターズ)はお勧めできるか?



結論として

お勧めできません。

その理由は

  • 価値のないICOではもう稼げない
  • 3億円稼ぐという落とし穴


という点です。


いろいろと調べていくうちに、わかってきたことがあります。

では、詳細を見ていきたいと思います。



Crypto Masters(クリプトマスターズ)の概要



無料オファー募集サイトがたくさんありますね。

サイト1

copmas01.png 
引用元:http://beavq.com/lp1/

サイト2

copmas02.png
引用元:http://beavq.com/lp2/

サイト3

copmas03.png
引用元:http://beavq.com/lp3/

サイト4

copmas04.png
引用元:http://beavq.com/lp4/

サイト5

copmas05.png
引用元:http://beavq.com/lp5/


copmas06.png
引用元:http://beavq.com/lp1/




Crypto Masters(クリプトマスターズ)の特徴



Crypto Masters(クリプトマスターズ)の特徴は

  • 完成された完璧なスキームに乗っかるだけで資産3億円以上を保証
  • 待っている間は何もすることがない
  • 10倍から30倍の利益確定
  • 日本を元気にしたい

というものです。

稼ぐ方法は具体的はまだ明かされていませんが、イメージとしては下記のような感じになります。

1.自分たちでICOを作る
2.WEBメディアで宣伝をする
3.取引所へ上場する


これを行うことで、初回発行価格で仮想通貨を手にすることができます。

そして、取引所に上場することで、初回発行価格の10倍~30倍になって稼げるというものです。

copmas09.png 
引用元:http://beavq.com/lp1/

ここに大きな落とし穴がありますので、参加してみたいと思う方は参考にしてみてください。


価値のないICOではもう稼げない



今後は価値のないICOは稼ぐことが難しくなります。

現在は明確に規制する法律はありませんが、政府の見解として日本で仮想通貨交換業者の登録をせず、ICOの営業・勧誘をすることは違法であるとしています。

実際にマカオを拠点とするブロックチェーンラボラトリーに対し、改正資金決済法に基づく警告が出されています。


また、6月にはG20で世界的にICOに対する規制が検討されるうわさがありますし、実際にICOを禁止している国も出てきています。

実際には3月のG20で規制されるといわれていましたが、3月のG20では見送りとなっています。



今回のCrypto Masters(クリプトマスターズ)では、事業を成功させるためにICOを行うことを目的とせず、結果的には自分たちが稼ぐためにICOを行おうとしています。

今後はそういうICOは厳しく規制されていくことはもう明らかですので、今回のスキームは成功するとは思えません。


もし、仮に規制にかからないICOであったとしても、必ずしもICOの時の価格に対して上場後の価格が高くなるとは断言できません。

確かに多くのICOでは、上場後に価格を上げていますが、一瞬でICOの価格を下回る価格となっています。


例えばトラベルフレックスというICO案件がありましが、今年2月に上場をしました。

トラベルフレックスのICO価格は1TRF=0.28ドルでしたが、現在は0.11ドルと半額以下に落ちています。

copmas07.png 

トラベルフレックスもICOの段階ではけっこういい評価を得ていたのですが、いい評価を得ていたICOでさえ、現実はこんなもんです。


上場すれば必ず価格が上がると誤解して多額の資金を投入したけど、結局大損してしまったというのは決して珍しいことではありません。


そもそも、ICOが必ずしも上場できるとも限りません。

上場しなければ、リアル通貨に換金することも既存の仮想通貨に交換することもできませんので、まさに「紙屑」でしかないということです。




3億円稼ぐという落とし穴



今回のCrypto Masters(クリプトマスターズ)では、3億円を保証するようなことが書かれています。

copmas08.png 
引用元:http://beavq.com/lp1/



しかし、セールスレターを読んでいくと、ICOで得られる利益は投資した金額の10倍から30倍とも書かれています。

copmas10.png 
引用元:http://beavq.com/lp1/

1件のICOだけで3億円を目指すとなると、仮に30倍になったとしても1000万円の投資が必要ということになります。


3億円を保証するというのは、それなりの金額を投資すれば保証しますよということですので、1万円の投資資金が3億円になるわけではありませんので気を付けてください。


そして、3億円保証自体も本当に保証されたものではありません。

特定商取引法の表示を見ると

本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

と書かれています。

特定商取引法の表示に書かれた内容は、セールスレターよりも優先されますので、仮に3億円稼げなかったとしても、特定商取引法の表示に効果を保証しないと書いてありますよねと言われてしまえばそれまでです。


そもそもセールスレターで保証しますと言っても、何の効力もありません。

保証するのであれば、契約や特定商取引法の表示に明確に明示されている必要があります。

例えば、医療保険に入って入院したときにその費用を保証しますよと言っても、契約書がなければ保証されることはありません。

当たり前ですよね。

だって、保証するという証拠がないですから。


このように、セールスレターに「3億円保証します」と書かれているからと言って、安易に信用してはいけないということです。



まとめ



コインチェックのNEM流出事件から始まった仮想通貨の大暴落。

ビットコインでは200万近くから一気に60万まで暴落し、現在は80万近くを推移しています。

しかし、4月16日あたりから徐々に回復傾向となる上昇がみられるようになってきました。


まだまだ多くの可能性を残しています。

もし、仮想通貨で稼ぎたいのであれば、今回のように「スキルや知識は不要です」というようなオファーに騙されてはダメです。

仮想通貨で稼ぐ方法は、自分自身の投資だけです。

そして投資するかどうかの判断は自分自身ということになります。


その為には、まずは自分が仮想通貨に詳しくなる必要があります。

正しい知識を身に着けて、周りの誘惑に惑わされることなく自分の判断で投資する。

これが今後の仮想通貨の稼ぎ方になります。


仮想通貨の知識を身に着けるなら下記の無料セミナーがお勧めです。

今なら1万円分のリップルがもらえるキャンペーンが実施されているようです。


無料のセミナー情報はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、メルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

Copyright © 元保育士によるアフィリエイト商材レビューと情報発信ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます