高見沢です(^^

今回は

バイナリーオプションとはどんな投資なのか?

というテーマで書いてみたいと思います。


アフィリエイトをお勧めしている

高見沢なのに、なぜバイナリーオプション?

と思われるかもしれませんが、

なぜこのような記事を書いたかは

下記を参照してくださいね(^^

参考:アフィリエイトを知るにはほかのネットビジネスも知るべし


では、準備はよろしでしょうか(^^



バイナリーオプションとは?


1746142cc09b7124b1440a716038fc9a_s.jpg 

バイナリーオプションは、

難しいと言われている投資を

だれでも気軽に?できるようにと

考えられた投資になります。


バイナリー=0と1で表現されるデータ(2進数)

オプション=オプション取引


つまり、上がるか下がるか2つの中から

答えを予想して選ぶ投資になります。


投資先は通貨になります。

ドル円の通貨ペアで説明すると、

現在の1ドルの価格が110円だったとします。

それが3分後には110円より

高くなると予想すればHithを選択し、

低くなると予想すればLowを選択します。


あなたがやることはHighからLowを選択するだけです。

あとは3分後の結果を見て、

予想が当たっていれば、

決められた利率で報酬がもらえ、

外れれば投資したお金がなくなる

ということです。



一昔前の投資と言えばFXが主流でしたが、

FXに比べると格段にシンプルな投資ですので、

初心者でも気軽に投資に取り組めるようになりました。



バイナリーオプションの投資先



バイナリーオプションの投資先ですが、

バイナリーオプションで検索すると、

ほとんどが外国通貨(例えば円とドルや円とユーロなど)

が主流です。

しかし、実際にはそれ以外にも

バイナリーオプションの投資先はあるんです。

主な投資先は

  • 外国通貨取引
  • 株式銘柄取引
  • 資源(金やオイルなど)


ですね。


従来は、外国通貨取引はFX,

株式銘柄取引は株式投資、

資源は先物取引と、

ジャンルによって分かれていましたが、

バイナリーオプションでは、

様々な投資取引ができるようになっています。


ただ、冒頭にも書きましたが、

バイナリーオプションの主流は外国通貨取引となっています。

その為、バイナリーオプションと言えば、

外貨通貨取引と言われています。



バイナリーオプションとFXの違い



よくある問い合わせで、

「バイナリーオプションとFXの違いはなんですか?」

というものがあります。


FXも外国通貨を使った投資ですので、

何が違うのかごちゃ混ぜになることがありますね。


確かにFXとバイナリーオプションは、

似ているように思われますが、

実際には全く異なるものです。


簡単に説明すると、

FXの場合は

・1ドル110円で100万円購入
・翌日、1ドル111円になっていたので、全て売却
・1ドル1円上がっているので、利益は1万円

という事になります。

つまり、FXでは買った時の値段より、

売った時の値段の方が高ければ、

その差額が利益になるということです。


※ここでは簡単に説明するため、

スプレッドは考慮していません。


差額が2円なら2万円、

3円なら3万円と、

差額が大きくなればなるほど、

利益が大きくなるということです。


それに対してバイナリーオプションは

・現在1ドル110円
・3分後に110円より上がると予想したので、
 1万円分のHighを購入
・3分後に111円となったので、
 決められた利率(1.8)で18000円バック
・購入分の1万円を差し引くと、
 利益は8千円

という事になります。

つまり、差額は関係なく高いか低いかの

予想が当たれば、決められた利率が

成果となるということです。

この場合、

利益は購入した1万円に対する

利率で決まりますので、

110円からの差額がどんなに大きくなっても、

利益は変わらないという点が特徴です。


簡単に比較すると、

FXはハイリターン・ハイリスク

バイナリーオプションはローリターン・ローリスク


という事になりますね(^^



バイナリーオプションのメリットとデメリット



では、バイナリーオプションのメリットとデメリットは

どんなものがあるのでしょうか?

まずはメリットから見ていきたいと思います。


  • 景気に影響を受けない
  • リスクが少ない
  • 短期間で結果が出る


景気に影響を受けない



FXの場合は、

買った時の値段より売るときの値段が高くなければ、

利益を得ることは出来ません。

しかし、バイナリーオプションの場合は、

値段が上がるときはもちろん、

下がる方向でも利益を出すことができます。

つまり、景気に左右されずに利益を出すことができます。




リスクが少ない



FXの場合、購入価格より売却価格の差額が

大きくなればなるほど、

損失額は大きくなります。


つまり、寝ている間に何かしらの

経済的な動きがあった場合(リーマンショックなどですね)

膨大な損失を受ける可能性があるということです。


それに対して、バイナリーオプションは、

どんなに価格に差が出ても、

損失は購入価格のみです。

1000円購入したなら、

損失も1000円だけということですね。



短期間で結果が出る



バイナリーオプションは、

現時点から何分後の結果を予想するのか、

ある程度選べますが、

長い方では2時間、短くて30秒というものがあります。

つまり、30秒でその結果がわかるということです。


仕事中のちょっとした休憩時間とか、

お昼休みにとか、

短時間で稼ぎたい人にとって見れば、

非常にやり易い投資ですね。



次にデメリットを見ていきましょう

  • ローリターンである


ローリターンである



メリットとしてリスクが少ないと書きましたが、

逆に考えると、デメリットにもなります。

例えば110円が120円になって予想が当たったとしても、

その差額は利益には一切関係なく、

掛け金に対する利率しか利益にならないということです。


1000円を掛け、利率が1.8倍だった場合、

110円が111円になった場合でも、

110円が120円になった場合でも、

利益は800円ということです。



つまり、大きく稼ぐためには、

大きな金額を掛ける必要があるということです。

また、大きな金額を掛けるということは、

負けたときはその金額そのものが損失になる

ということでもあります。



バイナリーオプションは海外業者がメイン



バイナリーオプションは、

その手軽さから、

国内でも爆発的に人気が出ました。

投資というより、

トランプゲームのハイローのように、

博打的な要素を含んでいるからです。


その為、バイナリーオプションで、

多額の損失を受ける人が続出し、

社会問題となりました。


そこで政府はバイナリーオプション業者に対し、

規制を掛けたのです。

その為、バイナリーオプションの面白さが、

一気になくなってしまいました。


しかし、規制は国内業者にしか効力がないので、

海外業者には規制は関係ありません。

そのことから、

現在は海外業者を使って取引をする人が多くなっています。


海外業者も日本語対応したり、

日本語でのサポートができるようにしたりと、

日本向けのサービスを充実させています。


現在最も人気のある業者は

ハイローオーストラリアという業者ですね。

いろいろ悪い噂を流す人もいます。

例えば、資金を持ち逃げするとかですね。

でも、そういわれてからもう数年経ちますが、

そんな気配はありませんので、

安心できると思います。



まとめ



バイナリーオプションとはどんなものか、

概要は理解していただけたでしょうか?

バイナリーオプションは手軽にできる

投資ではありますが、

投資であることには変わりません。


  • 投資する予算が必要になる
  • 負ければ予算はなくなる


というリスクがあるということだけは

忘れないようにしましょう。

また、ギャンブルでもないので、

それなりの知識を持って

取り組む必要があります。


知識の範囲も広く、

チャートの見方から始まり、

通貨取引の基本や、

市場経済のことも勉強する必要があります。


「バイナリーオプションは

 手軽に取り組める」

とは言われていますが、

「稼ぐ」

という視点で見れば、

それなりの知識を身に着ける必要があり、

とても初心者には太刀打ちできるものではない

ということです。



そういう視点からでも、

私はアフィリエイトをお勧めしています。


アフィリエイトなら、

大きな投資もリスクもありません。

もちろん知識も必要ですが、

投資に比べると、

はるかにハードルは低いです。


もしよかったら下記の記事などを参考にしてみてください

参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法とは?


参考:アフィリエイト超入門講座



もしわからないことなどありましたら、

遠慮くなく問い合わせてください。

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^