高見沢です。

今回は北野正さんの

TEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介するさんのTEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)は利権収入で稼ぐというものです。

利権収入というのは簡単に説明すると「すでに決められている収入」です。

もっと簡単に説明すると、保育園は3時になるとおやつが出ます。

これは、なにか労働(お手伝い)をしたからもらえるというものではなく、保育園にいる限り必ずおやつがもらえます。

これが「利権」です。

今回のTEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)はその利権で稼ぐというものですね。

しかもその利権収入が年間30万からもらえ、さらになんと生涯平均年収2億円を確実に保証するというとんでもない利権収入の案件です。

本当ならとんでもない案件ですが、本当に信用できるでしょうか?



TEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)はお勧めできるか?



結論としては

お勧めできません。

その理由は

  • 利権収入の根拠がない
  • 信用性が全くない


という点です。


TEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)の概要



thelegend01.png 
引用元:http://the-legend-japan.com/mv/hgvajhklsosy1/




TEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)をお勧めできない理由とは?



では、TEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)がお勧めできない理由を紹介します。


利権収入の根拠がない



利権収入ですが、はっきり言ってしまえば何もしないで利権収入が発生することはありません。

冒頭で説明に使った保育園のおやつの例ですが、これは保育園に行っている限りおやつをもらえると書きましたが、何もせずにおやつをもらっている訳ではありません。

すくなくとも「保育園に通う」ということが最低限必要です。

そして、行政によりますが保育料を支払わないと保育園に通えません。

また、保育園に入るためにも親御さんの条件が必要になります。


つまり、そういう条件をすべて満たしているからこそ、おやつをもらえるわけです。


例えばあまりうまくないかもしれませんね。。。



利権収入の例として「印税収入」があります。

例えば本を書いて出版したとか、作曲してCDを発売した場合、売れた金額に応じて印税が入りますね。

これも利権なんです。


もちろんCDを売るために地方回りをしたり努力はしますが、CDの販売のほとんどは店舗やネットです。

本人がなにか特別なことをする訳ではありません。

特に小説家はミュージシャンのようにライブ活動をしたりしませんよね。

テレビに出演することもほとんどありません。


言い方が悪いかもしれませんが、極端な話し、小説を書くだけです。

でも、その小説が爆発的に売れれば何億という印税が手に入ります。

それこそが利権収入なんです。


「ロード」という曲がずいぶん前にヒットしましたが、その曲を作ったミュージシャンはいまだに膨大な印税が入ります。

これも利権収入のメリットですね。



でも、これらすべて何もしないで利権収入が入るようになったわけではありません。

小説家も地道な執筆活動があってこそ利権収入が入るようになります。

ミュージシャンも無名時代の苦労を重ねてヒット曲が生まれて初めて利権収入が発生します。


不動産投資の利益も利権収入です。

不動産投資も、結局は投資する膨大が資金があってこそ利権収入を手に入れることができるわけです。



では、今回のTEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)はどうでしょうか?

「資産家一族の特権をこっそり横取りする」

「ポチっと押して現金をピンハネ!!」


うーん、まったく意味が分かりません。


ピンハネとか横取りってはっきり言って犯罪ですよ。

窃盗罪です。


繰り返しますが、利権収入というものは、なにかしら担保することで発生するものです。

ポチっと押しただけで利権収入が発生することはあり得ません。


実際に過去にこの手の「利権収入」を売りにした案件はたくさんありました。

でも、実際に利権収入を手に入れたという話は聞いたことがありません。


ニュースでも話題になったりしていますよね。

ポチっと押しただけで利権収入が発生することはありませんので気を付けましょう。



信用性が全くない



今回のTEAM THE LEGEND(チーム ザ レジェンド)を打ち出した北野正さん。

実か過去にも似たような案件を出しており、大炎上したことがあります。


コミュニティーに参加することで稼げるという内容で、当初は2万円位の参加費で募集をしていました。

そのくらいの金額なら何とか払えると大勢の方が参加したのですが、その後なんだかんだ言って何十万という費用を払わないとダメということになり、中には何十万という費用を払った人もいますが、残念ながらそういう人も稼げた事実は聞いたことがありません。


最初は比較的手を出しやすい金額で参加させ、その後高額な金額のコースに参加させるというのは、よくあるパターンです。

最初にお金を払ってしまうと、もう後には引くことができず、高額な金額を払ってしまうという心理を突いたものですね。


その仕組み自体は決して詐欺的なものではありません。

これはアプリの課金制度と同じです。

最初は無料でゲームを楽しめますが、さらに強力な武器を手に入れたり、先の面に進むためには課金する必要が出てきますよね。

でも、課金することでさらにゲームを楽しめるようになりますので、課金したユーザーにメリットがあるので決して「悪」ではありません。


でも、高額な参加費を支払ったにもかかわらず、メリットが何もなければ詐欺でしかありません。

今回もその可能性があります。

気を付けましょう。


まとめ



何もしないで稼げるというものは残念ながら存在しません。

でも、サラリーマンのように「時間を引き換えに報酬をもらう」という仕組み以外にも稼ぐ方法はあります。


これは「労働時間=報酬」という概念しか持っていない人には信じられないかもしれませんが、ネットビジネスの世界ではそれ以外の報酬を発生させることができるんです。


詳しくは私のメルマガで紹介していますので、よかったらメルマガ登録してみてください。

完全無料ですので、ご安心ください。


参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^