高見沢です。

今回は加藤さとしさんの

世界一かんたんな輸入転売

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介する加藤さとしさんの世界一かんたんな輸入転売は、その名の通り輸入転売で稼ぐというものです。

輸入転売というのは、簡単に説明すると海外から安く仕入れて国内で高く売るというとてもシンプルなビジネスですね。

例えば100均ショップで売っている商品ですが、その多くが海外(主に中国)から輸入されているモノです。

一部ショップ企業のオリジナル商品もありますが、多くの商品はバイヤーが海外市場から仕入れてきます。

つまり100均で売られている商品は海外でも売られているということです。

注目すべきはその価格です。

日本では100円+税で売られていますが、中国では同じ商品がなんと数十円で売られていることがあります。

ということは、中国で数十円で仕入れて日本で数百円で売ればその差額が利益となるのです。

このように海外で安く仕入れて国内で高く売るというのが輸入転売ビジネスです。


100均ショップもいいかえれば輸入転売ビジネスとも言えますね。


では、今回の世界一かんたんな輸入転売はお勧めできるモノでしょうか?



世界一かんたんな輸入転売はお勧めできるか?



結論として、

積極的にはお勧めできません。

その理由は

  • 輸入転売で一番重要な部分がブラックボックス化されている
  • 輸入転売にはリスクがある


という点です。


世界一かんたんな輸入転売をお勧めできない理由とは?



では、世界一かんたんな輸入転売がお勧めできない理由を紹介します。



輸入転売で一番重要な部分がブラックボックス化されている



今回の世界一かんたんな輸入転売では「価格競争もリサーチも不要」というのが売りとなっています。

確かに輸入転売ビジネスは稼げる商品となるとライバルが多く参入してきます。

商品で差別化できない輸入品となると、差別化できるのは価格のみとなります。

つまり、他のショップより安く販売するということです。

そうなると原価ギリギリまで価格が下げ始める価格競争が始まります。

価格競争となると、大量に安く仕入れられる資金力のあるショップには個人では到底太刀打ちできなくなってしまいます。


そこで、ライバルが少なく利益率の良い商品を探し出すリサーチが重要となってきます。

そのリサーチ力が輸入転売では非常に重要なポイントとなります。

しかし、リサーチと言っても非常に手間がかかりますし、慣れないと思うようにいい商品を見つけ出すのは難しいです。

初心者にとってそのリサーチが最大の難関となります。

ですので、今回の世界一かんたんな輸入転売のようにリサーチ不要となると非常に魅力を感じてしまうのです。


ですが、そこが大きな落とし穴となるのです。

リサーチを他力本願的にしてしまうと、結局自分の力で商品を探し出すノウハウが付きません。

他力本願的に稼ぐということは、今回は加藤さとしさんに完全に依存することになりますので、加藤さんが「今後商品のリストが欲しい人は100万円出してください」と言われれば当然従うしかありません。

さらに「来月からはリスト配布は停止します」と言われてしまえばそれで終わりです。


加藤さとしさんに完全依存している以上、その依存関係が切れてしまえば今まで得ていたら利益がすべてゼロになるということです。


と言っても、本当に稼げる商品リストが手に入ればの話ですね。

もし今回の世界一かんたんな輸入転売に参加する人が300人いれば、ライバルが300人いるということです。

300人もいれば当然商品が被る可能性も高くなりますので、そうなると結局は価格競争に巻き込まれてしまいます。


価格競争にならない手法として、オリジナル商品にしてしまう手法があります。

つまり、同じ商品であってもあなたのブランド名を印刷してもらうだけでオリジナル商品にすることができます。

これも輸入転売ビジネスではよく行われる手法です。

中国にはそういうオリジナルブランドを専門に行っている業者もいますので、意外と簡単にオリジナルブランドは作れてしまいます。



ですが、今回のようにリストが共有された場合、たとえオリジナルブランドの商品が作れたとしても、結局ブランドが違うだけで同じ商品がいくつも売られるようになります。

違いがブランドだけとなると、結局はブランド間の価格競争となるわけです。


つまり、価格競争がないというのはあくまで理論的にであり、実際にはどんな形であれ価格競争は避けられません。

その為には常に新しい商品をリサーチするノウハウが必要になるということです。


輸入転売にはリスクがある



輸入転売には大きなリスクがあります。

それは「品質」です。

例えばオリジナルブランで商品を転売する場合、もしその商品の品質が悪ければ口コミに「この商品は最悪です」と書かれてしまいます。

悪い口コミが広まれば当然商品は売れなくなります。

そしてオリジナルブランドともなれば、ブランドそのものの評判も悪くなり、他の商品も連鎖して売れなくなるというリスクが高くなります。


転売先はアマゾンやメルカリになりますが、不良品は返品することができますので、売れたと喜んでいたら大量の返品に悩まされることになります。

ちなみに、返品されたからと言って、あなたが輸入元に返品するのはほぼ不可能です。

つまり、返品されたものや売れ残ったものはすべて赤字となります。



まとめ



輸入転売は他力本願的に稼げるものではなく、さらにしっかりとリスクを考えてビジネスに取り組む必要があります。

常に新しい商品を見つけ出すリサーチや、新しい仕入れ先や輸入ルートの開拓、在庫の管理など意外とやることは盛沢山です。

輸入ビジネスは確かに稼げます。

年間で億単位で稼いで切る人もいます。

ただし、そういう成功した人は口を揃えてこう言いますね

「輸入ビジネスで成功したいなら独立する必要がある」

つまり、副業で飲み会1回分くらい稼ぐならいいのですが、がっつりと稼ぐとなるととても仕事をしながら片手間では取り組めないということです。


これって実際にやってみないとわからないことなんですよね。

でも、起業家としてのスキルを身に着けておけば、このようなリスクも事前に想定することもできます。

また、リスクを回避して稼ぐことも十分可能です。

少なくとも輸入転売ビジネス自体は正しく取り組めば稼げるだけのポテンシャルは持っています。

まずは無料のサイトでもいいので、しっかりと知識を身に着けてから取り組むのがポイントですね。


起業家としてのスキルを身に着けるなら下記で紹介する無料Webセミナーがお勧めですね。

いまなら現金1万円か1万円分のリップルが必ずもらえるキャンペーンを実施していますので、初期投資資金にはちょうど良いかもしれませんね。

初期投資資金にはちょうど良いかもしれませんね。

お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^