お勧めしない商材のカテゴリ記事一覧

ネットビジネスで独立に成功した元保育士の高見沢が、アフィリエイト商材を本音でレビューします。

カテゴリ:お勧めしない商材

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回はCPR運営事務局さんの CPR クリプトプロダクト についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回紹介するCPRクリプトプロダクトは、これから価値の上がる仮想通貨銘柄情報や、今後が期待できるICO情報を配信してくれるサービスです。 これから仮想通貨を始めようとする人や、ICOに挑戦してみたい人にとって重要になるのが、「いかに正確で新しい情報を手に入れられるか」がポイントになります。 ...

    記事を読む

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回は DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン) についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回紹介するDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)は、ICO案件になります。 今年に入り半年が過ぎましたが、その間になんど2018年度最大のICOが登場したことでしょうか。 今回も2018年度最初で最後の超大型革命的プロジェクトだそうです。 はい、最初で最後のICOが登場してくるのは何度目ですかね。 ...

    記事を読む

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回は 麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁) についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回紹介する麦わらコイナーは仮想通貨を使って稼ぐというものです。 ただし、具体的になにをして稼ぐのかはセールスレターからはわかりませんが、最終的には最終的には「仮想通貨ICOサロン‐暁‐」という案内に代わります。 これは、簡単に言うと稼げるICO案件を紹介するというものです。 2017年までは、...

    記事を読む

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回は Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービス についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、登録することで最新のICOの情報を提供してくれるというものです。 ICOとは、仮想通貨を使って資金を調達するクラウドファンディングの一種ですね。 これから新しく始める事業に対して投資をしてもらい、そのお礼として新しい仮想通貨...

    記事を読む

  • お勧めしない商材

    高見沢です。 今回は鏡 俊介さんの MILLION LINER PROJECT(ミリオンライナープロジェクト)CODE183 についてお勧めできるかレビューしたいと思います。 今回のミリオンライナープロジェクトは、仮想通貨を使って稼ぐというものです。 具体的な手法はまだ公開されていません。 仮想通貨は2017年にはビットコインが240万というとんでもない金額になり、たくさんの人が億単位で稼ぐことができました。 そして2018年はさらな...

    記事を読む

CPR クリプトプロダクト がお勧めできない理由とは?

高見沢です。

今回はCPR運営事務局さんの

CPR クリプトプロダクト

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介するCPRクリプトプロダクトは、これから価値の上がる仮想通貨銘柄情報や、今後が期待できるICO情報を配信してくれるサービスです。

これから仮想通貨を始めようとする人や、ICOに挑戦してみたい人にとって重要になるのが、「いかに正確で新しい情報を手に入れられるか」がポイントになります。

ですが、初心者の方にとってそういう情報元を見つけ出すことは非常に困難です。

なぜなら、ネット上には仮想通貨に関する情報が大量にありふれており、その中にはあなたを騙そうとしている人や、かなり古い情報までたくさんあるからです。


大量の情報の中から正しい情報を見分けていく為には、それなりの知識が必要になります。


そして今回のCPRクリプトプロダクトは「仮想通貨投資の一歩先へ」というキャッチコピーで、アメリカで設立された仮想通貨で儲けるためだけに有益な情報だけを配信するサービスです。

この度、イスラエルと日本のチームが合流し、日本に初めて導入されることが決まり、その記念として通常月額1000ドルの会費が必要なところ、なんと無料で参加できるキャンペーンを行うそうです。


もし本当なら素晴らしいサービスですが、はたしてお勧めできるでしょうか?



CPR クリプトプロダクトはお勧めできるか?



結論としては、

お勧めできません。

その理由は

  • 信頼できる情報の根拠
  • 無料の落とし穴


という点です。


CPR クリプトプロダクトの概要



cryptproj01.png 
引用元:http://crypt-product.com/lp/

cryptproj02.png 
引用元:http://crypt-product.com/lp/



CPR クリプトプロダクトをお勧めできない理由とは?



では、CPR クリプトプロダクトがお勧めできない理由を紹介します。



信頼できる情報の根拠



CPR クリプトプロダクトはこれから価値が上がるであろう仮想通貨の銘柄や、ICO情報を発信してくれるサービスです。

この手の情報発信サービスはたくさんありますが、重要なことは発信される情報の信頼性です。


  • その情報はどこからもたらされたものか?
  • なぜその情報が正しいといえる根拠
  • 過去の実績


これらが重要になります。

では、CPR クリプトプロダクトはどうでしょうか?

セールスページを読んでみてもこの重要点についての根拠は一切書かれていませんでした。

月会費1000ドルも必要なサービスであれば、すくなくともそういう根拠は書くべきです。


また、CPR クリプトプロダクトの運営者である「CPR運営事務局」ですが、特定商取引法の表示の住所を調べてみると、下記のような建物でした。

cryptproj03.png
引用元:GoogleMap

稼げる情報を配信しているなら、事務局もそれなりに稼いでいるはずなのに、事務局がこの建物ってどういうことでしょうか?

どう見ても事務局って建物ではないですよね。

建物だけで判断するのもよくありませんが、少なくとも信頼性という意味では私は到底信頼できませんね。

また、特定商取引法の表示には義務付けられている電話番号の表記もありません。

事務局とかっこよい言い方をしていますが、事務局としてまったく機能を果たしていません。



無料の落とし穴



CPR クリプトプロダクトは本来は月会費1000ドル(約10万円)が必要になりますが、今回は日本初リリース記念として無料で参加できるそうです。

通常は最終的には高額な参加費が必要になることが多いのですが、今回のような情報発信サービスは本当に無料である事が多いです。

今回も無料で参加できる可能性があります。


では、なぜ無料で参加できるのでしょうか?

リリース記念だから?

違います。

はっきり言ってしまえば、月会費1000ドルというものは存在しないでしょう。

ではなぜ無料なのかというと、今後紹介される無料オファーにあなたが参加することで、今回のバックにいる人物が儲かるからです。

簡単に言うと、CPR クリプトプロダクトで紹介される無料オファーなどに登録するか最終的にお金を払って参加することで、紹介者に報酬が支払われます。

その金額は1件につき1万以上とかなり高額な報酬となります。


そして紹介される無料オファーは到底稼げるようなものではありませんので、つまりはCPR クリプトプロダクトのバックにいる人物だけが稼げるという図式になります。

到底稼げるようなものではないという証拠に、セールスページにはしっかりと布石となり文章が書かれています。

cryptproj04.png
引用元:http://crypt-product.com/lp/

cryptproj05.png
引用元:http://crypt-product.com/lp/

cryptproj06.png 
引用元:http://crypt-product.com/lp/

まあ「絶対に稼げます」としか書いていないようなオファーに比べれば良心的と言えば良心的ですが、

「これだけ褒賞しないって書いたんだから、稼げなくても文句を言うなよ」

ということです。



まとめ



冒頭にも書きましたが、仮想通貨やICOで稼ぐためには「いかに正しく新しい情報を手に入れるか」が重要になります。

しかし、最終的にどの情報を信頼するかは「自分自身」になります。

「あの人が稼げるといったから」とか「あの人が大丈夫と言ったから」ということだけで大切なお金を仮想通貨に投資するのではなく、きちんと自分自身で「なぜこの仮想通貨がいいのか?」ということをしっかりと判断する必要があります。


その為にはあなた自身が仮想通貨の知識を持っている必要があります。

と言っても、専門家のような知識が必要なわけではありません。

そもそも仮想通貨ってどんなものかとか、そういう本当に基本的な知識があればいいんです。

そして、このネットビジネスの世界の知識もあれば、今回のCPR クリプトプロダクトが配信する情報がいかに詐欺的なモノかどうかも判断することもできます。


そして、それが判断できるようになるということは、稼ぐために必要なことも理解できるということですので、自分自身がネットビジネスで稼いでいくこともできるようになるということです。


つまり、悪質な情報に騙されないためにも、自分自身の力で稼ぐためには最低限の知識が必要だということですね。


通常仮想通貨の知識とネットビジネスの知識を同時に学ぶのは結構大変ですが、下記で紹介する無料Webセミナーでは、その両方を効率よく学ぶことができます。

今なら現金1万円か1万円分のリップルが全員がもらえるキャンペーンを実施しています。

お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

DragonveinCOIN ( ドラゴンヴェインコイン )が危険な理由とは?

高見沢です。

今回は

DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介するDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)は、ICO案件になります。

今年に入り半年が過ぎましたが、その間になんど2018年度最大のICOが登場したことでしょうか。

今回も2018年度最初で最後の超大型革命的プロジェクトだそうです。

はい、最初で最後のICOが登場してくるのは何度目ですかね。


今回のDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)の特徴は、5G×ブロックチェーン×VRを世界で初めて融合した革命的プロジェクトという点です。

5Gというのは、携帯電話の次世代規格のことですね。

現在主流なのは4Gと呼ばれるものですが、これからは5Gが主流となってきます。


ブロックチェーンは仮想通貨の基幹となる技術のことです。

そしてVRは「バーチャルリアリティ」のことです。

今回はその3つが融合された革新的プロジェクトとのことですが、具体的に何が革新的なのかは不明です。

そしてもう一つ大きな特徴として、10億人の顧客を抱えるといわれている中国最大の通信企業「チャイナモバイル」と提携しているという点です。


ICOの9割が詐欺だといわれていますが、今回のDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)は残りの1割となれるものでしょうか?



DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)はお勧めできるか?



結論としてはお勧めできません。

その理由は

  • ICOをする理由がない
  • ICOとして形ができていない
  • 突然中止する可能性がある
  • セールスレターに誇張がある


という点です。

では、詳細を見ていきたいと思います。


DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)の概要



doragonv01.png 
引用元:http://dv-ico.com/lp3/

doragonv02.png 
引用元:http://dv-ico.com/lp3/

一応英語で特定商取引法の表示がありましたが、詳細な連絡先がありませんので特定商取引法の表示とし意味をなしていません。

少なくとも日本でセールスを正式に行うのであれば、日本の法律に従って表記すべきですが、それができていないということはかなり危険です。



DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)をお勧めできない理由とは?



では、DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)がお勧めできない理由を紹介します。


ICOをする理由がない


ICOは仮想通貨を使った資金調達の手法です。

新しくサービスや事業を行う場合は、膨大な資金が必要になります。

通常は株式や投資家によって資金を調達しますが、いろんな制約がなり簡単には行えません。

そこで考えられたのがICOです。

ICOであれば法的な規制を受けることなく資金調達することができますので、新たな資金調達方法として注目を集めています。

また、資金を提供する側としても、その仮想通貨が上場後に価値を何倍にも上がることで、投資資金を何十倍何百倍と増やすことできるということで、投資家側にも非常に人気となっています。


では、今回のDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)ではどこが問題なのでしょうか?

セールスレターを読んでみると下記のように書かれています。

  • すでにハードが完成している


先ほども書きましたがICOの目的は新しいビジネスを開発するための資金調達です。

すでに、ハードが完成しているなら資金調達する必要はありませんよね。

ということは、ICOを実施する意味がないということです。

資金調達する必要がないのに、ICOを実施するということは、その集めたお金はどうするのでしょうか?


ICOに詳しくない人にとっては、すでに仕組みが出来上がっているなら安心だという心理を逆手に取った悪質な手法である可能性が高いです。



ICOとして形ができていない



先ほども書きましたが、ICOは資金調達のための手段です。

資金を集めるのであれば、自分たちはどんな技術を持っていて、これからどんなことを実現しようとしているのか、集めた資金はどのように使うのかなどを詳しく投資家に説明する必要があります。

その説明の手段としてホワイトペーパーと呼ばれる資料が使われます。


では、DragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)はどうでしょうか?

セールスレターでは具体的にどのようなことをしようとしているのかは全く書かれていません。

当然ホワイトペーパーは存在していません。

さらに「情報公開の制限もありますので全ての情報をこちらのページに記載することができません。」などという意味不明なことまで書かれています。

これから投資家に資金を提供してもらおうというのに、情報を記載できないって意味不明です。

そもそも7月に上場が決定しているような案件であれば、いまさら情報公開を制限する意味が分かりません。


これは、情報を記載できないのではなく、記載するような情報がないという危険性があります。



突然中止する可能性がある



英語なので誰も読まないと思いますが「Terms of Use」というリンク先にはいろんな規約が書かれています。

その規約を読んでみると、とんでもないことが書かれています。

例えば下記の一文

4.1. These Terms and your use of the Website and Services shall be governed by and construed in accordance with British Virgin Islands Law. Any dispute arising in connection with these Terms or your use of the Website or Services will be resolved exclusively in the courts of British Virgin Islands. Nothing in these Terms shall be deemed to affect your statutory rights under British Virgin Islands law.

これは、簡単に言うと「本規約または本ウェブサイトまたはサービスの使用に関連して生じる紛争は、英領ヴァージン諸島の裁判所でのみ解決されます」ということです。

つまり、何かあって裁判を起こすなら日本の法律と裁判所ではなく、ヴァージン諸島の法律と裁判所で争ってくださいということです。

はっきり言って日本の個人ではそんなことはできません。


次にこの一文

16.1. We may suspend or terminate your access to the Services in our sole discretion, immediately and without prior notice, and delete or deactivate your Wallet and all related information and files in such without cost to you, including, for instance, in the event that you breach any term of these Terms. In the event of termination, your access to funds will depend on your access to your backup of your Wallet data including your wallet Address and Private Key.

これは「予告なしにサービスを辞めることができますよ」ということが書かれています。

要は何かあったらあなたの了解なしにDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)は中止できますよということです。


こんなあり得ない規約ですが、なんとメアドを登録したらこの規約に同意したことになります。

詐欺だと訴えたくても日本では訴えることができません。

そもそも、こんな重要な規約を日本向けのセールスであるにもかかわらず英語でしか提示していないという時点で、騙す気満々だということです。



セールスレターに誇張がある



セールスレターを読んでいると誇張表現があちこちで見られました。

例えばチャイナモバイルのユーザー数は10億人と書かれていますが、2017年度末では6億5千万人です。

さすがにユーザー数を盛りすぎです。

仮に10億人だとしても、それはあくまで携帯電話のユーザー数です。

ユーザー数=マーケット市場ではありません。

そもそもあくまで「提携」ですし、チャイナモバイルが5Gを商業化するのは2020年と言われていますので、すぐに実用化されるわけではありません。



また「世界中の投資家から注目を集める超大型ICOが日本を皮切りに世界でのマーケティングをスタートします」と書かれていますが、7月には上場するのにどうやって世界中でマーケティング(ICO)をするのでしょうか?

どう見ても日本だけをターゲットにしているとしか思えません。

ユーザーはチャイナモバイルの中国人ユーザーをターゲットにしているのに、日本だけでしかICOを行わないというのも明らかに不自然です。



まとめ



通常のICOであれば、専用のサイトを設置し、そこに特徴や組織メンバー、ホワイトペーパーの掲載を行っていくのが一般的です。

ですが、今回のDragonveinCOIN(ドラゴンヴェインコイン)では、いわゆる「無料オファー戦略」を使っています。

メアドを登録させて、動画やサイトなどで情報を小出ししていき、期待感を煽るだけ煽って最後にセールスをする。

もし本当に世界の投資家から注目を集める超大型ICOであれば、そんな手法など取る必要なく、通常のICOの手法で十分資金調達できるはずです。

でも、世界で注目を集めていると言っても、ICO案件の格付けをしている複数のサイトを見てみてもどこにも掲載されていませんし、そもそも英語のサイトすら存在しません。


私なら間違いなく参加しません。


でも、ICOに詳しくない人にとって見れば、なんかすごそうなICOに見えてきてしまうんですよね。

でも、仮想通貨の知識を持っている人が見れば、一目で怪しいと判断できます。

つまり、この手の詐欺的なICOに騙されずに、確かなICOに参加したり、仮想通貨で稼ぐためには、最低限の仮想通貨に関する知識を身に着けておく必要があります。


知識を身に着けると言っても、高額なセミナーに参加したり、高額塾に高いお金を払う必要はありません。

無料でも十分に知識を身に着けることもできます。

例えば下記の無料Webセミナーですね。

今なら現金1万円か1万円分のリップルがもらえるキャンペーンも実施しています。

お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)は参加する価値があるか?

高見沢です。

今回は

麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


今回紹介する麦わらコイナーは仮想通貨を使って稼ぐというものです。

ただし、具体的になにをして稼ぐのかはセールスレターからはわかりませんが、最終的には最終的には「仮想通貨ICOサロン‐暁‐」という案内に代わります。

これは、簡単に言うと稼げるICO案件を紹介するというものです。


2017年までは、仮想通貨を持っているだけで稼げるといわれるくらい、仮想通貨で稼ぐことができました。

しかし、ある程度有名な仮想通貨の価格が頭打ちになってくると、今までのように稼ぐことができなくなってきました。

その為、大きく稼げるということでICOの人気が上がってきました。

ICOなら数円から数十円で仮想通貨を買うことができ、そのICOが上場することで何十倍何百倍と価値が上がれば、一瞬にして莫大な利益を得ることができるからです。


しかし、そんな夢のようなICOですが、ICOのうち90%が詐欺だといわれるように、多くの詐欺的なICOが氾濫し、多くの人が騙されてしまうことになります。


その為ICOで稼ぐためには、いかに早くそして正しい情報が手に入るかが重要になってきます。

今回の麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)はそんなICO情報を提供してくれるというものです。

では、麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)はお勧めできるでしょうか?




麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)はお勧めできるか?



結論としては

お勧めできません。

その理由は

  • 稼げるのは情報提供者だけ


という点です。


では、詳細を紹介したいと思います。




麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)の概要



ランディングページは複数ありました。

ランディングページとは、一番最初に表示されるサイトのことですね。


mugiwaracoiner01.png
引用元:http://mugiwara-coiner.xyz/lp/2/himitsu/

mugiwaracoiner02.png
引用元:http://icosalon-akatsuki.xyz/lp/1/

mugiwaracoiner03.png 
引用元:http://icosalon-akatsuki.xyz/lp/2/

mugiwaracoiner04.png
引用元:http://mugiwara-coiner.xyz/lp/2/himitsu/


特定商取引法の表示に連絡先が一切書かれていません。

何かあった時に連絡が取れなくなる可能性があります。





麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)の特徴



  • 拘束時間はわずか17分
  • 仮想通貨と4つの遊戯をするだけ
  • 毎月9桁の不労所得が自然発生する


というキャッチコピーです。

他のランディングページでは

  • 29万8千円で販売予定だったサロンを無料開放
  • やるのは3ステップだけ
  • あなたの1万円を5000倍に増やしませんか?


というキャッチコピーも見られました。


いろいろ書かれていますが、最終的にはICO情報を提供するサロンの案内となります。

サロンに参加(実際にはLINEに登録)することで、稼げるICO情報が提供されるというものです。


重要なことは、本当に稼げるICO案件を紹介してくれるかどうかです。



麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)をお勧めできない理由とは?



では、麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)がお勧めできない理由を紹介します。



稼げるのは情報提供者だけ



まず、この手のICO情報を教えますというものは、まず役に立たないと思ってください。

なぜなら、提供される情報はいろんな人が紹介している詐欺的なオファーばかりだからです。

実際に今回の麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)から紹介されたのは、私のブログでも紹介しているような案件ばかりでした。


では、なぜそんな案件を紹介するのでしょうか?

それは、案件を紹介して紹介された人がその案件に参加すると、紹介者は報酬をもらうことができます。

つまり、今回の麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)は紹介報酬目的です。


紹介する案件はほとんど稼ぐことができないものばかりですので、実際に稼げるのは紹介する側だけということです。


最近はこの手のオファーが非常に多くなってきましたね。

ICO案件って、初心者の方はなかなか手に入らないのが現実なんです。

だからこの手のオファーに登録すれば、ICO案件を紹介してくれるんだと期待してしまいます。


実際に麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)に対してお金を払うことはないでしょう。

そして、紹介する案件がいかに優れているのかということを何度も何度も聞かされてしまうと、本当に稼げるんだと勘違いをしてしまいます。

そして、最終的には高額なお金を払ってしまうのです。


で、結局かせげるのは麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)の主催者と、紹介した案件の主催者だけで、お金を払った人だけが騙されるという仕組みです。




これはオプトインアフィリエイトと呼ばれるものですが、オプトインアフィリエイト自体が怪しい訳ではありません。

オプトインアフィリエイトは正当なアフィリエイト手法です。

今回のような麦わらコイナー(仮想通貨ICOサロン 暁)はそういう正当なアフィリエイトを悪い方向で使っているということです。


これはアフィリエイトに限らず、流行りものには必ず悪用する人が出てくるのと同じです。



まとめ



ICOで稼ぐためには、最新の正しい情報を手に入れることが重要なのは間違いありません。

でも、冒頭でも紹介しましたが、ICOのほとんどは詐欺的なものです。

その為、詐欺的なモノかどうかを見分ける力が必要になります。


見分ける力といっても、専門家のような知識が必要という訳ではありません。

最低限の仮想通貨に対する知識と、なぜICOがあるのかという本質的な部分が理解できるだけで、かなりの詐欺的なICOを見分けることができるでしょう。


ICOで騙される人の多くは、他人が良いといったからとか、稼げると書いてあったからとか、自分で考えることをせずに他力本願的に取り組もうとする人です。


自分で最低限の知識を身に着け、自分自身で考えて判断できるようになれば、ICOでも稼ぐことができるでしょう。

もちろん、ICOだけでなく仮想通貨でも稼ぐことができますし、本質を見るという部分はネットビジネスで稼ぐ部分にもつながっていきます。


ただ、知識を身に着けるといっても、どうやって身に着けていけばいいのかわからないというのが現実ではないでしょうか?

で、結局高額塾や高額なセミナーに騙されてしまうのがオチなんです。


はっきり言って、そんな高額なお金を出さなくても知識は身に着けることができます。

例えば下記で紹介する無料Webセミナーなんかが有名ですね。


そういうもので知識を身に着けることが、稼ぐための最短ルートです。


お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるか?

高見沢です。

今回は

Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービス

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、登録することで最新のICOの情報を提供してくれるというものです。


ICOとは、仮想通貨を使って資金を調達するクラウドファンディングの一種ですね。

これから新しく始める事業に対して投資をしてもらい、そのお礼として新しい仮想通貨(トークン)がもらえます。

もらった仮想通貨はまだ取引所で現金にすることができませんので、まったく価値はありません。


しかし、事業の立ち上げに成功し、仮想通貨が取引所に上場することで現金化することができます。

その時に、ICOの時に投資した金額より価値が上がっていれば、その分利益になるということですね。


例えば、ICOの時の価格が3円だったものが、上場後に3000円になったとします。

1000倍の価値になったということですね。


もし、その仮想通貨を10万円分買ったとしたら、なんと1億円となります。

いわゆる億り人ですね。


その為、今ICOが非常に人気となってきています。


ただ、問題なのがほとんどのICOが詐欺だということです。

資金だけ調達して、上場することなく消えてしまう。

そんなICOが非常に多くなってきています。

一説ではICOのうち90%が詐欺的なICOともいわれています。


しかし、詐欺的なICOも非常に手口が巧妙化してきており、一見しただけでは詐欺だとはわからないものもあります。

その為、上場後に価値が上がるかどうかという以前に、詐欺ではないかどうかを見極める力が必要になります。


それが初心者には非常に難しいんですよね。

だって、ほとんどのICOが海外のものですので、サイトもホワイトペーパーと呼ばれる資料もすべて英語です。

さらに専門用語もたくさん出てきますので、初心者がホワイトペーパーを読み込むのは非常に難しいです。


そこで、最近はやってきているのが、今回のように稼げるであろうICO情報を提供してくれるサービスですね。


今回のそのサービスの一つです。


では、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるでしょうか?



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスはお勧めできるか?



結論としては

お勧めしません。


その理由は

  • 情報の真意の根拠が不明
  • 爆上げ確定しているICOなど存在しない
  • 結局は〇〇目的


という点です。

では、詳細を見ていきたいと思います。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの概要



cryptoauick01.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

cryptoauick02.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

特定商取引法の表示に連絡先の記載がありません。

今回の案件は有料サービスへの勧誘ですので、連絡先の記載は必須です。

なにかあった時に連絡が取れなくなる可能性が高いです。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの特徴



ICO案件を紹介してくれるサービスはいくつかありますが、今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスの特徴は

  • 日本最速で情報提供される
  • 爆上げがほぼ確定銘柄を厳選して公開してくれる


というものです。

ICOは通常いくつかのステージがあり、早い段階で参加したほうが安く参加できたり、ボーナスを多くもらえるメリットがあります。

しかし、海外のICOは日本に情報が入ってくるのが遅いため、情報を手に入れたときにはすでに最終ステージだったということもよくあります。


その為、有利な条件でICOに参加するためには、いかに早く情報を手に入れるかが重要になってきます。


今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは、スピードを売りにしていますので、有利な条件で参加できるファーストステージで参加できるようになるというのが大きなメリットですね。



また、情報が少ない段階で英語のホワイトペーパーを読み込んだり、海外のチャットに参加して情報を収集していくのですが、英語やICOの専門用語を知っていないと、かなり難しいです。

当然検索しても日本語のサイトなどほとんどありませんので、やはり自力で調べるしかありません。



今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスでは、専門家のチームが爆上げするかどうかを検証し、爆上げがほぼ確定しているICOだけを厳選して紹介してくれるので、英語が苦手とか、情報収集ができないという人には非常にありがたいサービスですね。


一見すると、非常によいサービスのように聞こえますが、なぜお勧めできないのか紹介したいと思います。



Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスをお勧めしない理由



お勧めしない理由は、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスが詐欺だとかそういうことではありません。

最終的には有料のサービスへとなりますが、本当にお金を払うだけの価値があるのか疑問になる部分があります。


情報の真意の根拠が不明



まず、爆上げがほぼ確定のICOを紹介してくれるそうですが、なぜ爆上げするICOを紹介できるのか根拠が非常にあいまいです。


セールスレターには理由がいくつか書かれていますが、どれも具体性がありません。

例えば下記のものです。

cryptoauick03.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

大手ファンドってどこでしょうか?

アライアンスとは「同盟」とか「提携」という意味です。

もし、正式に提携しているのであれば、なぜ社名を隠す必要があるのでしょうか?

こういうのを問い合わせると、ほぼ「機密契約の為公開できない」と言ってきます。

となると、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスには名前も出せないようなものなのでしょうか?

Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスとしても、社名を出した方がメリットはあります。

でも、あえて名前を隠すということは…つまりそういうことですね。


もう一つ

cryptoauick04.png 
引用元:http://crypto-quick.com/nois/

国内外世界各国に多くのスポンサーがいるそうです。

では、そのスポンサーは?

なぜこれも隠すのでしょうか?

スポンサーってこのようなサイトで名前を出すことで宣伝効果が見込めます。

そういう宣伝効果を得るものがスポンサーなんですよね。


例えばプロスポーツ選手のユニフォームに会社の名前が書かれていますよね。

あれはお金を出す代わりに、TVに露出するように社名を掲載します。

それがスポンサーなんですよ。


でも、今回はそんなスポンサーの紹介が全くありません。

なぜ紹介をしないのでしょうか?



爆上げ確定しているICOなど存在しない



そもそもですが、爆上げが確定しているICOなど存在しません。

ですので、今回のCrypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスでも、「ほぼ確定」と言葉を濁しています。

ほぼ確定ですので、完璧に確定しているわけではありません。


仮に爆上げしなかったとしても、「ほぼ」ですから確定するとは断言していませんよ。と言い逃げられる可能性が高いです。



結局は〇〇目的



今回のような情報提供サービスは、多くが稼がせることが目的ではなく、自分たちが稼ぐことが目的です。

そして、紹介するICOは、爆上げするICOではなく、紹介することでもらえる報酬が高いものがほとんどです。


つまり、ICOを紹介して紹介された人がICOに参加すれば、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは紹介者として報酬がもらえるということです。


そして、Crypto Quick 仮想通貨情報メッセージングサービスは最終的には有料のサービスとなります。


これはセールスレターでもはっきりと書かれていますので、まだいい方ですね。

ちなみに、1か月間は無料ですが、それ以降は月額9800円となります。

1年間で約12万ですね。


12万もらって、さらに紹介者報酬までもらえるので、けっこうおいしいビジネスです。


ちなみに、9800円という会費ですが、多くの場合、より稼げる情報を提供するVIPプランに入りませんか?

VIPプランの会費は月3万円です。

というように、より高額なコースに勧誘されることが多いので気を付けましょう。



まとめ



稼げるICO情報を提供するので参加してください。

一見すると非常にありがたいサービスのように聞こえますが、本当にいいICO情報を提供してくれるのかは疑問です。

ただ、最新のICO情報を提供してくれるという点ではメリットもあると思います。


もし、ICOや仮想通貨で稼ぎたいと思うのであれば、そのICOに参加すべきかどうか?そして仮想通貨に投資すべきかどうかを判断するのは、自分自身でしましょう。

「誰かに稼げるから投資した」

こういうパターンが非常に多いですね。


でも、重要なことは、誰かに言われたからという他力本願的なものではなく、最終的に自分で「なぜいいのか?」ということを判断すべきです。

自分自身が知識を見つけていけば、このような有料サービスなど頼ることなく、自分自身で最新の情報を手に入れることができるようになります。


知識を身に着けると言っても、有料のセミナーや教材なんて買う必要はありません。

無料でも十分に知識を見つけられるサービスもあります。


例えば次に紹介する無料セミナーなんかはお勧めですね。

今なら1万円のリップルがもらえるキャンペーンなんかもやっています。


お勧めの無料セミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、メルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^



鏡 俊介 MILLION LINER PROJECT(ミリオンライナープロジェクト)のCODE138は本当に無料なのか?

高見沢です。

今回は鏡 俊介さんの

MILLION LINER PROJECT(ミリオンライナープロジェクト)CODE183

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。


今回のミリオンライナープロジェクトは、仮想通貨を使って稼ぐというものです。

具体的な手法はまだ公開されていません。


仮想通貨は2017年にはビットコインが240万というとんでもない金額になり、たくさんの人が億単位で稼ぐことができました。

そして2018年はさらなる発展を誰もが期待していたのですが、待っていたのは200万が60万近くまで大暴落したという事実でした。



そして、コインチェックのNEM流出事件を発端に、日本だけでなく世界的に仮想通貨やICOの規制を行う動きとなってきています。


そのことから、仮想通貨はもう終わったという悲観視する意見がたくさん見られるようになってきました。


でも、規制が厳しくなると言っても、いままで野放し状態であった市場が正常化することを意味します。

私は仮想通貨はまだまだ稼げるジャンルだと思っています



実際に、この大暴落を利用してリップルを購入していますし、ICO案件にも参加しています。


まだまだ可能性を残している仮想通貨ですが、そんな仮想通貨を使ってたった183日間で100億円を稼いでしまうという今回のオファーはお勧めできるでしょうか?




MILLION LINER PROJECT(ミリオンライナープロジェクト)はお勧めできるか?



結論としては、

お勧めできません。

その理由は

  • 必ず稼げる保証は一切ない
  • 無料と言っても必ず費用は発生する


という点です。


仮想通貨にかかわらず、詐欺的なオファーは後を絶ちません。

その詐欺的なオファーの特徴は

・知識やスキルは不要
・誰でも稼げる
・何もしないで稼げる

ということを異常なまでにアピールしてきます。


では、今回のミリオンライナープロジェクトはどうでしょうか?

millionlinet04.png
引用元:http://million-liner.com/lp1/


まあ、笑ってしまうくらい絵にかいたようなパターンですね。


では、もう少し詳しく見ていきたいと思います。



ミリオンライナープロジェクトの概要



millionlinet01.png
引用元:http://million-liner.com/lp1/

millionlinet02.png 
引用元:http://million-liner.com/lp2/

millionlinet03.png
引用元:http://million-liner.com/lp1/



ミリオンライナープロジェクトの特徴



ミリオンライナープロジェクトの特徴は

  • 知識やスキルは一切不要
  • 口座開設以外何もする必要はない
  • 一時金100万円を渡す
  • 100万円を183日間で1億円に増やす
  • お金は一切払う必要がない

という点です。


仮想通貨で稼ぐためには、当たり前のことですが仮想通貨を買う必要があります。

今となっては1万円が1億円になるというのは難しいので、億単位で稼ぐためにはそれなりの投資が必要になります。

その為、投資できるお金がない場合は仮想通貨で稼ぐことができません。


そこで、今回のミリオンライナープロジェクトでは、なんと一時金として100万円を受け取れるそうです。

そしてその100万円が183日間でなんと1億円まで増やすというとんでもないオファーとなっています。


具体的にどのような手法で100万円を1億円に増やすのかはまだ明かされていません。



100万円を1億円にするためには仮想通貨の価値が100倍になる必要があります。

ビットコインは今80万ほどですので、もし単純に仮想通貨を買うだけなら、8000万まで値上がりする必要がありますが、さすがにそれは無理でしょう。


リップルなら今は50円ほどですので、5000円まで値上がりすれば可能です。

ですが、単純にリップルに投資しましょうでは、オファーの意味がありませんので、そういうものではないでしょう。


後は、可能性としてはアービトラージでしょうか?

口座開設以外は後は鏡さんがすべてやってくれると書かれているので、アービトラージの可能性もなくはないですが、具体的な手法が公開されましたら、更新したいと思います。


では、なぜお勧めできないのか解説したいと思います。



必ず稼げる保証は一切ない



セールスレターには

  • 1億円のキャッシュを手にすることができる
  • あなたに1億円稼がせることを約束します
  • あなたに183日で確実に1億円のキャッシュを稼がせます


millionlinet05.png 
引用元:http://million-liner.com/lp1/


と書かれており、

絶対に1億円稼げるものだと勘違いしてしまいます。

しかし、どんな手法であれ確実に稼げる保証はありません。


なぜなら、どのキャッチコピーを見ても、

1億円があなたのものになる

とは一言も書かれていないからです。

「稼がせる」と言っても、あくまで稼ぐだけです。

例えばゲームの中で1億円稼いでも「稼ぐ」ですよね。


また、「キャッシュを手にすることができる」という部分も、あくまで手にすることができるだけです。

これもあなたの利益になるという意味以外にもとることができますよね?


屁理屈のように聞こえますが、詐欺的なオファーはこういう言葉のあいまいな部分を上手に利用して「あなたの利益になるなんて一言も言っていませんよ」と最終的には逃げられてしまうのです。



一時金100万円がもらえるようなことがかかれていますが、これもひじょうに怪しいです。

過去にも現金30万プレゼントといううたい文句で勧誘していた無料オファーがありましたが、ふたを開けてみたら、30万円稼げるノウハウを渡されただけというものもありました。


こういうセールスレターに書かれていることは決して真に受けてはいけません。

その証拠に特定商取引法の表示には下記のように書かれています。

本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

あなたに1億円稼がせることを約束しますと言っているにも関わらず、利益は一切保証しないと書かれているのは凄い矛盾ですよね。


この特定商取引法の表示はセールスレターに書かれている文章よりも優先されます。

つまり、セールスレターにいくら「保証します」と書かれていても、特定商取引法の表示が優先されますので、「利益や効果を保証したものでありません」という文章の方が優先されるということです。


ですので、どんなに「保証してくれるって言ったじゃないか」と文句を言っても、法律的には特定商取引法の表示に保証しないと書かれていますので、まったく問題ないということになってしまいます。

そもそも保証するためには、保証事項を記載し、双方の捺印もしくはサインされた保証書か契約書が必要になります。


家電などの保証書をイメージしてもらうと分かりやすいですよね。

あの保証書にはあなたの署名とメーカーもしくは販売店の社印が押されていて、初めて有効となりますよね。


本当に保証してもらうためには、保証書か双方が同意した契約書の中で明確に書かれている必要があるのです。



今回のミリオンライナープロジェクトのように、成果を保証すると言っている無料オファーはたくさんありました。

でも、どのオファーも契約内容には「保証する」という言葉が書かれたものはありません。

セールスレターの「保証」という言葉にはほとんど意味はありませんので、注意しましょう。



無料と言っても必ず費用は発生する



セールスレターには下記のように書かれています。

millionlinet06.png
引用元:http://million-liner.com/lp1/

これも言葉のマジックがあります。

「本当に完全無料なのでしょうか?」

と書かれていますよね。

なにが完全無料なのでしょうか?

プロジェクトとは何でしょうか?

冷静になってみてみると、主語がありませんよね。


つまり、無料なのはメアド登録して見れるサイトでの情報提供だけで、最終的なオファーのことを指しているわけではありません。


なんだかんだ言って、最終的に高額な参加費が必要になることは確実だと思います。



また、よくある手法として、最初の参加の段階では無料だったけど、始めてみたら全然稼げない。

そこで、確実に稼げるための特別オファーを有料で参加できますというものです。


この手法のオファーも非常に多いですね。



まとめ



何もしなくても稼げる

これほど魅力的な言葉はありませんね。


わたしも何もしないで稼げるならぜひやってみたいです。

でも、現実問題として、何もしないで稼げるものなどありません。


詐欺的なオファーを打ち出してきている人だって、手の込んだセールスページを作り、動画も作り、レンタルオフィスを借りたりと、かなりのお金と労力をかけています。

その結果、多くの人からお金を巻き上げて稼いでいます。


そういう人でさえ、稼ぐために膨大な労力とお金をかけているわけです。

もし、本当に何もしないで稼げるなら、こんな労力をかけることなどする必要がありませんよね。



この事実からも何もしないで稼げるわけがないということがわかると思います。



もし、仮想通貨で稼ぎたいのであれば、まずは正しい知識を身に付けましょう。

正しい知識を身に付ければ、正しい判断をすることができるようになりますし、今回のような稼げるのかわからないようなものに騙されることもなくなります。


仮想通貨にしろ、アフィリエイトにしろ、起業するにしろ、稼ぐためにはまず正しい知識を身に着けることが基本になります。

私も今でも稼ぐために日々勉強をしています。
正しい知識を身に着けるのも、別にお金を出さなくても、無料のサイトでも十分に身に着けることができます。

たとえば下記のようなものですね。

次世代育成セミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、メルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^



Copyright © 元保育士によるアフィリエイト商材レビューと情報発信ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます