高見沢です。

今回は小倉ひろきさんの

FreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介する小倉ひろきさんのFreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)は自動転売ツールを使って転売でで稼ぐというものです。

ロボットやAIの進化により、数年後には多くの職業がロボットによって奪われるという話は聞いたことがあると思います。

ロボットに仕事を奪われるなら、ロボットを使う側になればいいというのが今回のFreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)です。


具体的には3つの神ロボットを使って、AmazonとYahooショッピングを自動化して稼ぐというものですね。

ネットビジネスでも転売はマーケティング手法やコピーライティングのスキルなどが不要ということもあり、今でも根強い人気があります。

利益の出せる商品さえ仕入れることができれば、稼げるビジネスモデルですので、多くの人が取り組んでいます。

ただ、転売は赤字になるリスクもありますし、予想以上に手間がかかるんですよね。

特に仕入れは1日に3つから4つの店舗を回り、店の隅から隅まで利益が出せる商品がないか調べる必要があります。

今回のFreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)では、その仕入れがロボットにより自動化できるという点が大きなポイントとなります。

セールスレターによると、1回の仕入れで高利益商品が数十個から100個以上仕入れることができるそうです。

仕入れが自動化できるとなると、非常に魅力的なオファーですが、果たしてお勧めできるでしょうか?



FreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)はお勧めできるか?



結論としては

お勧めできません。

その理由は

  • 自動化ツールに依存しても稼げない
  • セールスレター通りに稼ぐのは難しい



という点です。


FreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)の概要



freelifePro01.png
引用元:https://smarobom.biz/lp2ogam2/

freelifePro02.png
引用元:https://smarobom.biz/lp2ogam2/




FreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)をお勧めできない理由とは?



では、FreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)がお勧めできない理由を紹介します。



自動化ツールに依存しても稼げない



今回のFreeLifeProject(フリーライフプロジェクト)に関わらず、自動化ツールをつかって初心者が稼ごうと思っても、私は難しいと思います。

確かに自動化ツールはかなり便利な面もあります。

私自身も自動化ツールを使うこともあります。

でも、「自動化ツールを使えば稼げるようになるのか?」となると、答えは「No」です。

自動化ツールはあくまで補助的なツールでしかありません。

自分なりのルーチンが完成し、それを自動化することで作業を大幅に効率化することはできます。

でも、今成果を出せていない人が自動化ツールを使ったところで、稼げるようになるかというと、私は稼げるようにはならないと思います。


なんだかんだ言っても、稼ぐための本質を理解しないまま自動化ツールに頼っても、やっぱり駄目なんですよね。

仮に一時的に稼げたとしても、ちょっと自動化から外れてしまうともう稼げなくなってしまう。

実はほんのちょっとだけパラメータをいじれば再び稼げるようになる場合でも、本質を理解していませんので、パラメータをどういじればいいのかもわかりませんので、結局稼げなくなってしまうんですよね。


繰り返しになりますが、自動化ツールはあくまで稼いでいる人がより効率化を狙って導入するモノであり、ゼロから始める人が自動化ツールを使っても宝の持ち腐れになってしまいます。


また、多くの人が同じ自動化ツールを使うようになれば、仕入れる商品も被ってくる可能性が高くなります。

みんなが同じ商品を100個とか仕入れてAmazon に出品すれば、それはライバルが増えるだけですので、売れる可能性がグッと低くなります。

その為、自分が仕入れた商品が売れるようにするためにどうすればいいかというと、価格で勝負するしかなくなってしまうのです。

ライバルより100円安くしよう。。。


そうすると、ライバルはさらに200円安くしてくるでしょう。

さらに300円安くして…


これを繰り返すことを「価格競争」と言います。

価格競争に陥ってしまえば、結局は利益を削るしかありません。

一番怖いのが売れ残りですので、売れ残らないように「赤字」で販売するしかない場合も出てきます。

1万円でしいれたものが売れ残れば1万円の赤字になりますが、8000円で売れれば赤字は2000円に収まりますよね。

つまり、売れ残るよりは赤字でも販売してしまったほうがいいということです。


そうなれば、自分の体力を削って砕けですので、転売としては失敗となります。




セールスレター通りに稼ぐのは難しい



セールスレターを読むと、下記のように書かれている箇所があります。

1回の仕入れで高利益商品が
数十個は当たり前。

ネットで楽々100個以上の稼げる
商品を仕入れてしまうんです!

1種類の商品だけで、10万円、20万円、
さらには50万円以上も稼いでしまう。

これを読むと、自分でもそれだけ稼げるんじゃないかと思ってしまいますよね。


でも、仕入れるということはその商品を買うということです。

たとえ高利益商品であっても、単価が低ければ利益は微々たるものです。


セールスレターにあるように50万円以上稼げるということは、それだけ高額な仕入れが必要になるということなんです。

例えば、利益が5000円の商品があったとして、その仕入れ価格が2万円だとします。

自動化ツールが勝手に100個仕入れたらどうなりますか?

200万円の仕入れ金が必要になりますよね。


200万円なんてすぐに出せるよって人ならいいのですが、そんな人はごく稀でしょう。

だって、お金に困っているからこそ、こうやってなにか副業で稼ぎたいと思っている訳ですからね。


転売は利益を出すためには必ずそれ相応の仕入れ金が必要になるということを忘れないようにしましょう。



まとめ



小倉ひろきさんは、過去にも転売系のオファーをいくつか打ち出してきています。

この手のオファーを打ち出す人の中には、その時代で稼げそうなジャンルでオファーを出してくる人が多いです。

例えば、昔はFX系のオファーを打ち出していた人が、今度は仮想通貨系のオファーを打ち出すという感じですね。


ですので、あくまで「転売」というジャンルをブレることなく取り組んでいる小倉ひろきはある意味交換を持てますし、転売についてはある程度ノウハウも持っているでしょう。


でも、だからと言って、20万とか30万も出して自動化ルーツを買っても稼げるようになるかというと、私はとにかく疑問でしかありません。

上記でも書きましたが、自動化ツールはあくまでサポートツールでしかありません。

まずは、転売で稼ぐための最低限の知識を身に着けて、自動化ツールを使えるだけの知識やスキルを身に着けてからツールを活用することが重要です。



ただ、私としては仕入れの為の先行投資が必要だったり、赤字となるリスクを負うような転売よりも、初期投資もほとんど必要なく、赤字になるリスクもほとんどないアフィリエイトの方がはるかにお勧めですね。


その辺の詳しい内容は下記のような無料Webセミナーで学ぶことができますし、私のメルマガでも稼ぐために必要なことを発信しています。

お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
seminar_pic_sozai_bnr_300_250_2.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^