そのやり方稼げますか?
月に30万稼ぐ方法教えます!!
今なら3つの無料特典をプレゼント中
高見沢のメルマガはこちら


高見沢です(^^

高見沢に問い合わせが合った内容なのですが、ぜひ皆さんにも知っていただきたい内容でしたので、共有したいと思います。


2017年の4月あたりから

「YouTubeアフィリエイトは終わった」

という声がちらほらと聞かれるようになってきました。



これはどういうことなのか?

このうわさには原因があります。

その原因とは、2017年4月にYouTubeアフィリエイターにっとて衝撃的なニュースが流れました。

「累計1万再生以下のチャンネルには広告を表示しない」

というものです。



YouTubeアフィリエイトについて



では、ここでYouTubeアフィリエイトについておさらいしておこうと思います。

YouTubeアフィリエイトと言っても、実は1つではなくていくつかあります。

その中で最も有名なアフィリエイトが

「自分が作成しアップロードした動画に広告を流し、報酬をもらう」

というものです。

具体的にはYouTubeの広告プログラムに参加し、自分の動画の中で広告が再生されると、再生された回数に応じて報酬が支払われるというものです。

トレンドアフィリエイトの仕組みに似ていますね。

ただ、トレンドアフィリエイトの仕組みと大きく異なるのは、トレンドアフィリエイトでは広告がクリックされないと報酬が発生しないのに対し、YouTubeアフィリエイトでは、広告が再生されるだけで報酬が発生するということです。



YouTubeによる規制の影響



今回YouTubeが打ち出した規制は

「累計1万再生以下のチャンネルには広告を表示しない」

というものです。

実際にYouTubeパートナープログラムの規約が下記になります。

Youtubekiyaku.png


従来はどんな動画でも広告が表示されたので、再生回数が少なくてもある程度収入を得ることができました。

しかし、今回の規制により、累計1万再生にならないと広告が表示されないということになりました。

広告が表示されないというより、審査すらされないということです。

つまり、

広告が表示されない=報酬が発生しない

ということになります。



YouTubeはなぜこんな規制を行うのか?



YouTubeを利用するには「見る側」も「動画を作成する側」も一切費用が掛かりません。

YouTubeもビジネスですので、当然収入=利益が必要です。

では、どこから利益が発生するのかというと、

「広告収入」

になります。

YouTubeで広告を流すために、広告主はYouTube(実際には経営するGoogle)に広告費を支払います。

その広告費が主な収入となるのです。



広告費が収入の主軸となっているのに、広告を表示しなくするというのは矛盾するのでは?と思うかもしれませんね。


実はYouTubeにアップロードされている動画の中には「著作権違反となる動画」とか「社会的に問題となる動画」などの「問題のある動画」が含まれています。

もちろん「問題のある動画」はYoutube側で削除するなど対策を行っていますが、人の手で判断して削除をしているので、次々に生まれてくる「問題のある動画」に対応しきれていないのが現状です。



問題のある動画にも当然広告を流すことは可能です。

例えば、観ていて気分が悪くなるような動画が流れている中で、コカコーラの広告が流れたらどう思うでしょうか?

広告の仕組みを知っている人ならなんとも思わないかもしれませんが、YouTubeを利用するユーザーのほとんどは広告の仕組みなんて知りません。

中には「あのメーカーは、こんな動画のスポンサーになっているか?」と思う人も出てくるのです。

思うだけならいいのですが、問題のある動画にも報酬は支払われるので、間接的であるとしてもその動画を作成した悪意あるユーザーに、メーカーは広告費を払ったということになるのです。



このように問題のある動画に流れた広告が原因で、メーカーのイメージが悪くなるというデメリットが発生します。

広告主が大手になればなるほどそのイメージダウンの影響が大きくなります。


そのため、イメージダウンを防ぐために、苦肉の策として大手メーカーはYouTubeから撤退するということになるのです。

実際に大手メーカーがYouTubeから撤退しているといわれています。

例えば、マクドナルドやトヨタ、ホンダ、スターバックスなど合わせて250社が撤退を発表しています。


YouTubeにとって、大手広告主の撤退は大きなダメージになります。

それだけでなく、広告が減るということは、YouTubeを支えている健全に活動しているユーチューバーにも影響が出てきます。

有名ユーチューバーであるHikakinさんの動画では、大手メーカーの撤退により実際に広告の表示数が半分に減ったそうです。

そうなると、ユーチューバーも動画の投稿をやめることになり、結果としてYouTube自体の衰退へとつながる可能性が高くなります。



そこでYouTubeが対策として打ち出したのが今回の

「累計1万再生以下のチャンネルには広告を表示しない」

という規制なのです。



問題のある動画は遅かれ早かれチャンネルごと削除されます。

YouTubeにしてみれば、削除するまでの猶予ができたということになりますね。

広告主にしてみても、「わが社の広告が表示される前に、動画が削除されるなら広告を出してもいいか」となるわけです。


この規制によりYouTubeアフィリエイトは終わってしまうのか?




みなさん気になるのは

この規制によってYouTubeアフィリエイトでは稼げなくなってしまうのか?


というところだと思います。


まず、結論から言ってしまえば

YouTubeアフィリエイトは終わらない

と断言できます。



あなたは今回の規制を聞いてどお思いましたか?

ここで、稼げる人と稼げない人との思考の違いを紹介したいと思います。


稼げない人の思考


YouTubeで1万再生いかないと広告が表示されなくなったんだ。
これからYouTubeアフィリエイトはじめてみようと思ってたけど、1万再生なんて無理そうだな。
俺には無理だからやっぱりやめとこ。


稼げる人の思考

YouTubeで1万再生いかないと広告が表示されなくなったんだ。
ってことは、これから参入してくるライバルが減るってことか!!
1万再生行くまでちょっと時間かかるかもしれないけど、1万再生行ったら広告が表示されるんだよな。
よし、まずは1万再生目指して頑張ろう!!


こうやって文章で書くと「綺麗ごと」のように思われますが、この思考の違いは「稼げるか、稼げないか」という点からみるとほんとに大きな違いになるんですよね。



私は「YouTubeアフィリエイトは終わらない」と断言しました。

この理由が稼げる人の思考の中に1つあるんです。


それは「1万再生行ったら広告が表示されるんだよな。」という部分です。

今回の規制で広告が表示されなくなるわけではありません。

1万回以上再生されたチャンネルの動画には、従来通り広告が表示されるんです。



1万回も再生される動画なんて作れないよと思うかもしれませんね。

ポイントは

累計1万再生以上

という点にあります。


これは1つの動画だけで1万再生以上必要ということではなく、チャンネルとして累計1万回以上再生されればいいということなのです。

チャンネルとして1万回以上再生されていれば、チャンネルのある動画は100回しか再生されていなくても広告は表示されるということです。

これを正しく理解しておかないと

「どの動画も1万回以上再生されないと広告が表示されなくなってしまう」

という勘違いを生んでしまいます。


例えば再生回数が1000回の動画が10本あれば1万回再生されたということになります。

1000回なんていう再生回数は、どんなしょぼい動画でも時間をかければ比較的簡単にクリアできてしまうレベルです。



もう一つ「YouTubeアフィリエイトは終わらない」と断言できる理由があります。

それは、1万再生以上という条件の根拠です。



あなたは「1万再生以上」という条件を聞いて、厳しい条件だなと思いますか?



仮にその規制によって制限されるチャンネルが全体の50%だったとします。

広告主からみて、広告の再生回数が50%減ってしまうということですね。

そんなYouTubeに魅力あると思いますか?

ないですよね。



実際にどのくらい影響が出るのかは、私たちにはわかりません。

でも、広告の再生回数が大きく下がってしまうほどの影響があるような数字をYouTubeが出してくることはないということなんです。



で、何が言いたいかというと、1万再生に行かないチャンネルというのは、全体の割合に対して少ないということです。

ということは、1万再生というのはそれほど大きなハードルでないということが言えるのです。



さらにYouTube自身もある雑誌のインタビューでこのように言っています。

「今回の規制は健全なチャンネルの収益を守るためのものである」

ということは、1万再生さえクリアしてしまえば、この「守られる側」に回れるということなのです。


まとめ



繰り返しになりますが、私は

「YouTubeアフィリエイトは終わらない」

と断言できます。


逆に中途半端な新規参入者が減りますし、低俗な動画が減ることにもつながるので、YouTube全体の品質も上がり、より一層ユーザーが増える可能性もあります。


これは大きなチャンスとも言えます。

この大きなチャンスに乗るか乗らないかはあなた次第ですよ。


追伸


もし、チャンスに乗ってみたいという場合、やみくもに動画を作ってアップしても、1万回という再生回数をクリアするのはちょっと時間がかかります。

てっとり早く1万再生をクリアし、さらに大きく収益を伸ばすためには、やはりそれなりのノウハウが必要になります。

時間をかけて試行錯誤して、自分なりのノウハウを構築するのもいいでしょう。

でも、時間はお金で買うことができます。

自分でノウハウを構築するのではなく、すでに実績のあるノウハウを購入するのです。



ノウハウにも良し悪しがあり、悪いノウハウを掴まされると結果的に損をするだけです。

そこで、私がお勧めするノウハウがあります。

それは

「Giga Tube(ギガチューブ)」

というノウハウです。

このGiga Tubeは、あるノウハウを使って、顔出しはもちろん、声だしや完全オリジナル動画を作ることなく、再生回数を稼ぐ動画を作るというノウハウがベースとなっています。

それによって広告による報酬を稼ぐだけでなく、これにプラスして情報商材を売ってさらに稼いで行こうというノウハウになります。

私が見た限りでは最強のノウハウといえますね。

詳細は

Giga Tubeのレビュー

を参考にしてみてください。

Giga Tubeをさらに生かしていくための特典なんかも紹介しています。


高見沢でした(^^

追伸 高見沢からのお知らせ

アフィリエイトで稼げるノウハウを
無料でプレゼントしています。
よかったら参考にしてください(^^

3大特典を限定プレゼント!!
完全無料のメルマガです。

メルマガ画像6_Click 

高見沢が自信をもってお勧めしている商材の一覧です。
 お勧め商材画像

 

読んで損はナシ!!
高見沢がお勧めする記事一覧です。
ぜひ参考にしてみてください。
お勧め記事一覧
もしよろしければ、↓↓↓をクリックしてくださいね(^^

人気ブログランキング

タグ