そのやり方稼げますか?
月に30万稼ぐ方法教えます!!
今なら3つの無料特典をプレゼント中
高見沢のメルマガはこちら




高見沢です。

今回は大竹一樹さんの

プレミアムICO

についてお勧めできるかレビューしたいと思います。

今回紹介する大竹一樹さんのプレミアムICOはその名の通り、仮想通貨のICOで稼ぐというものです。

今回のプレミアムICOは、2018年の間に価格が100倍にあるICOに参加できるプロジェクトとのことです。

このプロジェクトの主催者である大竹一樹さんは、IT企業3社のオーナーでもあり、12億円もの仮想通貨を保有して売る方で、周りからはICO長者なんて呼ばれているそうです。

この手のオファーになれていない人から見ると「すごい人だ」と思うかもしれませんが、知っている人から見れば「またかw」ですね。


今回のプレミアムICOは参加する価値はありませんが、その辺も踏まえて理由を紹介したいと思います。



プレミアムICOはお勧めできるか?



結論としては

お勧めできません。

その理由は

  • 主催者の実績にねつ造が見られる
  • 参加費0円の落とし穴
  • 紹介されるICOは公式サイトから購入すべき



という点です。


プレミアムICOの概要



puremiamuico01.png
引用元:http://premium-ok.com/fq432j7/f1hrc.html

特定商取引の表示はありませんでした。




プレミアムICOをお勧めできない理由とは?



では、プレミアムICOがお勧めできない理由を紹介します。



主催者の実績にねつ造が見られる



今回のプレミアムICOを主宰している大竹一樹さんですが、サイトの動画の中で下記のように紹介されています。

  • IT企業3社のオーナー
  • 仮想通貨を9億年分保有している


しかし、これはねつ造されたものである可能性が高いです。

まず、IT企業3社のオーナーとのことですが、大竹一樹さんの名前で検索してもそのような情報は一切出てきませんでした。

それなりの規模の会社のオーナーであれば、それなりに情報が出てくるはずです。

しかし、出てこないということは、それが事実ではないという可能性が高いです。

仮に本当に事実だとして、なぜ会社名を明かさないのでしょうか?

自分の実績をアピールするのであれば、会社名を明かしても支障はないはずです。

しかし、会社名を明かさないということは、明かさないのではなく、明かせないということです。



次に9億円分の仮想通貨を保有しているという点です。

これは動画の中で実際に証拠としてある取引所の残高が紹介されています。

puremiamuico02.png
引用元:http://premium-ok.com/fq432j7/f1hrc.html

確かに画面上では9億円以上の資産をお持ちのようですね。

こんな証拠を見せられてしまえば、だれでもその実績を信用してしまうでしょう。

でも、この画面はねつ造されたものである証拠があるんです。

その証拠は、ちらっと見えたリップルの保有数と金額です。

puremiamuico03.png 
引用元:http://premium-ok.com/fq432j7/f1hrc.html

XRPと書かれていますが、これは「リップル」という仮想通貨の略称になります。

保有しているリップルは50.22リップルですね。

そして、日本円に換算した場合の金額は3,239,563円となっています。

ということは、1リップルが64507.42円ということになります。

えーと、リップルってそんな値段でしたっけ?


はい、現時点(2018年7月28日)でのリップルは50円です。

puremiamuico04.png

そしてリップルは上場してから最大でも300円後半しか上昇していません。

puremiamuico05.png

1リップルが64507.42円って明らかにおかしな数値なんですよね。

つまり、この画面はねつ造されたものであるという証拠です。

そして、ネットの画面なんてちょっと知識がある人ならいくらでもねつ造できちゃうんですよね。

例えば、先ほど紹介したリップルの現在の価格ですが、これもちょっと手を加えるだけで…

puremiamuico06.png

はい、こんな感じですね(^^


他のイーサリアムやビットコインはそれらしい数値ですので、そこはしっかりと変えたけど、リップルまでは手が回らなかったんですね。

会社のオーナーである証拠もない、9億円の証拠画面もねつ造、となれば大竹一樹さんの信頼性はゼロということです。



参加費0円の落とし穴



今回のプレミアムICOに参加するための費用は0円とのことですが、そんなことは当たり前のことです。

参加費を徴収するICOなんて聞いたことありませんからね。

でも、気を付けなければいけないのは、参加費はかからなくても、ICOのトークンを購入するためには費用が掛かるということです。

参加費が0円だから無料で仮想通貨がもらえるんだという勘違いをしないように気を付けましょう。



紹介されるICOは公式サイトから購入すべき



今回紹介されるICOはまだ公になっていませんが、220億円の売り上げと日本政府との深いかかわりを持ち、すでに大成功を収めている大企業が行うICOとのことですね。

大企業?220億円程度の売り上げで?

となるわけです。

ちなみに、2018年1月時点での売り上げ1位はトヨタ自動車で28兆円です。

そして100位はサントリBFで、それでも1兆円です。


220億程度の売り上げで大企業なんて言っていたら笑われますよ。


まあ、それはさておき、今回のICOはWowoo、OKWAVE、Redhorseの3社で行われるICOと解説されています。

puremiamuico07.png
引用元:http://premium-ok.com/fq432j7/f1hrc.html

この3社が関わっているICOは「ProjectZEN(AEN)」と呼ばれるものです。

このProjectZENについて説明すると長くなるので、省略しますが、一応実存するICOを紹介してくれるようです。

そしてそのICOはすでに誰も手にすることができず、今回のプロジェクトでしか参加できないとのことです。

なぜならProjectZENのICOはすでに終了しているからですね。

ICOが終了しているなら当然ICOには参加できません。

そしてProjectZENは7月中には上場するといわれています。

でも、今日はもう7月28日。

そしてProjectZENが上場したという情報はまだありません。


しかし、上場間近の仮想通貨を今更なぜ購入できるのでしょうか?

すでに上場が決まっているICOなのに今さらICOを再度行う理由もありません。


詐欺的なICOがよく使うのがこの手法ですね。

最後の最後に再度ICOを行い、莫大な利益を上げておいて最後はドロンです。



まとめ



ICOの9割は詐欺だといわれています。

そして、実際に上場したとしても、多くのICOはICOの時の価格より値段が下がってしまう「ICO割れ」となってしまっています。


しかし、中にはICO価格の何倍にも値上がりしたものもあります。

全てのICOが詐欺だとか、ICO割れするわけではないということですね。


でも、詐欺やICO割れが怖くてICOに参加したくてもできないというのが現実ではないでしょうか?

私自身今はICOに参加すべて気ではないと思っています。

なぜなら、今後規制が強化されていけば、仮にICOで利益を得たとしてもそれを日本円に換金できない可能性があるからです。


例えばICOの上場先としてよく使われていたHITBTCは現在は日本人は取引できません。

つまり、HITBTCに上場した仮想通貨は現金にすることができないことになります。


そういうリスクを考えると、ICOはよほどの知識がない限り安易に参加しない方がいいと思います。


それよりも仮想通貨のFXであったり、アフィリエイトの方が現実的に稼げるでしょう。

私のブログでもアフィリエイトについて紹介していますので、よかったら参考にして見てください。


お勧めの無料Webセミナーの詳細はこちら
btn_sozai_330x140.png 




また、私のメルマガでも稼ぐためのノウハウを紹介していますので、

よかったら登録してみてください(^^

参考:高見沢のメルマガ登録はこちら



こちらも参考になると思います。
参考:アフィリエイト初心者が10万稼ぐ方法

もし、わからないことなどありましたら、

遠慮なく問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる



高見沢でした(^^

追伸 高見沢からのお知らせ

アフィリエイトで稼げるノウハウを
無料でプレゼントしています。
よかったら参考にしてください(^^

3大特典を限定プレゼント!!
完全無料のメルマガです。

メルマガ画像6_Click 

高見沢が自信をもってお勧めしている商材の一覧です。
 お勧め商材画像

 

読んで損はナシ!!
高見沢がお勧めする記事一覧です。
ぜひ参考にしてみてください。
お勧め記事一覧
もしよろしければ、↓↓↓をクリックしてくださいね(^^

人気ブログランキング