そのやり方稼げますか?
月に30万稼ぐ方法教えます!!
今なら3つの無料特典をプレゼント中
高見沢のメルマガはこちら


高見沢です(^^

今回は

5億円コピーライターから学ぶべきこととは?

をテーマに書いてみたいと思います。

前回の記事で「5億円コピーライター」という言葉が出てきて、ちょっと気になった人もいるかと思います。

参考:アフィリエイトにおけるコピーライティングの必要性とは?


あなたがコピーライティングを学ぼうとすると、一度は

「5億円コピーライター」

という言葉を耳にすることになると思います。

私が書いた記事にも登場してますね(^^;


そうなると、5億円コピーライターって何者?となりますよね?

ということで、今回は5億円コピーライターについて迫ってみたいと思います。

ちなみに、私のスタンスでは「5億円コピーライターさん」と敬称を付けて呼ぶべきですが、あくまで愛称という位置づけなので、あえて5億円コピーライターと呼ば差せてもらいます。

もしお気を悪くする方がいましたらすみません。

決して見下しているわけではありませんのでご了承ください。

では、準備はよろしいでしょうか(^^


5億円コピーライターとは何者?


5億円コピーライターとは、コピーライティングのスキルだけで5億円を稼いだといわれる人です。

「名前は売らない」

というスタンスで、名前は一切公表されていません。

その為、5億円コピーライターと呼ばれています。


5億円コピーライターは、アフィリエイトではなく、情報商材のセールスページ作成などを請け負ったりして稼いでいるようです。

その請け負ったセールスページの売り上げから、ある割合を報酬として受け取る形で報酬を得ています。

これは、ロイヤリティと呼ばれるもので、コピーライターという職業では一般的な方式ですね。


それ以外にも、コンサルを行ったり、セミナーなんかも行っています。

セミナーは滅多にはやりませんが、先日珍しく5億円コピーライターさんが登場するセミナーが開催されました。

5億円コピーライターが主催したというよりは、岡本さんとういうアフィリエイターがいるのですが、彼が主催するという形で、基本は岡本さんのメルマガ読者限定で募集していました。

セミナー自体は非常に好評だったと聞いています。


コンサルやセミナーはけっこう、いや、かなり高額です。

岡本さんが主催したセミナーでは、セミナー参加権のほかに教材コンテンツと特典コンテンツ、添削指導(1回)がセットで198000円。

そこに60日間のコンサルと添削指導(3回)がセットで298000円。

さらに対面コンサルティングと無制限の添削がセットで598000円となっていました。

いわゆる「高額塾」と呼ばれる部類に入るかもしれません。


でも、以前書いた記事でも触れていますが、高額塾の中には役に立つものもあります。

参考:高額塾は詐欺?高額塾に入れば稼げるのか?

5億円コピーライターのコンサルやセミナーは役に立つ高額塾だと言えます。

私はコンサルもセミナーも参加したことないので、詳細は不明ですが、20万とか60万を払う価値があるかどうかは、参加した人が決めることですね。


本当に5億円稼いだのか?


「私は5億円稼ぎました。」

なんて、だれでも言うのは簡単ですよね(^^;

言うのはタダですから。


私も年収は10億円です(^^

っていうのは自由です。

でもだれも信用しませんよね。

だから私は収入については一切公表していません。

だって、だれも信じてくれませんから(^^;

というか、「私は***円稼いでいるからすごいんです」ってスタンスでいたくないというのが本音です。


では、5億円コピーライターはどうでしょうか?

5億円コピーライターの弟子である宇崎恵吾さんのThe Million Writing(ミリオンライティング)の教材の中でも、5億円コピーライターが登場してきます。

参考:The Million Writing(ミリオンライティング)のれびゅーはこちら

このThe Million WritingはアドモールというASPで売られています。


インフォトップは、だれでも情報商材を売れるというASPではありません。

結構厳しい審査があり、その審査に合格した情報商材しか売ることができません。

その審査内容の一つに、「誇大広告禁止」というものがあります。
admole1.png  

「コピーライティングだけで5億円稼いだ」

というもの、十分誇大広告になり得ますので、実際に5億円稼いだという公的な資料を提出する必要があるのです。

現在もアドモールでThe Million Writingは売られています。

つまり、5億円稼いだという証拠が認められたということになります。

本当に5億円稼いでいる可能性は高いということですね。


5億円コピーライターはどんな人?


5億円コピーライターには多くの弟子がいます。

弟子というか、コンサル生ですね。

「5億円コピーライター」

と検索すると、その弟子が書いたブログがたくさんヒットします。


これらのブログを見ると、5億円コピーライターはまるで神であるかのように崇められているような感じがして、

ちょっと引いてしまうのは私だけでしょうか。

と言いつつ、私の記事も、結果として彼を持ち上げる内容となってしまっているので、同類ですかね(^^;

私は彼の弟子でもないですし、持ち上げたところで何のメリットもないです。

ただ、本当に思ったことを書いていますので、気にしないでくださいね(^^


では、5億円コピーライターとはどんな人なんでしょうか?

実は私も5億円コピーライターには一度だけ会ったことがあります。

会ったといっても、立ち話的にちょっと話しただけですけどね。


都内に住んでいるアフィリエイター仲間の近くに行く用事があったので、彼に連絡を取ったところ、

「**時から用事があるけど、それまでなら時間あるから久しぶりにお茶するか」

という話になりました。

私も帰りの電車まで時間があるので、お言葉に甘えて会うことに。

現在の状況や家族のことなど他愛のない話をしていたのですが、話はコピーライティングの話題になってきました。

そのなかで「5億円コピーライターという人がいるんだね」という話題になったのですが、

「あ、**時からの用事って、その人に会うことなんだよ。」

と彼から予想もしない言葉が出てきました。

「え~、まじか~」

と、わっかりやすい反応をした私(^^;

「じゃあ、顔だけでも見てく?」

ということで、急きょ5億円コピーライターに会うことになったのです。

5億円コピーライターと言えば、普通の仕事は受け付けてくれないとかいろんな噂を聞いています。

きっと、有名作家のように気難しい人で、目も合わせてくれないんじゃないか?と勝手な妄想が広がり、ちょっとビビってきた私。


友人と待ち合わせのホテルに向かいます。

今は待ち合わせの10分前。

「きっとそういう偉そうな人は平気で遅刻してくるんだろうな。」


「帰りの電車があるから会えないかも」

なんて思いながらホテルのロビーに行くと

友人が一言

「あ、もう来てる」

「え~、まじか~」

いきなりイメージを覆されました。

しかも、イメージしていた容姿とは全く違って、普通の青年でびっくりです。

そして、自己紹介すると

5億円コピーライターが一言。

「あ、私***です、よろしく(^^」


「え~、普通に名乗るんだ!!」

といろいろとびっくりでした(^^;

セミナーとかでも普通に本名を名乗っているようです。

私は帰りの電車の時間もあったので、ちょっとだけ雑談しただけでしたが、私の印象では、決して偉そうにするわけでもなく、人の話をしっかりと聞いてくれる「好青年」でしたね。

まあ、その程度の雑談で、彼のすべてを知るのは不可能ですので、

「本当の5億円コピーライターを知る」

ということはできませんでしたが、彼のまっすぐに前を見る目を見ていると、彼の誠実さを感じました。

コンサル生やセミナーを受けた人の満足度が高いというのも納得できたような気がします。

とまあ、えらく持ち上げていますが、これ以上5億円コピーライターを持ち上げる義理は私にはないので、この辺にしておきますね(^^;


5億円コピーライターから学ぶべきコピーライティングの神髄とは


あなたもThe Million Writingを購入して、5億円コピーライターが持っているノウハウを勉強するかもしれませんね。

でも、The Million Writingを買う前の、今の段階でも5億円コピーライターの「コピーライティング」の神髄を学べることろがあるんです。

それは

「5億円コピーライター」

という名前にあります。

分かりますか?

ちょっと考えてみてください(^^







どうでしょうか?






わかりますか?

もったいぶってもしょうがないので、答えを言いますね。


あなたに私のことを紹介します。

「私は高見沢です」





とうでしょうか?

あなたはどのように感じましたか?

高見沢と聞いても、

60%の人が

「ふーん」

と思う程度でしょう。

そして、35%の人は「ふーん」とも思わないでしょう。

のこり5%の人は

「あ、アルフィーの高見沢と同性だ(^^」

と思うでしょう。

え?ちょっとマニアックですか(^^;

アルフィー好きなんですよね。

昔はよくライブ見に行きました(^^

おっと、そんな余談はどうでもいいですね。


では、次に

「私は5億円コピーライターです」

と言われたらどうでしょうか?

多くの方が、良くも悪くも

「5億円?」

となりますよね。

あなたはどうでしたか?


コピーライティングというのは、

「言葉を記憶に残させる」

というのが神髄です。


「高見沢」

と言っても、ほとんど記憶に残らないと思いますが、

「5億円のコピーライタ」

と名乗るだけで、一瞬で記憶に残るのです。

ここでは、いい印象であるとか、悪い印象であるということは問題ではありません。

あなたの記憶の中に「5億円コピーライター」という名前が記憶されたということが重要なのです。


もう一度書きますね。

コピーライティングというのは、

「言葉を記憶に残させる」

というのが神髄です。

「5億円コピーライター」という名前そのものが、この神髄を体現しているものだと思います。

5億円コピーライターという言葉を考えたのが本人なのかその弟子なのかはわかりませんが、この名前一つ取っただけでも、コピーライティングの凄さがわかりますね(^^


ちなみに、私の「高見沢」も記憶に残させる方法があります。

それは

「アルフィーの高見沢さんと同じ高見沢です」

と付け加えるだけです。

ちょっと印象に残りませんか(^^


これは、長い数字を覚えるときに、

なにかモノと連想させて覚える

というテクニックがありますが、

これと同じで、アルフィーの高見沢さんと、私の「高見沢」を連想させることで、イメージに残させるというテクニックです。


まあ、挨拶のたびに

「アルフィーの高見沢さんと同じ高見沢です」

なんて書くのはめんどくさいので、やりませんけどね(^^;


まとめ


今回は5億円コピーライターを取り上げてみました。

個人名を上げて批判すれば怒られますが、今回は批判ではないので大丈夫ですよね(^^;

決して5億円コピーライターは凄いということが言いたいのではありません。

コピーライティングは、たった一言だけでも大きく印象づけることができるということが言いたいのです。

以前の記事でも書きましたが、初心者のうちはコピーライティングのスキルは必須ではないと思っています。

参考:アフィリエイトにおけるコピーライティングの必要性とは?


でも、コピーライティングを知っているか知らないかで、成果は大きく変わってくることは確かですので、余裕が出てきたら学んでみてください。

コピーライティングのノウハウは、決して時代共に色あせるものではありません。

一度身に着けたノウハウは、ずっと役に立ち続けます。

ですので、苦労して勉強しても、その苦労は必ず報われるということです。

勉強する場合は、5億円コピーライターが監修し、宇崎さんが作成したThe Million Writingがお勧めです(^^

参考:The Million Writing(ミリオンライティング)のレビューはこちら

参考:ネットビジネス初心者が月10万稼ぐ方法とは?

参考:アフィリエイト超入門講座

もしわからないことがありましたら、遠慮なく高見沢へ問い合わせてください(^^

高見沢に問い合わせる




高見沢でした(^^
 

追伸 高見沢からのお知らせ

アフィリエイトで稼げるノウハウを
無料でプレゼントしています。
よかったら参考にしてください(^^

3大特典を限定プレゼント!!
完全無料のメルマガです。

メルマガ画像6_Click 

高見沢が自信をもってお勧めしている商材の一覧です。
 お勧め商材画像

 

読んで損はナシ!!
高見沢がお勧めする記事一覧です。
ぜひ参考にしてみてください。
お勧め記事一覧
もしよろしければ、↓↓↓をクリックしてくださいね(^^

人気ブログランキング